なぜエリアマーケティングにポスティングが重要なのか?ポスティングが重要な理由について解説

エリアマーケティングを行ううえでポスティングは、配布エリアの選定の手軽さやターゲットをピンポイントに絞った配布ができるため多く利用されます。

ポスティング前に、配布に最適なエリアを選定できるといった点はエリアマーケティングで大きなポイントになります。

また、ポスティングによって得られる配布データの実績を解析していくことは、次回以降のマーケティング戦略において重要な武器になります。

今回は、なぜエリアマーケティングがポスティングに重要なのか解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティングが関わるエリアマーケティングとは?

ポスティングが関わるエリアマーケティングについて紹介します。

ポスティングが関わるエリアマーケティングとは、広告物を配布する地域の特性や顧客ニーズを読み解き依頼主に合った販売の仕組みを作成することです。

エリアマーケティングの手順は、大きく分けると「ターゲット層の選定・商圏の設定・商圏内の情報収集と分析」の3つになります。

まず1つ目は、ターゲット層の選定です。

広告物の内容に合わせて配布するターゲット層を絞っていく必要があるため、事前にどのようなターゲット像(ペルソナ)を設定するのか明確にしておきましょう。

具体的なターゲット像が決まれば、ポスティングする上で狙う層も合わせて決めることができます。

次に2つ目ですが、商圏の設定です。

配布する商圏は闇雲に広範囲にバラまくのではなく、配布する中心地を決めてエリアの選定を行いましょう。

商圏を設定する際には、具体的なターゲットの行動をイメージして設定することで、より効果的なポスティングになります。

そして3つ目は、商圏内の情報収集と分析です。

商圏の情報収集と分析は、集めた情報の中から年齢・性別・家族構成などといったより細かな条件で絞ることができます。

ピンポイントにターゲットを絞ることができれば、広告物を届けたい顧客だけを無駄なく狙うことができます。

また、顧客の情報以外にも商圏内にいる同業他社の情報も同時に集めることで、他社との差別化を図るためのヒントにできるでしょう。

今まで市場に出回っていないサービスや商品であれば、細かな戦略がなくても最初のうちは自然と反響があります。

しかし、すでに世の中に出回っていて認知されているサービスや商品であれば改めて顧客への興味付けを行い、実際に手にしてもらうまでの綿密な戦略を立てる必要があります。

エリアマーケティングを行い配布する地域のことを理解することで、より効果的な販促活動を行うことができるでしょう。

エリアマーケティングがポスティングに重要な理由

エリアマーケティングがポスティングに重要な理由について紹介します。

ポスティングは、個人宅へ直接投函することで生活をより身近に感じる手軽さがあるため、顧客の開拓に有効な手法の1つです。

ポスティングの配布結果からは、地域の特性や顧客の年齢・性別などといった顧客の属性を読み解くことができ、次回以降の反響率を上げる参考になります。

また、ターゲットが少ないエリアを把握した上で配布を行うことができるため、あらかじめ必要な枚数を絞っておくことができます。

ターゲット対象が少ないエリアへの配布数を減らし、ターゲットが多いエリアへ部数を振り分けることで不要なコストカットにも繋がります。

配布する商圏ごとに地域の特性が分かることは、ターゲットの生活に合わせた施策を行うことができます。

ターゲットの生活により合わせた施策を打ち出すことで、普段の生活の中に溶け込んだ販促活動が行えるため効率よく告知ができるでしょう。

さらに、地域の特性を理解することは、競合他社と競っても勝算のある地域を見つけ出すことにも関係します。

他社の配布状況からどのようにターゲットを絞っているかも読み解くことができ、その分析の結果、あえて他社が手を出していないところを攻めることで、未開拓の新規の顧客を一気に獲得することも可能になります。

最初にアプローチをかけて顧客情報を獲得することができれば、リピーターにするための施策に早く取り掛かることができるため、競合他社より一歩先を進め状況的に有利になるでしょう。

いかにして新規やリピーターの顧客を獲得するかはどの企業にとっても共通の課題といえ、ポスティングはエリアマーケティングにおいて重要だということが証明されます。

こちらの記事にある消費者が商品を購入するまでの心理過程「AIDMAの法則」を理解することで、エリアマーケティングにおけるターゲット選定に役立ちます。

関連記事

現在、チラシやビラをポストに配布するポスティングの効果に期待されるようになっています。 日本では1960年代から郵便ポストが普及し始め、サービスなど宣伝する手段としてポスティングが広まっていきました。 しかし、2000年代にイン[…]

エリアマーケティングに役立つポスティングに活用できるツール

エリアマーケティングに役立つポスティングに活用できるツールについて紹介します。

エリアマーケティングを目的にポスティングする場合に、GISと呼ばれる地理情報システム(Geographic information system)が活用できます。

GISとは、地理情報システム(Geographic information system)の略称であり、国勢調査で得られた地理情報や付加情報を検索や表示できるシステムです。

主に活用される場面としては、自治体の都市計画や地域の防災マップや店舗の出店計画など、普段の生活では目にすることがない場所で活躍しています。

GISのシステムには、「土地利用図・地形図・ハザードマップ・都市計画図・台帳情報・空中写真・衛星写真」などの膨大なデータが盛り込まれています。

このシステムを利用することで、都道府県・市区町村・大字・町丁目の単位といったように、詳細な地域設定でデータを集計できるためマーケティングには便利なシステムです。

また、条件設定して選んだ商圏内であれば、「年齢・性別・年収・住居区分」などといったターゲット像をより明確にイメージするための情報を集め、可視化して比較することが可能です。

さらに、GISを活用すると「世帯収入〇〇〇万円」や「20代女性」などのデータを掛け合わせて調べることも可能です。

抽出したデータからは、商圏内にある競合他社の情報も得ることができるので、競合他社との差別化のヒントになります。

このように、GISを利用してターゲットをさらに細かく分析できることによって、効果的なマーケティングを行えます。

ターゲットの分析だけでなく、時間帯による反響率の情報も得られますので、こちらの記事を参考に自社の商材に合わせてGISポスティングを活用してみてください。

関連記事

ポスティング会社のホームページ内で掲載されている業務内容の中で、大きな強みとして紹介されているのが「GISポスティング」です。 GISポスティングとは、従来の広告物の配布方法に加えて、人口や男女比率といったチラシ配布に役立つさまざまな[…]

エリアマーケティングにポスティングが重要な理由まとめ

・ポスティングは、地域毎に性別・年齢などの細かな条件でエリアの選定ができるので、エリアマーケティングとの相性が良いと言えます。

・ポスティング結果から配布エリアごとの反響率を分析することで、次回以降の配布戦略を立てるための重要な情報になります。

・GIS(地理情報システム)を活用することで、配布エリアに住んでいる人の収入や職業別の人口などマーケティングに活用できる情報を収集できます。