便利屋がポスティングをするべき理由とは?収益をあげるポイント解説

「ポスティング」と呼ばれるチラシを特定の家のポストに投函するスタイルの宣伝方法が、今再注目されている中、家事代行からお悩み相談まで幅広く業務を行っている便利屋こそ、ポスティングに向いているといわれています。

この大きな理由として地域密着型の業種であることや仕事内容が豊富であるため、宣伝広告によって集客がしやすい傾向にあります。

本文では便利屋がポスティングをするべき理由について、さらに詳しく解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

便利屋こそポスティングで集客するべき理由とは

業種によってポスティングが向いているものと、あまり向いていない業種が存在します。

その中でも、便利屋はポスティングでの集客に向いているといわれています。

なぜ便利屋は向いているのか、便利屋の特徴やポスティングの利便性などを踏まえて解説していきます。

・ほかの業種にはない「なんでもやれる」という強みがある
・仕事内容や強みによってターゲット選定しやすい

ほかの業種にはない「なんでもやれる」という強みがある

便利屋は別名、「何でも屋」と呼ばれています。

その名称通り業務内容は部屋の清掃からペットの散歩、お悩み相談など多種多様のニーズに応えられるようになっています。

他の業種の飲食店や商品販売企業にはない、「身近なことを何でもやれる」というのは強みであり、宣伝広告でもその強みは十分に発揮できます。

便利屋は私たちの日常で起こりうる些細な「ちょっとした頼み事」を、気軽に頼むことができるのです。

「ちょっと困ったことがあるけど、誰に相談したらいいかわからない」といった人に需要の高い業種といえます。

仕事内容や強みによってターゲット選定しやすい

便利屋の中には、一つの事柄に特化した仕事内容を展開しているものもあります。

例えば、女性スタッフのみを雇用した便利屋は、女性が依頼しやすい家事やお悩み相談などを取り扱っています。

他にも男性スタッフを多く雇用し、力仕事やオンライン業務に特化した便利屋、女性目線に立って寄り添う便利屋など、周辺の地域性やそれぞれの持つ強みによって形態や仕事内容は多少変わってきます。

他の業種にはない、そして同じ便利屋の中でも自社が掲げる強みを把握し的確にアピールすることがポスティングでは可能になります。

このように、ポスティングによる宣伝が有効な便利屋ですが、他にもポスティングに適している業種の記事がこちらにありますので詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 会社の宣伝広[…]

便利屋のポスティングで収益をあげるポイントとは

便利屋が宣伝広告を行う際には、ポスティングが向いているという解説をしました。

ですが、ただチラシを配布しただけでは集客は見込めません。

チラシのデザインや工夫を凝らすことにより、他のチラシとの差をつけ興味を持ってもらう必要があります。

チラシに興味を持ってもらい収益をあげるために、3つの主なポイントを解説いたします。

・「仕事内容」が目に飛び込んでくるデザインにする
・「期間限定料金」や「クーポン券」で今だけの特別感を出す
・仕事内容に合わせて、適切なターゲット層を絞り込む

「仕事内容」が目に飛び込んでくるデザインにする

チラシでの宣伝は、いかに手に取ってもらえるか目を通してもらえるかが鍵になります。

どの家庭にも、毎日何枚というチラシがポストに投函されるため、ポストに投函してもすぐに捨てられてしまう可能性があります。

自社のチラシを手に取ってもらうためには、他社のチラシよりも目を引くデザインにする必要があります。

便利屋は何でもできる会社ですが、顧客側がそのサービス内容を把握しているとは限りません。

地域の特性や、人口・年齢層、性別を考慮しニーズに見合った仕事内容を記載し、さらに目を引く要素となるキャッチコピーもうまく取り入れ、顧客獲得を狙いましょう。

キャッチコピーを覚えてもらえれば、後々「知っている」と思い出してもらえる確率も上がり他社よりも親しみやすさが生まれます。

すぐには集客に繋がらなくても、いざ便利屋に依頼したいと思った時に思い出してもらえれば結果的に売上に繋げることができます。

反響率を上げ、売上に繋げるために気を付けるデザインポイントの詳しい記事がこちらにありますので、ぜひ読んでみてください。

関連記事

ポスティングのチラシは投函された後、必ず郵便ポストから出す作業をしなければいけません。 チラシを読むか、読まないかは1秒で決まると言われているので、この1秒でターゲットにとって有益な情報だと興味を惹きつける必要があります。 その[…]

「期間限定料金」や「クーポン券」で今だけの特別感を出す

人は、いつでも手に入るものや他の人と同じ条件のものよりも、今しか手に入らないや自分だけが得するものの方が興味を持ちます。

このためチラシには「期間限定料金」や配布したチラシにしか付属していない「クーポン券」といった、今だけの他にはない特別感を出すことで集客効果を狙えます。

地域での認知度アップを狙いたい場合はもちろん、リピート客を狙う場合や新規顧客獲得にも有効な方法です。

しかし、チラシを受け取った側が常に困っている状態であるとは限りません。

そのため、クーポン券をつけることで、今は必要ないと感じると捨てられてしまうチラシを困った時があれば使おうと保存しておいてもらえる確率があがります。

集客を狙うことはもちろん大切ですが、チラシの破棄率を下げるのも同じくらい大切といえるでしょう。

仕事内容に合わせて、適切なターゲット層を絞り込む

便利屋なら自社のスタッフや能力により強みが生まれ、他の会社にはない仕事内容を提供することができる他、日常的に助けられる家事の代行や季節に合わせてサービスの具体例を変えることができます。

寒冷地域であれば冬場に雪かきのサービスを追加してみたり、夏場であれば草木が伸びやすいため庭のある一戸建て向けに草刈り・ガーデニングの手伝いを前面に出すことができます。

反対に、マンションやアパートなどの集合住宅が多い地域に庭の草刈りを宣伝しても効果は出ません。

その地域に住む人々が何も求めているのかを考えチラシによってアピールすることが大切です。

地域や季節、ターゲットのニーズに合わせて細かくサービス例を提示することでチラシの反響率は大幅に変動します。

このようにサービスにより限定した配布先やターゲットへの宣伝が効果的なことがありますので、戸建に限定したポスティング記事に興味のある方はこちらを一読してみてください。

関連記事

ポスティングで一般的にみなさんがイメージされる方法は、対象地域のポストにまんべんなく配布する全戸配布というものです。 実はその配布方法にも色々な分類があって、集合住宅だけ、もしくは一戸建てに配布することもできます。 戸建に絞った[…]

便利屋がポスティングをするべき理由まとめ

・便利屋は他の業種にはない「なんでもできる」という強みがあり、チラシによる宣伝広告が向いています。

・チラシデザインはキャッチコピーを分かりやすくし、クーポンなどを付けてチラシの保管率をあげましょう。

・地域の特性や季節、ターゲットのニーズに合わせて細かくサービス例を提示することで反響率の向上が狙えます。