ポスティングチラシをデザイナーに依頼した時の価格を徹底解説

チラシを作るときに同業他社よりも、かっこよくて、見栄えがしてターゲットに訴えるものにしたいと誰もが願う事ですよね。

でも自分にはセンスがない、作る技術や知識もない、時間もないと妥協して代り映えのしない自作チラシをポスティングしていませんか?

実はチラシの世界にも「デザイナー」という自分の理想をかなえてくれるプロフェッショナルがいるんです。

デザイナーはチラシの構成・デザインまで任せることができ、より魅力的なチラシを作ることが可能です。

ポスティング業者には専属のデザイナーがいるところもあり、すべてを請け負ってくれる便利な業者もあります。

「デザイナーに頼むとなんだか大変そうだし、値段も高くなりそう」と躊躇してしまう方に、気になる価格についてご紹介します。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティングは第一印象が勝負

ポスティングされたチラシをゴミ箱に直行させないために一番大切なことは「第一印象」です。

どんなにいいサービス・お得な商品がチラシに載っていても、ターゲットの興味をひきつける事ができなければチラシの効果は発揮できません。

自分で作成するのも魅力的かもしれませんが、プロのデザイナーの力を借りて競合他社に差をつけることができるチラシを作ってみましょう。

ポスティングチラシをデザイナーに依頼するときに気をつけたいこと

チラシのデザインを依頼する場合にはどのような点を注意するべきなのでしょうか。

プロフェッショナルであるデザイナーに依頼することで発生する費用はもちろん、3つの主に気をつけたいことを紹介していきます。

・デザイナーが必要なサービスかどうか考える
・費用対効果を考える
・納期に気をつける

デザイナーが必要なサービスかどうか考える

チラシの作成はデザイナーに依頼したほうが見栄え良く仕上がりますが、ターゲットを把握し、どのようなデザイン・内容のチラシが効果的かもう一度検討してみましょう。

華美で奇抜なデザイン性の高いチラシよりも、ターゲットの心をつかむのは「あなたらしい」オリジナリティのあるチラシなのかもしれません。

デザイナーに依頼しなければ、配布方法の選択肢が広がりもっと広いエリアや戸数に配布したり、短い配布期間で戦略的に配布することも可能となり、このほうが効果的なポスティングだったという結果になるかもしれません。

依頼するのは簡単なことですが、本当に必要があるのか考えてみましょう。

費用対効果を考える

デザイナーに依頼する場合には「費用」がかかります。

デザイナーもピンキリですし、チラシの企画や構成から依頼するのか、もともとのチラシをリライト(再編集)するのかでも、かかってくる費用は違います。

「自分のイメージする理想のチラシ」が出来上がるまでに何度も修正を重ねた結果、予定よりもお金がかかってしまう事もあるでしょう。

依頼内容によっては、ポスティングの費用は1枚5円なのに、デザイン費用を1枚あたりで換算した時に、ポスティングの単価よりもデザイナーへの費用の方が高くなってしまうなんてことが起きるかもしれません。

どこにお金をかければ効果的なのか、費用対効果をよく考えて依頼しましょう。

納期に気をつける

デザイナーに依頼する場合の標準的な納期は7日前後となっていますが、どこの業界にも繁忙期はつきものです。

ポスティング業界は大型連休や記念日の前、年度替わりなど様々なポイントで繁忙期を迎えます。

繁忙期の少し前には、デザインの依頼が集中するため通常よりも長めの納期をとっているデザイナーもいます。

また、企画・立案の段階から依頼する場合は、デザイナーとのやり取りの回数も必然的に増えるため、その分時間を長くとっておく必要があります。

有名なデザイナーだから、新人だからという理由でも納期に違いが出てきますので、あらかじめ依頼するデザイナーの平均的な納期や口コミも知っておくといいでしょう。

ポスティングチラシデザインの相場は?

これまでデザイナーへ依頼する際の気をつけたい点を述べてきましたが、費用は具体的にどのくらいの相場なのか気になります。

デザインの依頼方法別に相場を紹介していきます。

・デザイナーに直接依頼する場合
・ポスティング業者のデザイナーに依頼する場合

デザイナーに直接依頼する場合

デザインのみ依頼する場合と、デザイン+印刷を依頼する場合に分けることができます。

それぞれを一般的なポスティングサイズのA4サイズで比較してみましょう。

デザインのみ デザイン+印刷100枚
片面カラー 1~2万円 1~2.5万円前後
両面カラー 1~2万円前後 2~3万円前後
白黒片面 2000円~1万円以内 1万円以内
白黒両面 5000円~1万円前後 1万円前後

デザインのみ依頼する場合は、フリーのデザイナーを探しご自身で発注・契約という形になっていきます。

デザイナーの相場はピンキリですので、自分の予算と希望のデザインの合致するデザイナーに出会えれば運がよいでしょう。

この場合、デザイナーの料金に印刷代金とポスティング代金が追加で必要になるため、業者にすべてまとめて依頼した場合よりも、総額は若干高くなります。

デザイン+印刷を依頼する場合は、印刷業者に依頼するのが一般的となります。

そのためサイズごとにお得な価格で提供している企業が多く、デザインのみの場合よりも価格は抑えられる傾向にあります。

ポスティング業者のデザイナーに依頼する場合

ポスティング業者のデザイナーに依頼するメリットはなんといっても、デザイン+印刷+ポスティングまですべてお願いできるという点です。

サイズやデザインの希望、セグメントを業者に伝える事で、配布希望エリアでの相場に合わせて予算内でチラシを作成しポスティングしてもらうことが可能です。

「併配」という同一配布エリアの他社と一緒にポスティングするシステムを使うと、配布にかかる費用を抑えられるので、その分デザインや装丁・配布枚数にお金をかけられますし、自分で予算を配分したり各社と連絡をとる手間も省けます。

この場合の料金はセット価格として提示されていることがほとんどです。

ポスティングしか行っていない業者も多いため、まずは自分の希望のエリアの業者にどこまで依頼できるか相談してみましょう。

料金の相場はポスティングのエリアや部数、配布方法の総額表示となるのでかなりばらつきがあります。

しかし、ポスティング部数が1万部を超えるとデザインが無料になるという業者もあるため、比較・検討されることをおすすめします。

ポスティングチラシをデザイナーに依頼するときに気をつけたいことまとめ

・プロのデザイナーは魅力的なチラシを作成可能ですが費用対効果を検討する必要があります。

・依頼時期や内容によっては想定以上のやり取りと時間がかかる可能性があります。

・複数を比較検討しチラシのイメージと相場に合った方法でデザイナーを選ぶことが重要です。