英語教室(英会話教室)のポスティングを成功させる秘訣はコレ!

広告媒体によって集客効果が期待できる業種には違いがありますが、教育関連の業種、特に英語教室はポストに宣伝チラシを投函する方法での集客が向いているといわれています。

ただ、日本中に家は数多く存在し、誰に向けて、どのようにサービスの良さをアピールすればいいのかは、難しく感じることもあるでしょう。

ターゲットの選別方法や宣伝方法、ライバル社よりも反響率を狙う方法など、要点はさまざまです。

ここでは英語教室の宣伝を成功させる秘訣を詳しく解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

英語教室(英会話)のポスティングは難しくない!

いかに自社の英語教室を選んでもらうか、一見その方法は難しく思えるかもしれませんが、実は思っているよりも、英語教室のポスティングは難しくありません。

配布エリアを周辺地域に特定することで、近所にどんな事業所があるのか認知してもらえるほか、家から近いことで通ってみようと思ってもらえる可能性が高いため、地域密着型の業種はポスティングに向いていると昔からいわれています。

そのノウハウを活かして、実際に多くの地域密着型の企業が自宅のポストに広告を投函する宣伝方法を選択しています。

英語教室であれば、家から通いやすい距離のアピールや、ターゲットの年齢層の絞り込みがしやすいため、ポスティングとの相性が良いです。

宣伝方法の特徴や秘訣を理解し、自社の強みを最大限アピールすることができれば、集客効果が期待できます。

英語教室(英会話)のポスティングを成功させる秘訣とは

早速、英語教室の宣伝を成功させる秘訣を解説していきます。

宣伝広告の特徴を理解し、他社にはない魅力を簡単に、一目で伝える必要があります。

そのためのポイントを7つ紹介します。

・準備は入念に
・自社の強みや実績をキャッチコピーで大きくアピール
・タイミングを狙う
・定期的に、かつ繰り返し行う
・中身の見える内容を提示する
・チラシに無料体験や割引特典をつける
・分からないことはポスティング会社に相談する

準備は入念に

宣伝を成功させるためには、入念な準備が必要です。

ポスティングによる宣伝は配布方法によって、投函するポストのターゲット選別が行えます。

英語教室であれば、早いうちからお子様に英語を身につけさせたいご家庭から、仕事で英語を使えるようになりたいと思っている社会人の方など、ターゲットは幅広く選択できます。

自社がお子様向けのサービスなのか社会人向けのサービスなのか、または両方に対応可能なのか、ターゲットの選別を明確にし、それを踏まえて的確に宣伝しなければいけません。

そのためには周辺地域にどんな世帯が住んでいるのか、ライバル社はいるのかといった、エリアマーケティングが必須です。

自社の強みや実績をキャッチコピーで大きくアピール

自宅に入ったチラシを手に取った時、一番最初に目が行くのは大きく書かれた文字、つまりそれぞれの業種の特徴を一言でまとめた「キャッチコピー」です。

他社にはない魅力や強み、これまでの実績をキャッチコピーにてアピールすることで、興味を持ってもらう必要があります。

キャッチコピーで興味を持ってもらえなければ、本文の精読率は格段に下がり、集客効果も見込めませんが、逆にキャッチコピーが印象的であれば、「あ、知っている」と思い出してもらえる確率が上がります。

すぐにではなくても、結果的に集客につながることもありますので、広告を製作する際はキャッチコピーに力を入れておくと良いでしょう。

タイミングを狙う

次に大切なのは、広告を配布する時期です。

学生の入学や進学に合わせて、長期休暇のある夏場や冬場に合わせての受講が統計的に多いと出ています。

しかし受講が多い時期に宣伝をしても、効果が薄いでしょう。

受講したタイミングやその直前であれば、すでに多くの教室の中から選んでいる最中だからです。

顧客側が検討するよりも前に宣伝することで、「そろそろ考えなければ」と思ってもらい、受講を検討する選択肢に入り込むことができます。

例えば進学シーズンである4月の受講を狙うのであれば、年明けの1月あたりから宣伝を開始するのが良いとされています。

お客様自身で英語教室へ通うにも、お子様に通わせるにも、すぐに受講を決断されることはありません。

金額はもちろん学習意欲など、まずは家庭内で相談して決断するため、期間に余裕を持たせましょう。

定期的に、かつ繰り返し行う

ポスティングではなにより、会社の名前を覚えてもらう必要があります。

相当魅力的な内容でない限り、一度だけの宣伝では集客が見込めません。

時期を分けて特典を設け、定期的に同じ家に宣伝することで集客効果が上げられます。

これにはザイアンスの法則が関係しており、ザイアンスの法則とは、初めて聞いたり出会ったものに警戒心を抱いても、何度も接触することで親しみを感じるというものです。

単純接触効果とも言われ、同じ名前やキャッチコピーを聞く回数を重ねることで心が落ち着き、信頼度を上げることができます。

ただし頻度が高過ぎれば、親しみを感じるどころか、かえって嫌悪感が増してしまいますので、時期を見定めて”定期的に”宣伝することが大切です。

中身の見える内容を提示する

対人のサービスでは、信頼度や安心感が重視されます。

自分自身が通うもしくは自分の子供を通わせる上で、どんな人が教えるのか、どんな環境で授業が行われるのかなどの情報は非常に大切です。

紙面による宣伝は、ポストから取り出した最初の一瞬で必要な情報かどうかが判断されます。

講師の顔や実績、教室の様子など安心できる情報をアピールすることができれば、より顧客の興味を引きつけられます。

チラシに無料体験や割引特典をつける

サービスを選択する上で、信頼度や安心感はもちろん重視されますが、お客様はいかにお得になるかが気になります。

英語教室であれば期間限定の割引特典や無料体験を行うことができます。

無料体験なら一回行ってみようかな?」

「割引でお得に通えるなら受講してみようかな?」

と検討してもらえる確率が上がり、本格的な受講に繋げるチャンスになります。

これらの特典配布は、上記で紹介した「定期的に配布する」とも関連します。

いつも同じ内容、同じ特典ではなく無料体験のお知らせや時期によって割引特典を変えることで、「この特典内容なら一度行ってみようかな」と興味を引いて、好感度を上げやすくなります

分からないことはポスティング会社に相談する

ターゲットの選別や興味を引くキャッチコピー・チラシの作成、時期を考えた定期的な配布など、ポスティングを成功させるための秘訣を詳しく解説してきましたが、宣伝の経験や知識が無いと、逆に反響率が下がってしまう可能性があります。

ポストにチラシを投函することによって顧客を獲得したいけど、ノウハウがなく効果が出るのか不安な方は、是非ポスティング会社に相談してみてください。

手に取ってもらえるチラシのデザインはどんなものか、配布する時期、時間帯はいつがいいのか、興味を持ってもらいやすい世帯が住んでいる家はどこなのか、過去の実績からさまざまなデータを持っています。

英語教室のポスティングを成功させる秘訣まとめ

・自社の強みや実績を、キャッチコピーで大きくアピールしましょう。

・ザイアンスの法則を考慮し、定期的に繰り返し宣伝を行うことで、信頼度や安心感を抱いてもらいやすくなります。

・わからないことは宣伝広告のプロであるポスティング会社に相談することで、より反響率を上げられます。