ポスティングが有効!!英語教室(英会話教室)の集客に与える影響

英語教室の集客方法を考えるときに、インターネット広告を使った手段が万能で優れているという考えは、潜在顧客の取りこぼしにつながるかもしれません。

ポスティングはアナログの集客手段ですが、インターネット集客よりも費用対効果の高いアプローチができます。

英語教室の集客において、ポスティングがどのような影響を与えるかを解説します。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

英語教室(英会話教室)の集客方法は多岐にわたる

英語教室に生徒を集めるには多くの方法が考えられます。

集客を考える際には、いくつかの方法を検討でき広告を大きく分けると、マス広告・インターネット広告・SP広告の3種類があります。

【マス広告】

  • テレビ
  • ラジオ
  • 新聞
  • 雑誌

【インターネット広告】

  • 自社サイト
  • SNS
  • ダイレクトメール
  • リスティング広告
  • バナー広告
  • テキスト広告
  • メール広告
  • タイアップ広告
  • 動画広告

【SP広告】

  • ポスティング
  • 電車やバスにある広告
  • ポスター
  • 看板
  • カタログ
  • 電話セールス
  • ダイレクトメール
  • POP
  • イベント

マス広告は、ニーズの期待できない層へのアプローチを同時に行うためコストにムダが生じますが、大衆へ向けて宣伝できます。

インターネット広告は、ターゲット層に届くまで時間がかかったりインターネットを利用しない層へアプローチできませんが、不特定多数の中から広告対象を絞ることが可能です。

SP広告は、対象が限定的で大衆へのアプローチが困難ですが、直接アプローチしやすくなります。

どの方法にするかでメリットデメリットは異なるため、いくつかの方法を組み合わせて相乗効果を狙うやり方をメディアミックスと言います。

選択肢はさまざまですが、費用対効果を考えると英語教室に興味のあるターゲット層を狙ってアプローチできればいいですよね。

英語教室と相性が良い方法として、マス広告だと地域にチラシ配布ができる新聞広告、インターネット広告だと低コストで周知を図れる自社サイトのSEO対策やMEO対策とSNSの活用が挙げられます。

SP広告ですと、ターゲットが通りそうな場所に設置できるポスター・看板・POP、人を集めやすいイベント、ターゲット層に直接チラシを届けられるポスティングです。

ポスティングを英語教室(英会話教室)におすすめする理由

では、英語教室を宣伝するのにはどのような手法がよいと言えるのでしょうか。

英語教室に興味のある対象を狙って集客するのには、あらゆる方法の中でもポスティングと相性が良いため、その理由について解説します。

・学習塾は近い方が選ばれる
・セグメント配布でターゲットを狙い撃ち
・チラシだから家族会議で使われる
・ポスティング会社には地域密着業種の集客ノウハウがある

学習塾は近い方が選ばれる

スクール・塾のような習い事は通いやすい立地を選ぶ人が多いです。

子どもを通わせる場合、近い場所を選べば小学生でも一人で通えるので親は送迎に時間を取られることがありません。

あるメディアによると、20歳~69歳の男女623人を調査したところ自分の習い事を選ぶときに重視したことは「通いやすい立地条件、時間帯」と選んだ人が38.4%という結果になりました。

さらに別のメディアによると、30~50代の男女4,059人を調査したところ子どもに通わせる塾選びのときに「アクセス」を重視するという回答をした親が60.4%でした。

大人や子供に限らず、習い事に通う場合は仕事帰りに立ち寄りやすい場所自宅から通いやすい場所が選ばれやすくなります。

つまり、習い事は通いやすいと感じてもらえる近隣の地域へのアプローチが効果的です。

セグメント配布でターゲットを狙い撃ち

ポスティングは近隣の地域を詳細に絞って行うことが可能なため、反応を期待できないターゲットへの宣伝を省けます。

また英語教室の特性によっては、近隣の地域住民であることの他にもターゲット層が変わります。

例えば、子ども向けの英語教室だと、子どものいる世帯の多い地域を狙う方がいいですし、幼児向けとなると所得の高い層にアプローチするのが効果的になります。

ポスティングで絞り込めるのは地域だけなく、所得層や世帯の年齢層といった地域に住んでいる人の属性でも可能なため、より英語教室の特性に合ったターゲットに狙い撃ちができるのです。

このように配布対象先を絞り込んでポスティングを行う方法をセグメント配布といって、チラシの反響率を高める方法です。

チラシだから家族会議で使われる

子どもをターゲットにした英会話スクールの場合、どこに通わせるかを家族間で相談して決めることが多いです。

ただし、スマホやパソコンは一目で内容を読み取るための一覧性が低いため、情報共有時にスクロールしながら都度情報を探さなくてはなりませんし、一緒に見づらい状況になります。

家族会議のように一緒に情報を見ながら話し合いをするときは、チラシのほうが一覧性が高いので一目で内容が理解しやすく、捨てずに残しておけば後で見返せるため使い勝手がいいです。

チラシが便利なケースは英会話スクールだけでなく、車や家電、保険、不動産のような家族会議が行われやすい大きな買い物の場合にも同じことが言えます。

チラシを手元に残してもらえれば、インターネット広告とは違って家族の目に留まりやすくなるのも強みでしょう。

ポスティング会社には地域密着業種の集客ノウハウがある

英語教室の集客には興味を持ちそうなターゲット層を狙い撃ちするのが効果的だと、これまでにお伝えしてきました。

ポスティング会社は、過去の実績に基づいた地域密着業種のマーケティングに強く、ターゲット層の多い地域にピンポイントでアプローチできるノウハウがあります。

データからの情報のみならず、実際に歩いて初めてわかる建物の新旧、集合住宅の割合、所有している車の価格帯、地理間のような地域特性から読み取れる情報もあります。

また、地域によって反響率が異なることや見学会のようなイベントに時期を合わせた方が良いなど過去の実績からアドバイスを受けられることも強みです。

地域に詳しいポスティング会社だからこそ、英語教室の商圏となる近隣地域で配布条件を絞り込むことで、ムダが少なく反響率の高い宣伝を行えます。

ポスティングが英会話教室の集客に与える影響まとめ

・英語教室の特性に合った近隣地域のターゲット層にだけアプローチできるため、高い反響率が期待できます。

・チラシを各家庭に直接届けられるので、家族会議に使われやすいといえます。

・地域密着業種に強いポスティング会社にある集客ノウハウの恩恵を受けられます。