フィットネスジムが行うポスティングとは?反響を大きくするポイント

健康ブームが広がり運動の重要性が注目される昨今、ジムに通う人は年々増え続けています。

特に最近では在宅で仕事をするリモートワーク化が進み、運動不足を解消したいと考えている人が大勢います。

駅前にはフィットネスジムやヨガスタジオが増え、競合のジムに勝つためには戦略的な集客が必要です。

この記事では、ポスティングでフィットネスジムに集客するための効果的なポイントを詳しく解説します。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

フィットネスジムのポスティングは集客に効果的!

フィットネスジムの集客を狙うための宣伝方法は、ウェブメディアや街頭サンプリング、店舗前での呼びかけなど複数ありますが中でもポスティングがおすすめです。

なぜチラシをポストに1枚ずつ配布するポスティングが効果的なのか、フィットネスジムがポスティングを選ぶ理由を見ていきます。

・誰もが健康や体型を気にしている
・ネットを見ない世代に直撃できる
・ジムは通いやすさが一番

誰もが健康や体型を気にしている

数年前に比べて、現代の日本は健康志向な人が増え、街中にはさまざまな形態のフィットネスジムや運動施設ができています。

テレビやSNS、雑誌で人気の芸能人は揃って細身な人が見立ち、ダイエットサプリやプロテインは年々売り上げを伸ばしています。

鍛えられて引き締まった体型に憧れる人は多く、誰もが健康や体型を気にしているといえます。

しかし「運動不足を解消したい」「ジムに通って理想的な身体になりたい」と思っていても実際には忙しい日常の中でジムに通おうと行動する人は少数です。

そんな潜在的な関心に対して、直接的に訴えかけることが可能な宣伝手法がポスティングです。

ウェブメディアの広告のほとんどは自らが検索しなければ目に入らないのに対し、ポスティングは90%以上の確率でポストから取り出すときにチラシを確認します。

チラシを一度目にすることで、ジムに通いたいと思っていても行動を移すまでに至らなかった人へ直接アピールができるのです。

ネットを見ない世代に直撃できる

フィットネスジム会員の年齢層は、近年上がっている傾向にあります。

大手フィットネスジムの会員数調査では、60代以上の会員数が上昇しているというデータが出ています。

理由としては健康寿命が伸び、いつまでも元気でいたいと考えるシニア世代が増えていることがあげられます。

60代以上のシニア世代はスマートフォンを持っていない人も多く、インターネットを目にする機会が若者より少ないです。

そこでインターネットを見ない世代へ積極的にアピールできるポスティングは他の広告に比べて顧客をより多く獲得できます。

シニア世代はチラシや新聞折り込みの保存率が高いのもポスティングが直接効果を表すポイントです。

このように、身体を鍛えたりダイエットが目的の若い世代と、体力をつけて健康な体を維持したいシニア世代の両方にアピールできることがポスティングの強みです。

ジムは通いやすさが一番

チラシを配布するエリアを自由に選べることが、フィットネスジムの宣伝方法として効果的な理由のひとつです。

フィットネスジムは週に数回通う人がほとんどで、ジムの入会を考えるときの一番の決め手は通いやすさだといわれています。

会員として契約するときには家や職場の近くにあるジムを選ぶ人が多く、アクセスの悪いジムにわざわざ通う人はあまりいません。

ポスティングをする際にはジムから徒歩や自転車で通いやすそうな範囲をターゲットとして限定すると、集客率のアップにつながります。

利用者にとって通いやすいジムは長期的に利用してくれる顧客を獲得しやすいというメリットもあります。

ほかの広告媒体について詳しい記事がこちらにありますので参考にしてみてください。

関連記事

フリーペーパーとポスティングは広告の宣伝方法として幅広く使用されています。 ウェブメディアやSNSが普及された現在も紙媒体の広告は身近に見られ、さまざまな情報を得る手段のひとつです。 紙媒体とひとくくりにしても配布方法や印刷形態[…]

関連記事

デジタル広告の価格が高騰し、費用対効果の高い宣伝ツールとして改めて注目されているのがポスティングです。 このようなポスティングと同様に、紙媒体の宣伝方法として新聞折込も利用されています。 一見すると「紙媒体の広告」という点で同一[…]

フィットネスジムのポスティングで注意すべきポイント

フィットネスジムのポスティングを行うとき、より多くの反響率を獲得するために注意するべきポイントがいくつかあります。

競合が多く特化型の施設が増える中で、新規の利用者を契約につなげるポスティングをするにはどのような点を抑える必要があるのでしょうか。

主な2つのポイントを解説していきます。

・チラシデザインのポイント
・配布時のポイント

チラシデザインのポイント

フィットネスジムは、施設のサービスによって利用者の特色が大きく異なります。

24時間営業で深夜でも利用できるジムや、女性が通いやすいヨガやピラティス、ダンスのクラスが充実したジムなどアピールポイントはさまざまです。

ポスティングでより多くの利用者を獲得するためには、ジムの特徴と利用者のニーズを合わせることが大切です。

若い世代や会社員の方をターゲットにする場合は「24時間営業」や「深夜も利用可」というワードを目立たせ、パーソナルトレーニングをメインとするジムは高級感のあるデザインにする、というようにそれぞれの強みが伝わりやすいデザインにすることがポイントとなります。

さらに、入会金無料や期間限定のイベントを記載するのもいいでしょう。

契約開始時期をキャンペーンによって限定することで、ジムに入会したいと考えながらも後回しにしている人に向けて催促する効果が期待できます。

ターゲットを絞りやすいポスティングだからこそ、チラシはターゲットに合わせたデザインをする必要があります。

パーソナルトレーニングやヨガスタジオなどは、インストラクターを重視して施設を決める人が多くいるので、常駐しているインストラクターの好印象な写真や経歴が掲載されていると信頼と安心感に繋がり新規利用者が増えるでしょう。

反響率を上げるためのチラシデザインについて詳しく書かれている記事がありますので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

関連記事

ポスティングのチラシは投函された後、必ず郵便ポストから出す作業をしなければいけません。 チラシを読むか、読まないかは1秒で決まると言われているので、この1秒でターゲットにとって有益な情報だと興味を惹きつける必要があります。 その[…]

配布時のポイント

配布をするときには、フィットネスジム周辺のエリアを集中的に配布するようにしましょう。

周辺エリアをまんべんなく配布することによってさまざまな生活スタイルの住民にアピールすることができます。

アピールポイントが強い特化型ジムの場合は、ジムの特徴に合ったエリアを選定することもポイントです。

マンションを中心に配布をすれば比較的若年層から単身者、戸建ての住宅なら年配の方や家族世帯をターゲットにできます。

事前に配布したいエリアの住民の年齢層や職業の傾向を調べておくと宣伝したいジムに合う利用者がわかり、効率的なポスティングができます。

また、チラシを配布する時にはチラシ投函禁止のポストを避け、ルールを守ったポスティングをすることが重要です。

フィットネスジム付近のエリアにポスティングをする方法は、地域密着型として集客に効果的な反面、クレームにつながる行為は評判を落としかねません。

クレームを防ぐためにも配布員がジムの印象として悪い影響を与えることは避けましょう。

フィットネスジムのポスティングまとめ

・ポスティングをすることで潜在的にジムに通いたい人に直接アピールができます。

・通いやすさで選ばれるジムの宣伝方法にはエリアを選べるポスティングが最適です。

・ジムの特徴に合うチラシデザインを作ると集客力が上がります。