一般的なポスティングより効果が高い?封筒を使ったポスティング方法について解説

日々多くの企業が顧客獲得を狙うためや他社との差別化を図るため、試行錯誤を重ねながら自社の宣伝を行っています。

配布物の大きさや形を変えてみたり、紙ではなくマグネットにしてみたり、ポストに宣伝広告物を送付する方法には多くの種類があります。

中でも最近は、封筒を使用した方法が注目されています。

なぜ封筒ポスティングが注目されているのか、概要やその効果をはじめ一般的な配布の仕方との違いを徹底的に解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

封筒を使ったポスティング方法とは?

チラシをそのままポストに入れる一般的な方法は、他社の配布物との差別化が困難で、手に取ってもらえる可能性が低い傾向にあります。

その点封筒を使用したポスティングは、チラシを封筒に入れターゲットのポストに配布します。

効果的な収益を獲得するためにも封筒ポスティングの基本を知り、注目されている理由を理解することが重要です。

封筒を使用した配布方法で顧客を得るための、基礎知識をご紹介します。

・概要
・効果

概要

封筒ポスティングとは、封筒にチラシを入れてターゲットのポストに配布するスタイルの方法です。

「手紙と見間違える」ことが最大の特徴として知られています。

チラシにおける宣伝広告で何よりも大切なのは、まずはチラシを見てもらうことです。

封書に入っているだけで重要な手紙だと思ってもらえ、処分を躊躇させたり「中身が見えないから見たくなる」心理を働かせます。

封筒を使用するのは人の心理に働きかける、特徴的なスタイルといえるでしょう。

効果

チラシをそのままポストに送付する一般的なスタイルでは、配布数に対する反響率が0.3~0.5%といわれています。

反響率とは実際にチラシ配布を行い、サービスを利用してもらったレスポンス数の割合を指します。

反響率が1%にも満たないと聞くと、ポスティングの知識がない人は集客に繋がるのかと不安になりますが、一般的なポスティング方法でも充分な効果を発揮します。

ただ、封筒ポスティングであれば、封筒に入れるだけで反響率が3~5%に跳ね上がります。

封筒を使用していない場合と使用した場合の反響率に違いが生まれる理由は、「手紙に見間違える」特徴が大きく影響しています。

手紙と勘違いすることで一度中身を確認してもらえることが、大きな効果を上げています。

他社とは違う形で配布することで、差別化が図れるのも特徴の一つといえるでしょう。

反響率はチラシ専用の電話番号を設置することや、アンケートを取ることで簡単に測定でき、こちらに具体的な測定方法と業種別の反響率も詳しく載っています。

関連記事

皆様はポスティングの反応がどれくらいあるか気になりませんか。 チラシを見て商品の購入やサービスを利用した数を集計することで、業種ごとの反響を把握し、目標の反響率を定めましょう。 今回は「ポスティングにおける反響率」と「反響率を簡[…]

封筒を使ったポスティング方法のメリット・デメリット

封筒のポスティングではメリットとデメリットの双方を理解し、自社に合った宣伝方法かどうかを判断することが、マーケティングにおいて大切なことです。

概要や効果を念頭に置いて、封筒を使用する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

・メリット
・デメリット

メリット

チラシを封筒に入れることで他社の配布物と差別化を図ることができ、同時に受け取り側にも「他とは違うから重要な手紙かもしれない」と思ってもらいやすくなります。

封筒の場合、どんな配布物でも一度中身を確認してから処分するか決める人が大多数です。

また封筒を紙ではなくビニールにすれば、廃棄するにも分別しなければいけなくなるため、物理的にすぐには捨てられません。

チラシによる宣伝広告で最も大切なのは「チラシを見てもらうこと」です。

中身を確認したくなる封筒やビニール袋に入っている配布物は、手に取り、目を通す人を増やす効果があります。

すべてが集客に繋がらなくても、手にする母数を増やすことで集客向上に貢献することができます。

また封筒には、チラシ以外にも自社をアピールするためのアイテムを同封できます。

クーポン券や化粧品の試供品など、同封するアイテムはさまざまですが、チラシ以外の有益な情報や物をもらうことで「得をした」と思ってもらえるでしょう。

人はいかに自分にとって得があるか、特別感があるかを重要視するため、封筒ポスティングはそれだけで人の欲望を満たすことができます。

一般的なチラシ配布より特別感を出せる封筒は、「ここぞの時」に行うのが効果的です。

また、ポスティングは一度の配布だけでは効果を発揮しません。

定期的に配布して名前を覚えてもらうことで、単純接触効果によって親しみを感じやすくなり、サービスを利用する確率が上がる傾向にあるため、チラシ配布では効果的な方法といえます。

いつもはチラシだけを配布している企業が、突然封筒での配布をすれば、受け取る側はどう思うでしょうか。

「いつもとは違う」と思ってもらうことで特別感を演出し、さらに手に取ってもらえる可能性を上げます。

宣伝広告にもメリハリをつけることで効果が発揮できるのも、メリットの1つです。

消費者の購買決定を誘発させ高い宣伝効果を得るため、商品やサービスの購買を決定するまでのプロセス「AIDMAの法則」をデザインに施すなど、次の記事にあるチラシに活用できる法則やデザインの重要性を参考にしてください。

関連記事

消費者は興味のあるチラシ以外、多くても数秒程度しか見ずに捨ててしまうため、数秒で惹き付けられるチラシでなければ、どんなに良い商品だったとしても気付いてもらえないでしょう。 今回は、見てもらえる確率の高いチラシを作成するため、ポスティン[…]

デメリット

チラシを封筒に入れることのデメリットとして、もっとも危惧するべき点は、一般的なチラシ配布に比べて費用がかかることです。

チラシの印刷費に加えて、封筒への印刷費や封入作業代、封筒がチラシより小さい場合はチラシを折る加工費もかかります。

またクーポン券や試供品を導入する場合は、そちらにも費用をかける必要があります。

こだわればこだわるほど、一般的なチラシ配布よりもコストがかかってしまうでしょう。

また、ひと目で何の広告か判断できないのもデメリットの1つです。

シンプルすぎるデザインでは、誰から送られてきたのかわからない不信感と、堅苦しげな書類感が出てしまい処分されやすくなります。

封筒の色や素材を変えたり、デザインをこだわるなどの工夫が必要不可欠です。

値段は封筒も種類によって変わるため、コストがかかる1つの要因として捉えます。

デメリットも把握することで、自社のマーケティングと相性が良いかがわかり、他の選択肢やリスクを回避する工夫ができます。

封筒ポスティングは、学習塾など子どもの習い事や不動産の宣伝に活用されることが多く、1部あたり10円程度のポスティング料が発生することなど、こちらに配布物ごとに適した業種や、料金が載っています。

関連記事

新規店舗のオープンイベントや、キャンペーンの宣伝広告に使われているポスティングは、日々多くの企業が思考錯誤を重ねて行っています。 ポスティングは配布方法や配布物によって料金が変わり、それぞれ業種によって適した配布物も異なります。 […]

封筒を使ったポスティング方法についてまとめ

・一般的なポスティングの反響率が0.3%~0.5%に比べ、チラシを封筒に入れるだけで反響率は3~5%に跳ね上がります。

・手紙のようにすることで目を通してもらえる確率を上げると同時に、他社との差別化を図ることができます。

・封筒にチラシを入れる作業代や印刷費など、封筒ポスティングは一般的な方法より費用がかかります。