ポスティング業者の評判を上げる、GISポスティングについて解説

ポスティング会社のホームページ内で掲載されている業務内容の中で、大きな強みとして紹介されているのが「GISポスティング」です。

GISポスティングとは、従来の広告物の配布方法に加えて、人口や男女比率といったチラシ配布に役立つさまざまなデータを駆使するポスティング手法です。

GISポスティングは高い反応率が期待できますが、どのような配布手法なのか事前に確認が必要です。

そこで今回は、数多くのポスティング会社が取り入れている「GISポスティング」について解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

GISポスティングとは

GISポスティングについて詳しく解説していきます。

GISを活用した配布方法では、配布希望地域内に住んでいる人の「男女別の人口・年齢層・世帯数・最終学歴・住居区分」などの細かな条件を設定しターゲットの選定を行えます。

ターゲットに対して細い条件設定ができることで、ターゲットが住んでいる場所へ集中的かつ無駄なく広告物の配布が可能です。

次からは、GISの概要と機能をそれぞれ詳しく紹介します。

・GISの概要
・GISの機能

GISの概要

GISとは、地理情報システム(Geographic information system)の略称であり、国勢調査で得られた地理情報や付加情報を検索や表示できるシステムです。

普段の生活の中であまり馴染みはありませんが、自治体の都市計画・地域の防災マップや店舗の出店計画など、数多くの場面で活用されています。

GISのシステムには、「土地利用図・地形図・ハザードマップ・都市計画図・台帳情報・空中写真・衛星写真」などの膨大なデータが盛り込まれています。

また、GISには「都道府県・市区町村・大字・町丁目の単位」でさまざまな集計を行うことができます。

このため、配布希望地域・配布部数・配布希望地域内住民の属性といった細かい条件を設定ができ、ターゲットに合わせた広告物の配布が容易になります。

GISの機能

GISには多くの機能を搭載しており、機能を活用することで配布希望地域内の商圏についてさまざまな視点で調査・分析ができます。

配布を希望する範囲や配布部数などの複数の条件で商圏の設定ができるため、数多くのケースに応じた商圏データを確認でき配布希望地域の選定に役立ちます。

また、設定した商圏内でターゲットを絞るために「年齢・性別・年収・住居区分」などのより細かい条件を踏まえて検索をかけることが可能です。

このため、さらにターゲットがピンポイントに分かる商圏データを抽出することができます。

抽出したデータを活用することで、自分の店舗の商圏はもちろんのこと、周辺にある競合他社の情報も得ることができるため、新たな告知戦略を構築することに役立てられます。

また、GISを活用することで得られる情報である「年収〇〇〇万円」や「40代男性」などのデータを掛け合わせることも可能です。

このため、従来の配布方法よりもターゲットをさらに細かく分析でき、より費用対効果の高い結果が期待できます。

GISポスティングのメリット・デメリット

ここからはGISポスティングのメリット・デメリットをお伝えしていきます。

両者を理解し、GISを活用してチラシの配布を行うかどうかの参考にしてください。

・メリット
・デメリット

メリット

GISポスティングのメリットは、ターゲットの確実さと反応率の高さです。

従来の配布方法では「店舗から半径◯km内」や「〇〇町内に配布」といった条件でしか配布希望地域の設定ができませんでした。

しかし、GISを活用することで膨大なデータの中からターゲットを細かく絞れるため、より費用対効果の高い効果を期待することが可能です。

また、ターゲットを絞ることで今まで反応が薄かった地域に配っていた分を、高い反応が期待できる別の地域へ回すことができるため、無駄なくターゲットへ配布できます。

GISポスティングでは、従来の配布希望地域の設定方法では満足のいく結果が出ない方や反応率が上がらない理由が分からず悩んでいた方にとっても、納得のいく結果を出してくれます。

GISポスティングを活用することで、配布による反応率が高まる時間を調べることもできるため配布物に掲載する商材に応じた戦略を構築ができるでしょう。

デメリット

GISポスティングのデメリットは、従来の配布方法と比べると費用が高くなる点です。

GISを業務に活用している会社の多くは、GISの設定料金に加えて通常の配布業務にかかった費用を依頼者に請求します。

このため、少ない予算で広範囲に配りたいという依頼者には向いていません。

しかし、ピンポイントに配布地域やターゲットを絞って配布を希望している方や、確実に反応率を上げたい方にとってはGISポスティングを選択する価値はあります。

さらに、GISポスティング以外の配布方法については次の関連記事を参考にしてください。

関連記事

ポスティングはイベントやキャンペーン、店舗の新規オープンの広告宣伝を目的としたチラシやビラなどの販売促進物を、地域のポストに投函するものです。 メールやアプリでの告知配信が主流になっている今、ポストに投函するスタイルは再注目されていま[…]

GISポスティングについてまとめ

・GISポスティングでは、地域の地理状況を活用しターゲットのいる地域へ集中的に配ることができます。

・GISポスティングを利用することで、費用に対する高い反応率を期待することができます。

・GISポスティングを行っている会社の多くは、GISの設定料金に加えて通常の配布費用を依頼者に請求するため、少ない予算で広範囲に配りたいという依頼者には向いていません。