格安で優良なポスティングを行ってくれる業者の見分け方

格安なポスティング業者は多く存在しますが、良いポスティング業者はいかにして見分けるのでしょう。

価格が安い業者を利用した結果、ポスティングによる反応が薄かったり、雑にポストへ投函されることでイメージダウンになり得ます。

格安ポスティング業者を利用したうえで多大な効果を受けるために優良で格安な業者を見分けましょう。

この記事はポスティングにおける「格安ポスティング業者の見分け方」と「格安ポスティング業者を利用する際の注意点」について解説します。

格安で優良なポスティング業者の見分け方

全国にはポスティング業務を行っている業者が数多く存在しています。

その中で、格安かつ優良なポスティング業者の見分ける方法を4つ紹介します。

・目的に沿って最適で安価なプランを考えてくれる
・地域に精通している
・スタッフがしっかり教育されていて質が高い
・クレーム対応を誠実に行うポスティング業者

目的に沿って最適で安価なプランを考えてくれる

一つ目の見分け方は「ポスティングの申し出の時に目的に沿った最適なプランを提案してくれる」ポスティング会社です。

経験豊富なポスティング業者は、培ってきた経験と実績を活かし最適なプランを提案可能です。

初めてポスティングを実施する際は、最適なプランを連れ立って考える業者に依頼すると効果が高まります。

ポスティングによる反響を高めるために、ターゲット・人口ピラミッドの把握など実施する地域の詳細な情報を多く持つ業者に依頼しましょう。

そのような業者だとエリアを配って周るときには、最適な経路と適切な人員配置を考え、効率のいい配達を行ってくれるので費用を抑えられる傾向にあります。

地域に精通している

二つ目は「地域に精通したポスティング業者」です。

地域の情報収集はポスティングによる効果を高めるには必要不可欠です。

例えば住人はどこのお店に何を買いに行くのか、人口ピラミッド、マンションと一軒家の比率が地域分析の例です。

地域の世帯数によって配布するチラシの量を決めることで経費の削減に繋がります。

地域の情報を持っていないポスティング業者は、まず初めにリサーチからスタートするので長期間になりがちです。

リサーチ不足の場合、チラシの量や適した人員配置が困難になり経費は嵩みます。

配布エリアの詳細な情報を豊富に所持しているポスティング業者に依頼し効果を高めましょう。

スタッフがしっかり教育されていて質が高い

三つ目は「スタッフの質が高い」ポスティング会社です。

スタッフの質が高いポスティング業者に依頼すると、能率的にポスティングを実施可能です。

ポスティング会社は信頼できるスタッフを常駐するために、配布スタッフの処遇や教育はしっかり行われています。

待遇や教育の充実度は、スタッフのモチベーションに比例します。

ポスティングを要望する会社にモチベーションの低いスタッフが在籍していると配布時間を守らない、ポストに「チラシの投函お断り」と書いてある場所へ投函する、さらにはチラシを無断で廃棄するなども考えられます。

自社商品・サービスを多くの人に認知されるチラシを投函した結果、クレームやイメージダウンに繋がってしまいます。

モチベーションの高いスタッフが在籍しているポスティング業者を見極め、クオリティの高いポスティングを達成しましょう。

スタッフについて研修制度を設けているか、管理者が設置されているかである程度の質が判断できますので、こちらの管理体制の記事を参考に優良な業者を選ぶ手がかりにしてください。

関連記事

ポスティングを依頼するときは料金が安いことよりも、どの業者に依頼するかが重要です。 たとえ安価で多くの部数を依頼できたとしても、チラシが正確に配布されていなければ、ターゲットに情報が届かなかったり信頼を損ねたりする可能性があるからです[…]

クレーム対応を誠実に行うポスティング業者

四つ目は「クレーム対応が誠実なポスティング業者」です。

ポスティングは一軒家やマンションのポストへ直接チラシを投函するので、リスクマネジメントで行っていてもクレームの発生は避けられません。

クレーム発生時は迅速・誠実な対応が重要と言えます。

ポスティングした会社がチラシに明記されている会社と勘違いされていると、クレーム連絡はまず依頼主に電話が入りますので、ポスティング会社へクレームの内容を伝え、再度クレーム元のお客様へ連絡し対応してもらいます。

業者のクレーム対応が低質では、チラシを配ったエリアで悪いイメージが広がる可能性もあります。

商品の宣伝のためにチラシを配るはずが、会社のイメージダウンになってしまっては元も子もありません。

ポスティングの依頼時にクレーム対応について話し合っておき、実直な対応を行ってくれるか確認しましょう。

このように自社の評判を下げかねないクレームですが、次の記事にある、雑な配り方や広告の汚損などのクレームの種類を把握することでクレームが発生した時に速やかに対応する体制になります。

関連記事

ポスティングとは宣伝を目的にビラなどを住宅の郵便受けに入れることをさします。 1960年代に郵便受けが普及しはじめ、ポスティングによる宣伝が盛んになりましたが、2000年代にインターネットが台頭したことで一時的に低迷しました。 […]

格安ポスティング業者を利用する際の注意点

格安なポスティング業者を利用する際には、チラシの構成や配り方など注意するポイントがあります。

例えば、格安ポスティング会社の中には、1枚のチラシに複数の企業の広告を添付するコラボポスティングを利用できることがあります。

コラボポスティングに適しているのは、低単価で広いエリアに宣伝できる業態ですので、こちらの記事で自社に合う宣伝方法か確認してみてください。

関連記事

ポスティングをするにあたっては、単純に配布費用だけでなく、チラシのデザインや印刷など、配布にいたるまでに様々な費用がかかってきます。 また業者との打ち合わせの時間も必要ですので、実際には目に見えない隠れコストも存在します。 自社[…]

競合会社と一緒に書面に載らず、数社でチラシを作成するので料金は安くなりますが、デメリットはチラシにおける自社商品のスペースが狭くなり効果が薄くなります。

さらに、格安ポスティング会社は併配で配布し低価格で受注しています。

併配は、他社のチラシと一緒にポストへ投函することで人件費を抑えられ安価になる配布方法で、一方、1枚だけポストへ投函方法は単配と呼びます。

併配のデメリットはチラシの順番によって他社のチラシに埋もれてしまい、目に留まる可能性が低くなります。

さらに、ポスティング会社に配布期間や地域をお任せして発注すると価格を抑えられる傾向にあります。

ただし、戦略的なポスティングは出来ないので、実際の問い合わせの数は小さくなります。

そこで、次の記事で併配の特徴を抑えつつ、手に取ってもらえるチラシにするためカラーや書体を多用しないなどデザインポイントを参考にしてみてください。

関連記事

ポスティングを請け負っている業者へ広告配布をお願いする際には、自社の広告1枚だけなのか、他社分と数枚あわせて配ってもらうのか配り方を選ぶことができます。 依頼主としてはなるべく安価で効率よくチラシを配る方法でポスティングをしてもらいた[…]

関連記事

ポスティングのチラシは投函された後、必ず郵便ポストから出す作業をしなければいけません。 チラシを読むか、読まないかは1秒で決まると言われているので、この1秒でターゲットにとって有益な情報だと興味を惹きつける必要があります。 その[…]

格安で優良なポスティングを行う業者の見分け方まとめ

・相談時に商品・サービスに適切なポスティングプランを考えてくれる業者がよいでしょう。

・地元・地域に精通している業者を選ぶことでリサーチの手間が省けます。

・教育が行き届いており、質の高いスタッフが在籍している業者に依頼することにより自社のイメージを保てます。