ポスティングの配達員の応募に役立つキャリアの例について解説

ポスティングの配達員に応募する際に、自身の経験で役立つことはないか考えていませんか?

もちろん未経験でもポスティングの配達員に応募することはできますが、役立つキャリアがあったほうが良いでしょう。

そこで、この記事ではポスティングに役立つキャリアを3つ紹介します。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティングの配達員は未経験でも応募できる

未経験者でもポスティングの配達員に応募はできます。

なぜ応募できるのか理由を解説していき、優遇されるスキルやポスティングに向かない人の特徴も紹介していきます。

・未経験でも応募できる理由
・未経験でも優遇されるスキル
・ポスティングに向かない人

未経験でも応募できる理由

ポスティングはチラシを個人宅やマンションに投函する仕事です。

基本的に徒歩や自転車で仕事をすることが多く、自動車などの運転免許をわざわざ取得する必要はありません。

またチラシを投函することに資格は必要なく、誰でも応募できます。

未経験でも採用しているポスティング会社が多いため就職しやすい職種です。

未経験でも優遇されるスキル

ポスティングは未経験でもできますが、応募の際に持っていると優遇されるスキルがいくつかありますので、ご紹介します。

原付バイク運転スキル

ポスティングの配達員はバイクを使うこともあり原付バイク免許を所有している方は優遇されます。

なぜなら、原付バイクの運転ができることで、より多くのチラシを配布することができるからです。

徒歩の場合に比べ、バイクを運転しているほうが体力を使うことがないため、配布速度を保ちながら多くのチラシを持続的に投函できます。

面接の時には原付バイクの運転歴をしっかりアピールするといいでしょう。

地図アプリを活用できるスキル

ポスティングの配達業務ではチラシを配布する地域に印を付けてルートを決めます。

紙の地図だけでなく、地図アプリを使用することもあり、アプリの操作に慣れていれば、ポスティング時に役立ちます。

例えば有名なマップの機能では、町名を入力すると地域の範囲を指定できます。

この機能によって担当している地域から外れると、範囲外に出たことが視覚的にわかります。

ポスティングに向かない人

未経験でポスティングの配達員に就職できたとしても、仕事を続けていけるか心配になります。

そこでポスティングに向かない人の特徴を2つ紹介します。

サボり癖がある人

採用する企業によっては配達員にGPSを持たせて管理しているため、担当地域から外れてサボっているとすぐに見つかってしまいます。

ポスティングは基本的に一人で配達を行うことが多く、作業中は誰からも見られることはありません。

サボっていても誰からも注意を受けることがないため、チラシ投函のノルマを達成できず周りに迷惑をかけてしまいます。

このことにより、サボり癖がある人はポスティングの仕事には不向きです。

ルールを守ることができない人

企業のルールを破ることがあってはなりません。

チラシをゴミ箱に捨てたり、投函禁止のマンション等に配布することなどは不正行為といえます。

こういった行為は企業が、マンションや個人宅に配布したかを電話で確認することもあるためバレてしまいます。

見つかれば叱られることはもちろん、所属企業や依頼者にも迷惑をかけてしまうでしょう。

チラシが配られていないと反響率が悪くなってしまうため、狙った問い合わせ数が見込めなくなります。

ほかに、ポスティングの求人について、歩合制の単価が平均よりも高額な場合は注意することなど、求人に応募する際に気を付けるポイントと業者の見極め方についてまとめた記事も作っています。

関連記事

ポスティングは、求人募集を出している会社が多く、未経験でも採用されやすいためアルバイトや副業として人気がありますが、なかには悪徳業者も存在します。 ポスティングの配布スタッフとして応募するときには、応募先の会社がどのような雇用形態で、[…]

ポスティングの配達員の応募に役立つキャリア

ポスティングは未経験でも応募が可能ですが、持っていると役立つキャリアがあります。

主な役立つキャリアを3つ紹介していきます。

・新聞配達員
・牛乳配達員
・地図の調査員

新聞配達員

新聞配達員といえば早朝にバイクで走ってるイメージを持っていると思います。

そこでなぜ新聞配達員が役立つキャリアなのかを、仕事の特徴やポスティング配達員との違い、ポスティングに役立つスキルを解説していきます。

ポスティングに近い仕事内容

新聞配達の業務内容は、自転車やバイクを使い契約主の家庭に新聞を配達します。

ポスティングと同様に地図を見て配達ルートを決めたり、移動手段に自転車などを利用したりと似ている内容が多くあります。

新聞配達員はポスティングの配達員と同様に一人で作業します。

チームを組んで配達することは少ないため、人間関係を気にせず仕事ができることはポスティングの配達員と同様です。

ポスティングと新聞配達員の2つの違い

一つ目は新聞配達員の場合、決められた契約者の家庭に届けるルートはあらかじめ決まっているため、スムーズに業務を行えます。

しかしポスティングの場合は、担当地域だけしか決まっていないため、どのようなルートで効率的に配布できるか考えなければなりません。

二つ目に新聞配達員は、働く時間と曜日が決まっています。

一方、ポスティングの配達員は業務時間や曜日が決められていないため、自由にシフトを組むことが可能です。

決められた時間で働いていた新聞配達員にとって自由に働けることがポスティング配達員との大きな違いになります。

ポスティングに役立つスキル

業務で使用してきたバイクの運転技術はポスティングに役に立つでしょう。

新聞配達員は雨の日などの走行も経験しているので、路面が濡れていて滑りやすい状況でも、事故を起こすことなく運転できるはずです。

ポスティングの配達でもバイクを使用するので、応募の際に無事故で運転できると面接時にアピールすることで良い印象を与えられます。

牛乳配達員

牛乳配達員は一部異なる部分があるもののポスティングと類似した仕事内容であり、ポスティングを行うのに役立つスキルを持っています。

ポスティングに役立つ自己管理スキル

牛乳配達員はチームで行う仕事ではなく、個人で配達を行う業務になります。

したがって配達から会社に帰ってくるまでの間、一人で業務を行うことになるのです。

ルートを考えて配達したり、休憩の配分を考えたりと全て自分で決めなければなりません。

そういった自己管理スキルは、個人で配達を行うポスティングにも活かせるスキルです。

トラブルに柔軟な対応ができる

ポスティングと同様に牛乳配達を行なっている際には、いろいろなトラブルがあります。

例えば交通事故で道が通行止めになっていた場合、配達ルートを変更しなければならず、柔軟な対応が求められます。

ポスティングでもバイクを使用してチラシを配ることがあります。

万が一にも事故現場に遭遇してしまった場合、安全確保した上で効率的なルートを選び直す必要があるでしょう。

常に柔軟な対応をできるキャリアがポスティングでは優遇されます。

地図の調査員

住宅の地図は、調査員が定期的に新しい建物や標識などを調査して更新を行っています。

地図を専門としている調査員はポスティングに向いているキャリアだといえ、なぜポスティングに向いているのかを解説していきます。

地図の調査員の主な業務

道路の標識や新旧物件など、住宅地図の更新を行うのが地図の調査員です。

調査は決められた区域を徒歩で行うため、事前に地図で周辺の道路状況などを詳しく調べておき効率良く地域を巡回します。

地図のプロである調査員はポスティングの配達では重宝されるでしょう。

なぜならポスティングの研修時に行う、地図の見方を教育する手間が省けるため、研修コストを節約できます。

地図の見方がわかることはポスティング業務において良いキャリアになります。

ポスティングの求人は、求人検索エンジンで探す、ハローワークに登録するなどの探し方があり、求人情報の検索方法とポスティングに関わる職種を詳しく紹介した記事も作っています。

関連記事

ポスティングの仕事と一口に言っても、仕事内容や雇用形態は多種多様にあります。 ポスティングによるマーケティングの仕事に携わりたいと考えるなら、どの雇用形態を希望し、どのような職種や業務に携わりたいかを理解する必要があります。 ま[…]

ポスティングの配達員の応募に役立つキャリアの例について解説まとめ

・ポスティングの配達員は未経験でも応募することができます。

・応募の際に役に立つキャリアは新聞配達員、牛乳配達員、地図の調査員です。

・地図の調査員はポスティングに向いており、重宝されるでしょう。