なぜポスティングの反響率に差が出る?反響率が低くなる原因について解説

ポスティングは、住宅にビラを配布することで顧客の購買意欲を促し、商品やサービスの売上を伸ばすというとてもシンプルな宣伝で、さまざまな場面で利用されています。

しかし、一見シンプルで簡単そうに見える広告手段ですが、やり方を間違えると思った通りの効果を得られません。

効果的に仕事を行うため注目しておきたい指標が反響率であり、これを上げることが効率のよい商品の宣伝に繋がります。

今回は、住宅に配ったビラが実際に商品やサービスの売上に繋がった割合を示す反響率が低い原因と、どうすれば反響率が上がるのかポイントを解説します。

現在ポスティングによって商品やサービスの宣伝をしているが、思うように売上が伸びないと悩んでいる方は参考にしてください。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティングの反響率が低い原因

ポスティングは平均0.2%前後が反響率の目安になり、これよりも高い率を目指すことで宣伝効果を高めます。

0.1%というのは1000枚のビラを配った場合、これ見た1人が商品を購入するという意味です。

この広告手段は何枚もの配布物を配ることで少しずつ購買数を上げていく宣伝のため、0.1%でも大きな効果を生み出します。

しかし、やみくもに配布しているだけでは効果は得られず、費用対効果も低下してしまいます。

そこで、ポスティングの宣伝効果が低い原因を以下の通り紹介しますので、ぜひ参考にしてポスティングを行ううえで役立ててください。

・ターゲットの設定
・配布地域の選定
・配布物のデザイン
・ポスティングの回数が少ない
・悪徳業者に依頼している

ターゲットの設定

消費者が欲しいと思うような商品をピンポイントで宣伝することで、効率よく売上を伸ばせます。

しかし、ターゲットの設定を誤ってしまうと、どれだけビラを配っても読まれず捨てられてしまいます。

例えば、一人暮らしの住民が多いアパートなどに家族向けの商品を宣伝をしても意味がありません。

業者の売り出したい商品のターゲットを絞ることなく地域全体にビラを配布したとしても、ニーズが合わなければ意味がないのです。

配布地域の選定

選定地域に業者の売り出したい商品やサービスのニーズがあるのかどうかが仕事の結果に大きな影響を及ぼします。

指定した地域の住宅街の雰囲気を事前に把握せずに配布を行っても、ニーズが合わなければ広告は読まれません。

例えば、カジュアルな雰囲気でリーズナブルな商品を好む住民が多くいる地域に、高級な商品の宣伝をしてもうまくいきません。

売り出したい商品がある場合は、地域を選定せずにやみくもに配布するのではなく、どの地域で宣伝をすれば効果的なのかを選定することが重要です。

そこで、配布地域を選定するツール「GISシステム」は市区町村や住居区分などの細かな条件で商圏データを抽出できるので、より費用対効果の高い結果を得るためにこちらのポスティング方法を参考にしてください。

関連記事

ポスティング会社のホームページ内で掲載されている業務内容の中で、大きな強みとして紹介されているのが「GISポスティング」です。 GISポスティングとは、従来の広告物の配布方法に加えて、人口や男女比率といったチラシ配布に役立つさまざまな[…]

配布物のデザイン

ターゲットや配布地域を選定出来ても、デザインが良くなければ住民や企業は配布物を読もうとはしません。

商品を宣伝したいあまり、A4サイズの紙に情報を詰め込み過ぎると、消費者の読む意欲を失わせてしまう原因になります。

逆にデザインや情報が不足していると、ターゲットの印象に残らずに読まれる前に捨てられてしまいます。

伝えたい情報を簡潔にまとめ、パッとみて目に留まり分かりやすいキャッチーなデザインにすることで読者を増やすことが可能です。

デザインの作成に不安がある場合は、外注でプロのデザイナーにデザインを頼むことで効果的に反響率を上げることが期待できます。

さらに、記憶に残る色合いにする、体験談を載せて説得力を持たせるなどデザインの重要性とポイントがこちらに載っています。

関連記事

消費者は興味のあるチラシ以外、多くても数秒程度しか見ずに捨ててしまうため、数秒で惹き付けられるチラシでなければ、どんなに良い商品だったとしても気付いてもらえないでしょう。 今回は、見てもらえる確率の高いチラシを作成するため、ポスティン[…]

ポスティングの回数が少ない

ポスティングを行っても売上が伸びないと悩んでいる業者の中には、ポスティングの回数が一度や数回しか行っていないケースがよくあります。

ターゲットや地域を選定し、客を惹きつけるデザインのビラを配布しても必ずしも全員に見られるということにはなりません。

住民の生活スタイルもさまざまなので、忙しくて配布物を見ずに捨ててしまったり興味のないタイミングであったり、読まれない理由はいくつもあります。

大切なのは、効果的なビラを何度も配布し続けることで読まれる数を着実に伸ばしていくことです。

一回では印象に残らなかった配布物も、何度も配布し続けることで次第に住民の頭に擦りこまれていき、ふとしたタイミングで興味を持ち始めることがあります。

そこで、複数回配布する際により効果をあげるため、次の記事を参考に人々の行動や心理パターンに応じたポスティングの時期や時間帯、曜日を考慮してポスティングするとよいでしょう。

関連記事

ポスティングは最適な曜日や時期を狙うことで反響率が高まります。 反響率とは配布枚数に対して、購入、お問い合わせ、来店・来場、クーポン利用、資料請求など目的の成果をどれだけ得られたかを示す数値です。 成果を上げるためには、チラシに[…]

悪徳業者に依頼している

反響率が低い原因の中で最も危険視しなければいけないことが、悪徳業者に仕事を依頼しているかどうかです。

どれだけ広告に力を入れてていても、適切に配布されていなければ住民のもとに情報が伝わることはありません。

近年ポスティングは人気の広告手段となっており業者の数も多数存在する一方、悪徳業者も一定数存在するため仕事を依頼する際に注意しなければいけません。

評判の悪いポスティング業者を見抜く方法として、業界団体に所属していない、配布プランの詳しい説明がないなど、こちらの記事に詳しくあります。

関連記事

広告目的の配布物を、住宅や会社のオフィスに投函する宣伝手法をポスティングと言います。 ダイレクトマーケティングと言う宣伝手法で、相手を絞って宣伝可能なことや、安価で宣伝可能なため費用対効果が高いのが大きなメリットです。 さまざま[…]

ポスティングの反響率を上げるポイント

宣伝効果が低い原因が理解できたところで、せっかく配ったチラシを無駄にしないために反響率を上げる工夫が必要となります。

ポスティングの反響率を上げるため3つの主なポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

・フィールドワークでターゲットを絞る
・目に留まるチラシを考える
・信頼できるポスティング業者を選ぶ

フィールドワークでターゲットを絞る

準備の段階でニーズやターゲットを絞り込み無駄な配布を避けることで、無駄なコストを削減できます。

自分達の売り出したい商品をどのような地域で宣伝し、ターゲットをどのように絞れば効率的に商品の売上に繋がるのかを考えるのです。

こうした目標を達成するためには、実際に地域に出向いてみて自分達の足でフィールドワークを行うのがよいでしょう。

すべて業者任せにするのではなく、自分達の目で地域の特徴を把握することでニーズを把握できます。

目に留まるチラシを考える

やみくもにビラを配り続けるのではなく、どうすれば消費者の目に止まるのかを考えデザインしましょう。

ターゲットが何を求めているのかを考え、商品を買うことでどのようなメリットがあるのかなどをわかりやすく紹介すると簡潔な宣伝になります。

また、費用対効果を考えプロのデザイナーにデザインを注文したり、クーポンを付けるなどの工夫も大切です。

デザイナーは消費者に効果的に訴えられるアプローチの仕方や同業他社の傾向を把握しているなど、デザイナーに依頼する意味がこちらで解説されています。

関連記事

毎日、自宅のポストには多くのチラシが入りますが、その中でこれまでゴミ箱に入れずに、目を通したのはどのようなチラシでしょう。 振り返るとポスティングされたチラシのうち、実際に目を通したものは数少ない事に気が付くと思います。 目を通[…]

信頼できるポスティング業者を選ぶ

悪徳業者の特徴に、地域相場よりも極端に依頼料が安い、ネットで悪い口コミがある・そもそも情報がない、などがあります。

依頼する前に業者と何度もコミュニケーションを重ね、適切な業務が行われているかどうか判断することが大切です。

また、安全なポスティング業者かどうかを図る手段に「安全性評価制度」や「管理者責任制度」「格付けアセスメント制度」を確認するという手もあります。

これらは、ポスティングの全国組織が制定した制度で、このような制度で評価を得ている業者は社会的に安全であると認められています。

こちらの記事で、それらの概要や特徴、評価を受けた業者が付与される「GPマーク」について解説されていますので、ポスティング業者を選ぶために参考にしてください。

関連記事

ポスティングは費用対効果の高い宣伝方法として注目を集めており、実際に業務を請け負っている業者の数も多いです。 しかし、中には不当な業務内容で依頼者からお金を貰おうとする悪徳業者も数多く存在するため、依頼者は厳しい目で業者を見定めます。[…]

ポスティングの反響率が低くなる原因についてまとめ

・地域やターゲットを絞らずにポスティングを行うと、コストだけが無駄にかかってしまいます。

・配布物のデザインは消費者の購買意欲に大きな影響を及ぼすため、消費者の心を惹きつけるようなデザインにしましょう。

・悪徳業者に仕事を依頼しないためにも、業者とのコミニュケーションは大切であり、また社会的に認められている業者を選ぶのが安全でしょう。