ポスティングと引っ越し業者の相性は抜群!?顧客を引き寄せる秘訣とは?

日本では進学や企業の人事異動にともなう転勤のため、春は引っ越しが集中する季節です。

自社で引っ越し業を営んでいる場合、あまたある業者の中から自社を選んでもらうためにどのような宣伝をすればいいのか、頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

実は、引っ越しとポスティング広告は相性がよいのですが、このことはあまり知られていないため、この記事で解説いたします。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

引っ越しとポスティングの相性が良い理由とは?

全国規模の引っ越し業者でしたら、テレビ広告などお金のかかる宣伝が可能でしょう。

ただ、地元密着の引っ越し業者ですと、そこまでの費用をかけても見合った効果を得ることはできません。

知名度の点で、大手業者には太刀打ちできないと考えるかもしれませんが、ポスティング広告をうまく使えば知名度を補ってありあまる宣伝効果が期待できる可能性があります。

ポスティングの一番のメリットは低コストにあります。

ポスティング業者にデザイン・印刷などの初期工程から依頼するのか、印刷されたものを持ち込むのかによって費用が変わりますが、良心的な格安業者ですと1枚あたり3円ぐらいを見込んでおけばよいでしょう。

1万枚配布するとした場合でも3万円程度ですが、統計上引っ越しの反響率は0.1%かそれ以下とされていますので、10万枚単位で依頼するとよいかもしれません。

引っ越し費用はシーズンにもよりますが、他業種より受注単価が高くなる傾向にありますので、反響率0.1%でも費用対効果の面で有効に機能すると言えるでしょう。

自社がまだ創業まもなくて手元キャッシュの余裕がない場合は特に低コストは魅力的です。

さらに価格を低減したい場合、ポスティングでは他業種と紙面を分け合う「コラボポスティング」という手法があります。

「コラボポスティング」最大の特徴は格安でポスティングができることですので、予算や宣伝方法の面で自社に合うサービスか検討してみるといいでしょう。

関連記事

ポスティングをするにあたっては、単純に配布費用だけでなく、チラシのデザインや印刷など、配布にいたるまでに様々な費用がかかってきます。 また業者との打ち合わせの時間も必要ですので、実際には目に見えない隠れコストも存在します。 自社[…]

引っ越し業ですと、廃品回収や遺品整理業者などとコラボすることが多いですが、チラシ費用を共有する業者同士で分担しあうため、より価格が抑えられます。

また、引っ越し業は季節性が高いサービスです。

一番は春先、次に秋口に集中するため、それ以外の季節で広告を打ったとしても高い費用対効果はあまり望めません。

その点、ポスティングは時期を指定して集中的に配布することが可能ですので、業態にマッチングした広告手段と言えるでしょう。

さらに、ポスティングの強みとして配布エリアを詳細に指定できることがあげられます。

例えば、市区町村といった地図上のエリア単位、あるいは一軒家や集合住宅といった住宅単位で配布するエリアを指定できます。

自社が地元密着型でしたら、地場の特定エリアに対してチラシを配布することで効果的に知名度を上げることができるでしょう。

引っ越し業者の効果的なポスティングの方法

ポスティングと言っても、業種によって効果を得るための方法は異なります。

引っ越し業者が効果的にポスティングを行うために、具体的にどのようにすべきか次の通り解説していきます。

・ターゲットとエリアの選定
・配布タイミング
・デザイン・サイズ

ターゲットとエリアの選定

引っ越し業の配布対象は集合住宅で、URなどの公団住宅や県営・市営住宅、民間の賃貸マンション・アパートがターゲットになります。

賃貸住宅にお住まいの方でしたら、引っ越し業者のチラシを頻繁に目にしているのではないでしょうか。

分譲マンションでは、オーナーが人に貸しているケースもありますが、比率からすると引っ越し業者の利用は多くないと考えられるため効果の面では期待できないでしょう。

配布ターゲットを賃貸住宅に限定することで、チラシ枚数を制限できるためコストの低減にもつながります。

ただ、家族用マンションより単身者用のワンルームマンションは、一般的に引っ越し単価が低い場合が多いので、ターゲットを選定する際に単身者用は除外するなど、ポスティングにあてる予算からターゲットを決める必要もあります。

次に、エリアの絞り込みです。

ポスティングは基本的に人口が多いエリアに対して行うことで大きな効果が得られますが、引っ越しのポスティングも同様です。

ただ、同一エリア内でも、戸建て住宅や分譲マンションが多い地域もありますので、この点はポスティング業者と相談して戦略を練るのがよいでしょう。

ポスティング業者を選別する際には事前に相見積もりを取るかと思いますが、地元密着型の業者でしたら経験豊富な場合が多く地域の特徴も把握しているはずです。

さらに、良質な業者でしたら、どのエリアだと効果的かも提案してくれるので、相見積もりを取る場合は配布エリアに対しての相談に乗ってくれるかもチェックしてみましょう。

ターゲットやエリアを選定するうえで、建物の種類や家族構成など様々なデータを元に配布先を絞り込める「GIS」を使ったポスティング方法や、評判の高い業者の見分けかたを参考にしてみてください。

関連記事

ポスティング会社のホームページ内で掲載されている業務内容の中で、大きな強みとして紹介されているのが「GISポスティング」です。 GISポスティングとは、従来の広告物の配布方法に加えて、人口や男女比率といったチラシ配布に役立つさまざまな[…]

関連記事

現在、日本国内ではポスティングが宣伝効果が高い広告手法であると評価されており、さまざまなポスティング業者が事業を行っています。 ただし、業者の数は非常に多く、中には悪徳な業者もいるため、依頼者は信頼のできる業者かどうかを自分で見定める[…]

配布タイミング

ポスティングを配布するべき時期は、引っ越しシーズンの春前や秋前ですが、この時期は他業種でも投函広告が多くなるため、早めにポスティング業者に相談しておいた方がよいでしょう。

なぜなら見積もりを取った時点で、すでに業者側のスケジュールが満杯になっていれば折角のビジネスチャンスを失う恐れがあります。

このシーズンに限りませんが、ポスティング広告は時間に余裕を持たせて行いましょう。

配布時期に限らず、配布する時間帯にも着目し帰宅時間前の夕方に配布することで自社の評判を下げずに手に取ってもらえる確率を上げられるなど配布時間のポイントがこちらにあります。

関連記事

ポスティングにおいて、より高い費用対効果を生み出すことも大切ですが、いかにしてクレームをなくすかも会社の評価を下げないために大切です。 とくに、クレームはチラシなどを配っている最中に発生しやすい傾向にあります。 また、チラシなど[…]

デザイン・サイズ

引っ越しというサービスは、多くのサービスや商品を扱う業種と異なりサービスは一種類とシンプルです。

ユーザが気にかけるのは「引っ越し費用」や「連絡先」ですので、配布するチラシはその点が目立つようなデザインやサイズを心がけることが必要です。

用紙は見開きなど大きいサイズでなくてもよく、小さいサイズにすることで印刷費用を下げることができます。

自社が地元密着型で、日時など大手では対応できないような融通の良さを利かすことができる場合、それも強調しておきましょう。

さらに地元で実績を積んでいるようでしたら、どれだけの年数を営業しているか記載することで信頼性を訴えることができるでしょう。

広告のアピールポイントはハッキリと、色やフォントの種類は使いすぎないなどデザインに関するポイントや、用紙サイズによるポスティング料金の違いなどこちらに載っています。

関連記事

ポスティングのチラシは投函された後、必ず郵便ポストから出す作業をしなければいけません。 チラシを読むか、読まないかは1秒で決まると言われているので、この1秒でターゲットにとって有益な情報だと興味を惹きつける必要があります。 その[…]

関連記事

ポスティングの料金は、基本的に1枚何円と枚数単価で決定されますが、紙の厚さや種類はもちろん、チラシのサイズが数センチ違うだけで、料金が変動するのはご存じでしょうか。 用紙サイズは意外と重要で、デザインや紙選びなどで予算をオーバーしてし[…]

ポスティングと引っ越し業者の相性まとめ

・低コストと配布エリアの限定が可能なポスティングは、地元密着型の引っ越し業者と相性がよいと言えます。

・引っ越しシーズンのポスティングを検討する場合、余裕を持たせたスケジュールを組みましょう。

・チラシはユーザにとっての見やすさと、大手との差別化を意識して作成しましょう。