ポスティングに意味はない?効果の出ないポスティングとは

ポスティングはチラシなどを使った製品やサービスを知ってもらう広告の一種です。

かさばる事がなく、持ち運びに便利で広範囲に配布するポスティングは、アナログ広告の中でも理想的な配布方法です。

しかし、ポスティングは効果がないという声があるのも事実です。

なぜ効果がないと考えるのか、効果の出ないポスティングはどのようなものがあるのかを徹底的に解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティングの意味とは?その効果とは

ポスティングに意味はないという人は一定数いますが、結論から言うとポスティングには意味があります。

ポスティングに意味がないと言う人に多いのが、「1、2回ポスティングをしてみたが、反響がなかったのでもう使わない」という意見です。

実はポスティングは継続的にするからこそ、より効果を発揮するのです。

効果測定をして配布先や内容を修正したり、繰り返し配布することで認知度高めたり、戦略を持ってポスティングをすることが効果に繋がります。

ポスティングとはチラシなどを指定されたエリアにある住居のポストに投函するマーケティングの一種です。

主に3つの効果があると考えられ、ひとつずつ解説していきます。

・低コストで集客ができる
・視認性が高い
・保管率が高い

低コストで集客ができる

低コストで集客を行うには事前の下調べが必要です。

配布する地域によりポスティングの相場は異なってきますが、チラシを配布する範囲を自由に選択することができるので、配布する地域の特徴を調べることにより、より集客率が上がると考えられます。

また、ポスティングは1回で終わるのではなく、続けてポスティングをすることにより効果が一段と上がり集客率が上がります。

さらにこちらで、配布は長期間で行うことや配布物はまとめて発注するなど、安い金額でポスティング効果をあげる方法が紹介されています。

関連記事

近年、インターネットが浸透してきたことで新聞の折込広告などを使わずに、ターゲットとなる顧客に宣伝する必要が出てきました。 そこで、ビラやチラシなどの広告を自宅や会社の郵便受けに配るポスティングが再注目されています。 このように注[…]

視認性が高い

チラシなどの紙媒体の広告はデジタル広告とは違い一度は手に取ってもらえ、その際に、必ずお客様の目に止まります。

さらに、興味をひくデザインであれば内容を読んでもらうことができます。

ポスティングの特徴として新聞広告や折り込み広告とは違い、他のものと一緒に折り込まれることが無いので確実にお客様の目に届くことができます。

また、新聞折込は新聞購買層にしか宣伝できませんが、ポスティングはターゲット層に合わせてチラシを配れるなど新聞折込との比較がこちらにあります。

関連記事

デジタル広告の価格が高騰し、費用対効果の高い宣伝ツールとして改めて注目されているのがポスティングです。 このようなポスティングと同様に、紙媒体の宣伝方法として新聞折込も利用されています。 一見すると「紙媒体の広告」という点で同一[…]

保管率が高い

ポスティングは紙媒体なので、デジタル広告とは違いすぐに消えることがなく、保管することができます。

紙媒体であれば折り畳むことができるので多少大きくてもポスティングすることが可能です。

また、インターネットで調べることをしなくてもチラシに内容が掲載されているので手に取るだけで情報を得ることができます。

その中で、チラシ自体に割引クーポンだけでなくQRコードなどの商品のWEBサイトへの誘導ができれば、より反応が期待でき、反響率が高まります。

ポスティングされたメディアであれば臨機応変に対応することができます。

そこで、次の記事にウェブ広告はワンクリック50~500円、ポスティングは1枚5~17円などの費用や両者の特徴が解説されています。

関連記事

スマートフォンの普及により、インターネットを利用する人口が増加している日本において、ウェブ広告は欠かせない広告媒体のひとつになっています。 ウェブ広告といっても、リスティング広告・アドネットワーク・アフェリエイト広告・SNS広告など、[…]

ポスティングの効果が出ない原因と対策

ポスティングを継続的に行っているのに結果がでない場合には、いくつかの原因があると考えられます。

そこで、結果が出ない原因と改善するための対策を紹介していきます。

・原因
・対策

原因

ターゲットが絞れていない

ターゲットが絞れていないことにより、本当に手にとって欲しいお客様の手に渡っていないことがあげられます。

例えば、地域密着のような形のチラシを作る場合には、準備段階でその地域について根拠に基づいた下調べを行います。

この準備がないと地域の特徴や考え方など地域を深く知ることができず確実にターゲットを捉えることができません。

その地域にどのような人たちが、どのような暮らし方で住んでいるのかをポスティング業者に依頼する前に一度足を運ぶこともいいかもしれません。

そのことにより、集客アップにつながる可能性があります。

枚数が適切ではない

ポスティングの反響率はおおよそ0.1%〜0.3%と言われています。

地域と限定しすぎてコストを抑えるために配る枚数や配る日数を少なく指定しまうと反響率が下がってしまいます。

ただ単にポスティングをするだけでなく、枚数や書き方を工夫をすることによりお客様のニーズにあった商品を案内することができ反響率にも繋がってきます。

このような原因を補うため、ターゲットを絞るため多くの業者が利用しているGISシステムを使った「GISポスティング」と、情報を詰め込みすぎず写真で魅力的にアピールすることで反響率を上げるデザインポイントの情報を参考にしてください。

関連記事

ポスティング会社のホームページ内で掲載されている業務内容の中で、大きな強みとして紹介されているのが「GISポスティング」です。 GISポスティングとは、従来の広告物の配布方法に加えて、人口や男女比率といったチラシ配布に役立つさまざまな[…]

関連記事

ポスティングのチラシは投函された後、必ず郵便ポストから出す作業をしなければいけません。 チラシを読むか、読まないかは1秒で決まると言われているので、この1秒でターゲットにとって有益な情報だと興味を惹きつける必要があります。 その[…]

対策

自分のサービスを再度深く理解する

うまくいかない場合には一度、更地に戻し、冷静に自分のサービスを深く考え理解する必要があります。

お客様の年齢層、性別、家庭環境、地域性を考えターゲティングをし品質改善をすることにより反響率が上がり収益に繋がります。

また、継続して同じ地域にポスティングをすることにより、知ってもらい・興味を持ってもらいリピーターを作る必要があると考えます。

配布物をみてすぐに破棄されるチラシを作っても意味がありません。

お客様にインパクトがあり役立つ、そして利益のあるチラシを作ることによりお客様の興味を引きつけ心を掴むことができます。

そこで、消費者の購買意欲を促すルールである「PASONA(パソナ)の法則」を理解することで、結果に繋がる可能性があり、次に詳しく解説されています。

関連記事

どのようなチラシにすれば、チラシを手に取った見込み客を自社商品・サービスの購買に結びつけられるのでしょうか。 デザインだけでなく、キャッチコピーも重要な要素ですが、キャッチコピーを考える前に、マーケティングで有名な「PASONAの法則[…]

適切なセグメント、枚数を選択する

安く品質の良いポスティングを行うには適切なセグメント、枚数を把握する必要があります。

基本的に枚数を決めるには住民票台帳を数えて数を出す方法もありますが、5年に一度行われる国勢調査の資料とマピオンを使うことが非常に便利です。

マピオンを使うことにより、お店からの距離を正確に把握し反響率をあげることができます。

また、目的を持ちしっかりと設定することにより業務に効率よくポスティングを行うことが可能になります。

集合マンションが多い地域では枚数を多く刷ったり、一戸建て住宅が多い地域では範囲を限定し印刷代や人件費を削減するなど、配布先やターゲットによりチラシの枚数を含めた戦略を変えることができます。

さらに、自社のチラシを単独で配布するのか、コストを抑えるために他社チラシと合わせて配布する併配を利用するのか、配布方法による料金の違いがこちらの記事に載っています。

関連記事

ポスティングはイベントやキャンペーン、店舗の新規オープンの広告宣伝を目的としたチラシやビラなどの販売促進物を、地域のポストに投函するものです。 メールやアプリでの告知配信が主流になっている今、ポストに投函するスタイルは再注目されていま[…]

ポスティングの効果についてまとめ

・低コストでの集客の実現できます。

・ポスティングは視認性が高い宣伝です。

・ポスティングによる配布物は保管に優れています。