行列ができる飲食店のポスティングとは?具体的なポイントを徹底解説!

飲食店の収益アップを狙うならポスティングは相性抜群です。

飲食店がアプローチしたいターゲット層にリーチできるだけでなく、他の広告媒体では叶わない戦略的な集客ができるからです。

個人店にも効果的な飲食店ポスティングでの集客のための情報を網羅的に解説します。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

飲食店とポスティングが相性の良い理由とは

飲食店はお店に足を運んでもらうための対策が必要ですし、ライバルも対象客も多い業種のため、サイト・SNS・新聞折り込み・マスメディアのようなさまざまな集客方法が使われています。

広く認知を図るためにグルメサイトで上位にしたり、マスメディアに掲載依頼したりするには多額のコストがかさんでしまいます。

さらに、インターネット広告やSNSでも顧客を絞り込んで宣伝できるメリットはあるものの、しっかり見てもらえるかわかりませんし効果を発揮するまで時間や手間がかかってしまいます。

しかしながら、ポスティングの場合ではコストを抑えながらライバルをしのぎつつターゲット層へ直接アプローチが可能です。

飲食店にとってポスティングが効率的な宣伝活動となる3つの理由を解説します。

・地域をターゲット居住地に絞って広告が打てる
・単独のチラシ配りで他のお店に紛れない
・リピーター獲得につなげられる

地域をターゲット居住地に絞って広告が打てる

飲食店の客層は立地の影響を受けやすく、近隣に住んでいる人や通っている人に向けて宣伝をすることが多いです。

近隣に住んでいてもお店の前を通る機会がない人はもちろんのこと、入り口や佇まいが目立たなかったり、ビルの2階以上にある飲食店だと、前をよく通る人からも認知されていないことがあるため、まずは近隣の人々にしっかり認知してもらう必要があります。

しかし、フリーペーパー・新聞折り込み・インターネット広告では大まかな宣伝範囲の指定しかできませんし、マスメディアは宣伝範囲が広くコストがかさむため個人の飲食店には向きません。

ポスティングは情報を届けたい近隣地域を詳細に選んでチラシを配布できるため、売れる見込みが低い地域に宣伝するコストを削減できます。

単独のチラシ配りで他のお店に紛れない

ポスティングは単独で自店舗のアピールができるという強みがあります。

フリーペーパー・新聞折り込み・インターネット広告・グルメサイトといった媒体はいずれも競合他社の広告と同時に行われることが多いため、自店舗の情報が埋もれて目に留まらない可能性があります。

しかしポスティングの場合、単独でチラシ配布ができるため、自店舗を目にとめてもらいやすくなり、他店舗との違いや独自の商品・サービスを知ってもらいやすい媒体です。

さらに言えば、チラシのスペースをまるごと使ってアピールできるのも強みです。

リピーター獲得につなげられる

チラシはページを切り替えたら見えなくなるネットやサイトと異なり、手元に残してもらえれば何度も目に留めてもらいやすいです。

手元に残してもらいやすくなるためにはチラシにクーポンを付けるのが効果的で、来店のきっかけづくりとなります。

さらに複数回分のクーポンをつければリピートのきっかけにもなりますし、特典付与や企画やキャンペーンのタイミングを狙った集客を行えば、訪れたことのある人がリピートするきっかけを作り出せます。

飲食店向けポスティングの効果的なやり方

飲食店のポスティングの目的は、お店に来て満足してもらいリピーターになっていただくことです。

このようなコンバージョンにつなげるために、飲食店向けのポスティング方法を紹介します。

・配布時間や時期の戦略
・ターゲットを明確にする
・効果測定で反応率チェック

配布時間や時期の戦略

休日や連休前の木曜から週末にかけては、外食する人が増えて反応が見込めるためポスティングされる飲食店のチラシが増えてくる曜日です。

また、財布の紐がゆるむ給料日やボーナス支給日の直前やクリスマスのようなイベント前に配布すると、足を運んでもらいやすくなります。

週明けの月曜と火曜は外食する人の少ない曜日ですが、新聞の折り込みチラシも少ない曜日のためチラシが家庭内で紛れにくい可能性が高いのがメリットです。

ただし、週末が来るまでチラシで見た内容を覚えていてもらえているかとの懸念もあります。

そこで家庭内で他のチラシに紛れないようにするために週明けに配るのではなく、木曜から土曜の新聞配達時間を避けた7~13時頃に配布するとよいでしょう。

ランチ時間前のポスティングによって、早いと当日中にコンバージョンが得られることもあります。

ターゲットを明確にする

飲食店の立地や個性によって、需要やコンセプトはさまざまです。

例をあげると、小さい子どもと気軽に利用できるお店、カップルで過ごしてほしいムーディーなお店、仕事帰りのサラリーマンが立ち寄るようなお店などです。

これらの飲食店のターゲットは異なるため、効果的な訴求方法も異なります。

近隣地域はもちろんのこと、商圏の特性と自店のコンセプトによってターゲットを明確にすれば、チラシの反応率をさらにアップできます。

例えば、高級レストランであれば所得の高い世帯が多いエリア、ファミリー向けの飲食店であれば子育て世代が多いエリアのように、配布対象先をコンセプトに合う世帯に絞ってチラシ配りができます。

配布先を絞り込めるのはポスティングの強みですが、詳細な条件に絞り込んで配布するには地域の情報や地理感が必要です。

効果測定で反応率チェック

一度きりで終わらせず、ポスティングを複数回継続して行うことで親近感が増して効果が高まるといわれています。

さらに効果測定を毎回行うことによって、配布ごとのエリアや時期、時間、シーズンやメニュー別のチラシの訴求ポイントなどでどの方法が良かったのかといった情報が集まり、反応率が高まる条件を調べられます。

飲食店の効果測定ではクーポンの使用率を調べる方法がありますが、クーポン付きのチラシを色分けなどで分類したり内容の異なるものを毎回配布したりすれば「配布エリアごとの反応率」「配布した時期や日ごとの反応率」が測定できます。

飲食店のポスティングチラシの制作ポイント

飲食店のチラシの効果を高めるには、制作のコツがあります。

お店の事を知ってもらい、店まで足を運んでもらって初めてチラシの効果があったといえるため魅力が伝わるチラシ制作が必要です。

飲食店がポスティングチラシ制作の際に意識すべきポイントを解説します。

・自店のコンセプトや個性を伝える
・写真で安心してもらう
・クーポンで客足をコントロールする

自店のコンセプトや個性を伝える

ポスティングチラシは自店舗の良さを伝えるチャンスになる媒体です。

飲食店選びによく利用されるグルメサイトは、ページの構造上から他店と見せ方の差別化は難しく、個性よりも条件での比較がしやすくなっているだけでなく、上位表示しなければ目に留まる可能性が低くなってしまいます。

ネット上で個性を打ち出しやすいのは自店舗サイトですが、検索されなければ見てもらえないので、そもそも認知していない人へのアプローチは困難です。

一方、ポスティングチラシは直接届ける手法のため、認知していない人へ届けることができるだけでなく、紙媒体なので自由なレイアウトで個性をアピールできます。

お店の個性や強み、コンセプトは明確に伝え、最も伝えたいことを絞って効果的なキャッチコピーを使いましょう。

写真で安心してもらう

行動経済学では「後悔回避」という心理が人の意思決定に影響を与えているといいます。

後悔回避とは、リスクを取りいつもと違う行動をすることで後悔するのを避けたいと思う心理です。

初めて行く飲食店に入るときに満足できるかどうかわからなければ、後悔したくない心理から選ばれにくくなってしまいますが、写真の情報によって払拭することが可能です。

写真からの情報は次の効果をもたらします。

  • 店内写真によってお店の雰囲気が好みや目的に合っているどうかが分かる
  • 料理写真から美味しいものが食べられるとイメージが湧く
  • 人物写真があると親近感や信頼感が湧きやすくなる

これらの効果をもたらすために、キレイな店内やジューシーな料理、清潔感のある人物が伝わるような写真を採用しフルカラー写真で目を惹くとよいですよ。

大々的にチラシに載せるメニューは最も反響があると予想されるので、戦略的に提供したいメニューを載せることも考えましょう。

クーポンで客足をコントロールする

ポスティングチラシにクーポンや特典を付けると次の効果が期待できます。

  • 配布したチラシを手元に残してもらいやすくなる
  • 初来店のきっかけづくりとなる
  • 複数回のクーポン付与によってリピートのきっかけづくりとなる

来客数を伸ばしたい時間帯限定のクーポンをつけるといった工夫を凝らせば、狙った時間の集客率を上げられるため戦略的な集客が可能です。

行列ができる飲食店のポスティングまとめ

・自店の個性を認知してもらいやすく、他店との差別化を図りやすくなります。

・戦略的なクーポンや特典を付けて、チラシの長期的な効果やリピーターを得られます。

・ターゲット層の絞り込みによって高い反応率が期待できます。