社会問題について取り上げる啓発チラシのポスティングについて解説

防犯や防災、人権や感染症対策など社会問題はさまざまですが、その問題について一人ひとりが認識して解決していけば、より過ごしやすい社会になります。

しかし、実際に社会問題に直面している人以外は、他人事のように捉えてしまい問題を意識しないで生活をしている人も多いです。

問題を人々に広く周知するには、多くの人に見てもらえる可能性が高いポスティングも有効な手立てとなります。

今回は、社会問題について取り上げる啓発チラシのポスティングについて、概要やポスティングする意味、メリット・デメリットなど解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

啓発チラシのポスティングについて

ポスティングチラシは、商品やサービスの宣伝だけなく社会問題を知らせるためにも利用可能です。

そこで、社会問題について取り上げる「啓発チラシ」とは何か、どのような種類があるのかを解説し、啓発チラシをポスティングする意味を考えていきます。

・啓発チラシの概要
・啓発チラシの種類
・啓発チラシをポスティングすることの意味

啓発チラシの概要

啓発チラシとは、社会問題となっている事柄を人々に知ってもらい、理解を深めて行動を変えるよう促すものです。

「啓発」という意味は、「新たな気づきや知識を人々に教え導くこと」であり、人が知らなかったことや知っていても意識していなかったものに対して気づきを与え、認識を深めさせるニュアンスを含んでいます。

啓発チラシの種類

啓発チラシの種類はさまざまで主に防犯、防災、感染対策などがあります

防犯に関する啓発チラシでは、例えば振り込め詐欺防止があります。

漫画形式で振り込め詐欺に遭ってしまった事例を紹介し、見た人に注意喚起しています。

振り込め詐欺に遭わないためには、家族・警察・金融機関に事前に相談する、もし遭ってしまった場合は金融機関に連絡する、など啓発チラシには予防と対処法が記載されています。

防災に関する啓発チラシは、地震に対する備えを取り上げているものなどがあります。

震度5以上であると背が高く軽い家具などが転倒するリスクが高まる問題を訴え、家具の固定を促すように伝えているチラシなどがそれにあたります。

感染症対策の啓発チラシには、感染リスクになる接触感染や飛沫感染などのリスクを示し、正しい手洗いの仕方や咳エチケット、マスクの着用など注意すべき行動が載っています。

このように、問題を提起し行動を変えてもらうための方法を示しているのが啓発チラシなのです。

啓発チラシをポスティングすることの意味

啓発チラシに記載する内容は、社会問題について認識を深め、行動を変えてもらうために、多くの人の目に触れる必要があります。

ポスティングは、全ての世帯にチラシを配布できる広告手段です。

折り込みチラシは新聞購読者の減少により全ての人に届かず、インターネット広告はインターネットを使用していない高齢者に伝えられません。

ポスターはその場所に行かない人には見られず、場所を利用している人にも見逃されてしまう確率が高く、テレビCMなどは広告料が高く金銭的にゆとりがないと難しいでしょう。

ポスティングは比較的安価な値段で、社会問題について多くの人に周知できるのです。

さらに、他人事を自分事に変化させ関心を高めるために問題提起をしたキャッチコピーが必要で、こちらに心に伝わる表現のコツがあります。

関連記事

ポスティングは企業が製品やサービスを伝えるための広告を作成し、各家庭のポストに配布することです。 依頼主は効果の高い宣伝を行うためにさまざまな工夫を行いますが、その1つとして問題提起型のチラシを作成して集客力を高める方法があります。 […]

啓発チラシをポスティングのメリットとデメリット

社会問題は、人が一度行動を変えただけでは問題解決に至らず、常にその問題について意識して行動することで徐々に解決の糸口が見えてくるという性質があります。

ポスティングは、全ての人に周知できる広告手段というメリットがある一方、チラシを捨てられたら忘れられてしまうため、何度もポスティングする必要があります。

メリットとデメリットを紹介し、より効果的なポスティング方法を解説します。

・メリット
・デメリット

メリット

啓発チラシのポスティングのメリットは、3つあります。

ポスティングは見てもらえる確率が高い広告である

ポスティングは視認率(見てもらえる確率)の高い広告であると言われています。

ポストに投函された郵便物を取り出し、必要か不要なものかを分ける作業の時に必ずチラシが見られるからです。

見た人が必要だと思えば家に保管してもらえ、家族にも見てもらえるなど広く周知できるかもしれません。

また、ポケットティッシュなどのノベルティをつけたり、啓発チラシのサイズや厚みを変えるのも見てもらえる可能性を高める手立てです。

例えば、ポストカードを使ったポスティングは、手軽にみれるため視認率が高い傾向にありす。

ただし、ハガキサイズは紙面が小さいため載せられる情報が少なく、QRコードやURL、検索ワードを記載して、詳しく知りたい人へホームページを案内しておくと良いでしょう。

こちらに配布物の種類や、チラシは一般的なので抵抗感が少ないなどの種類毎の特徴、具体的な料金がありますので啓発内容に合う配布物を見つけるために参考にしてみてください。

関連記事

新規店舗のオープンイベントや、キャンペーンの宣伝広告に使われているポスティングは、日々多くの企業が思考錯誤を重ねて行っています。 ポスティングは配布方法や配布物によって料金が変わり、それぞれ業種によって適した配布物も異なります。 […]

啓発チラシを配布したい層だけに配れる

ポスティングには、配布方法が主に2つあります。

決められた範囲の全ての世帯に配布するローラー配布と依頼者の条件に合った世帯に限定して配布するセグメント配布です。

ローラー配布は相場が1枚2〜3円、セグメント配布は1枚5〜10円の単価です。

セグメント配布は割高ですが、個人情報を排除した、年代、性別、家族構成などのデータから啓発チラシを配布したい層にだけ配布できます。

伝えたい層のエリアのみに配布しているので、無駄になる数が少なく反応率も良いでしょう。

さらに、年収や家族構成、配布エリアや枚数・期間など細かく指定可能な「オーダーメイド配布」を行っている業者もおり、各配布方法ごとの特徴やポスティング料金の違いがこちらにあります。

関連記事

ポスティングはイベントやキャンペーン、店舗の新規オープンの広告宣伝を目的としたチラシやビラなどの販売促進物を、地域のポストに投函するものです。 メールやアプリでの告知配信が主流になっている今、ポストに投函するスタイルは再注目されていま[…]

他のチラシと同時に配ってもらうことでコストを下げる

コストを下げるなら、ローラー配布に加え「併配」という配布方法も選択できます。

通常、単配といって依頼した啓発チラシのみが配られますが、他企業のチラシとともに配られれば、1枚あたりの配布所要時間が減り単価が安くなります。

他のチラシと同時に配られるようにするには、配布期間を長く設けることがポイントです。

さらに、トータル配布枚数が多くなるほどコストを抑えられるなど、併配ポスティングがなぜ安いのかこちらの記事で解説しています。

関連記事

ポスティングを請け負っている業者へ広告配布をお願いする際には、自社の広告1枚だけなのか、他社分と数枚あわせて配ってもらうのか配り方を選ぶことができます。 依頼主としてはなるべく安価で効率よくチラシを配る方法でポスティングをしてもらいた[…]

デメリット

メリットがある一方でデメリットもあります。

一度のポスティングでは覚えてもらえない

一回だけ啓発チラシをポスティングしても、捨てられてしまったら忘れられてしまいます。

エビングハウスの忘却曲線によると、人は1日経ったら内容の66%を忘れ、6日後には75%、1ヶ月後には79%忘れると言われています。

社会問題を認知し行動を変えてもらうには、継続的に人々の意識の中にある必要があります。

コストはかかりますが、何度もポスティングをすることで、効果が得られるものになります。

何度もポスティングすればより人々の行動を変えられる

繰り返しのポスティングは、何度も同じものを見ていると興味のなかったものの印象が高まり、身近に感じるようになるという、ロバート・ザイアンスが提唱した「単純接触効果」を期待できます。

啓発チラシで取り上げた社会問題に何度も触れていると、自分事として感じ意識や行動を変えようと思う人が多く出てくるでしょう。

さらに、消費者の購買意欲を促すルールである「PASONAの法則」を理解することで、よりユーザーの目線になったチラシ作成のヒントになりますのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事

どのようなチラシにすれば、チラシを手に取った見込み客を自社商品・サービスの購買に結びつけられるのでしょうか。 デザインだけでなく、キャッチコピーも重要な要素ですが、キャッチコピーを考える前に、マーケティングで有名な「PASONAの法則[…]

社会問題について取り上げる啓発チラシのポスティングについて解説まとめ

・啓発チラシとは、人々に社会問題を認識・行動を変えてもらうものであり、防犯、防災など様々な社会問題があります。

・視認率の高いポスティングが社会問題を啓発するには有効です。

・何度もポスティングすることで人々に社会問題を認知させ行動を変えさせられるでしょう。