効果をあげるポスティングの最適な曜日や時期、時間帯を徹底解説!

ポスティングは最適な曜日や時期を狙うことで反響率が高まります。

反響率とは配布枚数に対して、購入、お問い合わせ、来店・来場、クーポン利用、資料請求など目的の成果をどれだけ得られたかを示す数値です。

成果を上げるためには、チラシによりターゲットに次のステップを踏んでもらう必要があります。

  1. チラシを見てもらう
  2. 記憶してもらう
  3. 成果につながる行動をしてもらう(来店、問い合わせ、クーポン利用など)

曜日によって人の意識や行動には傾向があるため、時期や時間帯も含めて最適なタイミングを理解した上でポスティングを行うことは重要です。

業種によって異なる点は分けて解説しますので、必要なところを参考になさってください。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

効果的なポスティングの曜日とは

ポスティングチラシの反響率を上げるためには、消費者心理とマッチした情報を届ける工夫が必要です。

ポスティング業界全体のセオリーとして、週末は配布する業種が多いため、チラシがかぶりやすく埋もれる可能性が高まる反面、購入しようとする気持ちが高まるときでもあるため成果に結びつきやすいことが挙げられます。

ただ、曜日によって人々の行動や心理のパターンは変わるため、ターゲットの社会生活や心理のパターンに応じて、チラシの情報を流す曜日を適切に選択し、より高い反響率を獲得していきましょう。

次から配布に適している曜日を業種別に紹介していきます。

・デリバリー(金曜・土曜)
・学習塾・習い事(月曜・火曜・水曜)

・美容サロン(火曜)
・飲食店(金曜・土曜)
・不動産(木曜・金曜・土曜)

デリバリー(金曜・土曜)

デリバリーの需要は20~30代の若年層に多く、ホームパーティーで仲間と集まったり、家族でデリバリーを楽しむ週末に購買意欲が高まるため、注文が多くなる直前の金曜・土曜がポスティングに適しています。

購買意欲の低い週明けに配布すると、チラシの存在を忘れられてしまう可能性があります。

学習塾・習い事(月曜・火曜・水曜)

習い事は平日に真面目な気持ちで考える機会が多く、将来を見据えてものごとを検討する気持ちになりやすい曜日です。

週明けは新聞折り込みや他業種のポスティングチラシが少ないため、目立ちやすく見てもらえる可能性が高まる曜日であるのも利点です。

美容サロン(火曜)

エステサロンやネイルサロンなどの女性向け商品や美容の高額商品は、主婦層にとって考える時間が持てる火曜日が反応を得やすくなります。

一般的にチラシは週末に読んでもらいやすいのですが、主婦は平日の日中に家を出入りすることが多いため、勤めている人よりも早めにチラシに気づきますし、家族が不在の日中にじっくり読んでもらえます。

飲食店(金曜・土曜)

外食産業は休日の利用者が多いため、連休前や週末に向けたポスティングが狙い目です。

週明けの配布は飲食店の利用者が少ないため、コンバージョンを得にくかったり、チラシをとっておいてもらえないと配布した意味がなくなったりするデメリットがあります。

ただし、競合とのチラシかぶりは防ぎやすいので目立ちやすくなるのはメリットです。

不動産(木曜・金曜・土曜)

イベントや住宅の見学、相談会、内覧へすぐに足を運んでもらうため、週末へ向けての情報提供を行います。

不動産チラシは足を運んでもらうだけではなく、物件の販売情報をお知らせしたり、売却募集することもあります。

不動産売買は家計を大きく動かすものなので、家庭内でチラシにゆっくり目を通せて家族で話し合いもできる休日を狙ってポスティングを行います。

このように業種によって配布に適した曜日がありますが、さらに配布時間帯についても理解することで苦情を発生させず自社の評判を守るポスティングができるので、ぜひ次の記事を参考にしてください。

関連記事

ポスティングにおいて、より高い費用対効果を生み出すことも大切ですが、いかにしてクレームをなくすかも会社の評価を下げないために大切です。 とくに、クレームはチラシなどを配っている最中に発生しやすい傾向にあります。 また、チラシなど[…]

業種によっては配布する時期や時間帯が重要

業種によって反響を得やすい時期や時間帯は、ターゲットが行動に移しやすくなるタイムリーな情報を届けられるときで、ポスティングの効果を高めるのに重要です。

業種に関係なくポスティング業界全般で言われている効果が高い時間帯は、新聞の朝刊を手に取るのと重ならない午前7時~午後1時、夕刊と重ならない午後6時~7時とされています。

これは新聞の折り込みチラシに紛れてポスティングチラシが目立たなくなってしまうのを防ぐためです。

業種によっては新聞の配達時間だけでなく、ターゲットの行動を考えた時間帯に届けることで、読まれる確率や購買してもらえる確率を高める工夫も可能です。

次から配布時期や時間帯を考慮すべき業種ごとに説明します。

・美容サロン
・飲食店
・不動産

美容サロン

女性をターゲットにしたサービスの多い美容サロンでは、主婦や余裕のできたプレシニア・シニア世代を狙い、午前中に配布し終えるのがよいです。

主婦の方がポストを確認する時間帯は午前10時~午後3時と言われており、日中にじっくり読んでもらえるようにするためです。

配布時間に加えて、高級感を与える紙で大きくキレイな写真を使うと狙っている購買層へ訴求できるなど、エステサロンを流行らせるための秘訣がこちらにあります。

関連記事

昨今のエステサロン業界は、大手サロンメディアでの集客が活発ですが、実は紙媒体であるチラシのポスティングによって効果的な集客が可能です。 チラシは制作コストが高く、多くの人に見てもらえないイメージを持たれていますが、特徴を押さえて活用す[…]

飲食店

飲食店はイベントシーズン、食事をとる時間を考えて配布します。

週末の他に外食の機会が増えるのは、給料やボーナスが支給される前後、お正月やクリスマス、GWのようなイベントや大型連休前のシーズンなので、直前を狙ってポスティングを行うのが適しています。

また時間帯においては、食事をとる時間を考慮しランチ時間前を狙うことで、当日中に成果が得られる可能性があります。

さらにチラシに色分けしたクーポンを付けたり工夫することでどれだけ反響があったのか測れるなど、配布時期だけでなくポスティングのポイントを参考にしてみてください。

関連記事

飲食店の収益アップを狙うならポスティングは相性抜群です。 飲食店がアプローチしたいターゲット層にリーチできるだけでなく、他の広告媒体では叶わない戦略的な集客ができるからです。 個人店にも効果的な飲食店ポスティングでの集客のための[…]

不動産

不動産業界のポスティングはオーナー向けか購入者あるいは賃借人向けかで、ポスティングを行う時期が変わります。

1年の中で物件の取引が活発になる時期は、2~3月、9~10月のため、繁忙期を迎える前から繁忙期にさしかかる時期にあたる12~2月、6~8月はオーナー向けに物件の売却をアピールするのに適しています。

繁忙期にあたる2~3月は、新生活を始める学生や新社会人が学校や職場に通える場所に引っ越すために取引が増え、9~10月は結婚式や転勤の多い時期なので、新婚の方や転勤になった方が物件を探します。

ターゲットの必要な時期に合わせて情報提供を行うことで、反響率が高まるのです。

適切な配布時期や時間を考慮しても、この業界は競合が多く広告で差別化を図ることは難しいと言われていますので、こちらに他社と差をつけるためデザインや配布時のポイントを載せています。

関連記事

インターネットが広まりウェブメディアでの広告が目立つ昨今、不動産業界ではチラシをポストに投函するポスティングが広告手法として支持されています。 紙媒体を使った宣伝方法は年々減少傾向にあるにもかかわらず、なぜ不動産業界ではチラシを活用し[…]

効果をあげるポスティングの最適な曜日まとめ

・習い事のように真剣に将来を考えるものや美容サロンのように主婦層をターゲットにしたものは週の前半が最適と言えます。

・デリバリー、飲食店のように休日に需要が高まるものや、不動産のように週末に来場を促すものは週の後半が最適です。

・チラシに目を通してもらうためには、ターゲットに読まれやすい時間帯や来店時間帯を考慮するとよいでしょう。