ポスティングチラシのレビューと関係するマッチングリスク意識を解説

新しい商品を目の前にして「合わないかも」と不安が募り、なかなか購入に踏み切れなかった経験はありませんか。

その消費者心理を、マッチングリスク意識と言います。

本記事では、マーケティングに欠かせないマッチングリスク意識と、ポスティングチラシの活用によりその意識を減少させる方法について具体的に解説します。

ポスティングチラシのレビューと関係するマッチングリスク意識とは

心理学のマッチングリスク意識とは、初めての商品を購入するときに「自分に合わなかったらどうしよう」などの不安を覚え、購入をためらうことを指します。

馴染みがある商品を購入するときには、このような不安は生じません。

マッチングリスク意識は車や家など、高額なものを購入するときほど強く働く傾向にあります。

この、商品購入を前に不安になる意識が、消費者が商品購入をためらう要因の一つとなるため、商品やサービスを販売する側は、この消費者心理を認識し対策を練る必要があります。

なぜなら、購入に対して消費者が恐怖心を抱くということは、その商品の購入を本気で考えていることでもあるからです。

全く興味がない商品に対しては、不安を抱くこともありません。

そこで、マッチングリスク意識を減少させる方法を知り、商品販売の向上に繋げましょう。

レビューはマッチングリスク意識の減少に効果的

マッチングリスク意識の減少に、口コミや顧客レビューの紹介は効果的です。

近年、新しい商品を購入する前に、SNSやショッピングサイトで商品の評判や口コミ、レビューを確認する人が増えました。

それは、商品購入後のことを具体的に詳しく知って、安心して購入に踏み切りたいためです。

消費者は商品を購入した後のイメージが、うまくつかめず、購入による後悔をしたくないため、慎重になっているのです。

ここで、販売者側が商品の良さをアピールしても消費者には響きません。

なぜなら、警戒心が働くからです。

そこで、チラシの中で第三者の声である顧客レビューを紹介し、その警戒心を解く必要があるのです。

同じ消費者の立場である顧客は、レビューの中で必ずしも良い点だけを主張するわけではなく、販売側が語りにくいデメリットに触れた、実際の使用者による具体的な体験談を伝えてくれます。

消費者はそのレビューを自分事としてとらえ、購入後の姿を疑似体験することができるのです。

また、多様な視点によるレビューに触れることで、多角的に商品を検討できます。

このため、マッチングリスク意識は減少し、安心感を抱ける効果があります。

さらに、複数のレビューや口コミを掲載することにより、その商品の人気が伝わり、警戒心が薄れます。

なお、類似性の法則により、人はより自分の立場に近い人の発言に親近感を持つという特徴があります。

そこで、レビューする人が親近感を抱けるように、年齢や性別、職業などを具体的に表示し、販売ターゲットに近づけることもポイントとなります。

可能であれば顧客の写真を利用すると、より一層親しみを持って読んでもらえるでしょう。

例えば、クリーニング店のチラシで、子育て中の主婦層を取り込みたい場合は、同じく子育てで忙しい主婦のレビューを活用することで、消費者に響きやすくなります。

戸建て住宅のレビューであれば、実際に住んでいる人が購入前の不安から購入までのプロセス、購入後の満足感までを具体的に語ることで、同様の立場にある消費者へ刺さる広告を作れます。

このように、ポスティングチラシに顧客レビューを紹介することで、消費者が無意識のうちに抱くマッチングリスク意識の減少に繋がるのです。

次で、消費者が抱くマッチングリスク意識を減少させるためにできることを紹介します。

試供品や無料体験を提供する

商品を小分けしたサンプルを用意したり、無料で商品を試してもらったりすることでマッチングリスク意識の減少が可能になります。

これは、特に人によって合う合わないが顕著な、化粧品やサプリなどで効果を発揮し、試飲や試食も効果的です。

また、ソフトやアプリ、Wi-Fiなどのデジタル系商品も期間や機能を限定の上、無料で試してもらうことができるでしょう。

スポーツジムや習い事教室、マッサージやエステといった体験型のものであれば、初回無料体験や格安体験が有効です。

一度体験してもらうことで、そのサービスがその人にとって「見知らぬもの」ではなくなります。

体験型の場合は、既に会員である方を通して、その方の友人や知り合いを紹介してもらうことも効果的です。

仲の良い友人から紹介してもらうことで、マッチングリスク意識を抱きづらくなります。

返金制度や購入後のサービスがある

返金制度があることや返品保証をつけることも有効で、保証によって安心感を抱いてもらい、購入までの心理的ハードルを下げられます。

ほかにも手厚いアフターサービスや長期保証など、購入後のサービスを充実させることも、購入に対する不安感をやわらげることに繋がります。

また、カスタマーサポートセンターを設置することで、購入後いつでも専門家に相談できることがアピールでき、消費者の安心感に繋がります。

消費者の意見を分析する

自社製品のどのような点が消費者にとって特に不安を感じる点となっているのか分析することも大切です。

分析の結果、多くの人が同じ点に不安を感じていると気付くこともあるでしょう。

多くの顧客が共通して抱く疑問点や不安点を、Q&A方式で紹介し解消することで、不安の改善に繋げることも可能です。

ポスティングチラシにおいては、これらのポイントを、チラシの中でわかりやすくアピールすることで、マッチングリスク意識の減少を図ることができます。

レビューは、アンケート形式やネットで投稿してもらうなどの集め方があり、収集方法のポイントと、レビューをチラシに載せる際の注意点を詳しく紹介した記事も作っています。

関連記事

レビューは昔から宣伝効果を高めるために利用されており、ポスティングチラシにおいてもその効果の高さは実証済みです。 チラシを作成する上で顧客のレビューを多く掲載するためには、レビューを集めるための施策や工夫が欠かせません。 この記[…]

関連記事

商品やお店を選ぶ時に、お客様レビューを参考にして検討することはありませんか? 「〇〇を買ったことで掃除が楽になった。」「〇〇店の〇〇という食べ物はとても美味しいです。」など具体的に書かれていることによって購買意欲が上がります。 […]

ポスティング用チラシのレビューとマッチングリスク意識の関係を解説まとめ

・商品やサービス購入前に「自分に合わなかったらどうしよう」と不安になる消費者心理を、マッチングリスク意識と言います。

・マッチングリスク意識を減少させるためには、購入前に消費者が抱く不安感をできる限り取り除くことが必要です。

・チラシで口コミや顧客レビューを紹介することは、マッチングリスク意識の減少に効果を発揮します。