ポスティングに関わる問題や課題について解説

ポスティング業界は市場規模が拡大している一方でネガティブな情報やイメージが交錯しており、このような状況下でポスティングサービスを依頼するのには抵抗を感じることもあるでしょう。

しかし、問題や課題を解決していく取り組みが行なわれ業界全体の安定と秩序形成が進んでおり、市場の成長を後押ししています。

そのようなポスティング業界の実態とどのような対策をすればよいかを理解しておくことで、リスクを避けられるだけでなく、より効果的なポスティングを実施しやすくなります。

この記事では、ポスティングを安全で効果的に活用するための情報をまとめました。

どのようなことがネガティブイメージを促進させてきたのか、そして現在どのような取り組みが行なわれているのかと解決方法について解説します。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティング業界に関わる問題や課題

ポスティングによる販促活動は1960年代に始まって以降、業界を巡るデフレや社会環境の変化などにより秩序の乱れが起きるようになりました。

そこから生じたポスティング業界における数々の問題とは何か、現在どのような取り組みによって改善されているのかについて次の通り順に解説します。

・業界の問題と課題
・問題と課題解決の取り組み

業界の問題と課題

業界全体の需要が高まり続けるという追い風が続いてきた一方で、業者間での競争はより一層激しくなっていきました。

競争が激しくなるとコストがネックとなり業者によって倫理観や取り組みへの誠実さに差が生まれ、業界全体で問題が浮き彫りとなったのです。

業界全体が抱えてきた問題と背景について説明します。

事業者の乱立

新聞や雑誌といった紙媒体の需要は徐々に減少していますが、同じ紙媒体を取り扱うポスティング業界の需要は増加し続けています。

ポスティングは新聞購読者や雑誌購入者以外にもアプローチが可能なこと、他のチラシや宣伝ページに紛れにくいことから視認率が高く一定の効果が期待されていますし、地域を絞り込んだ宣伝活動が得意です。

紙媒体の需要減少とポスティングによって得られる効果が相まって、ポスティング事業の必要性が高まり事業者は全国各地に増加していきました。

現在では、独自のネットワークやデータを元に広告代理店や郵便局、配送会社などがポスティング業務を行っており、次の記事に具体的な料金と合わせて情報があります。

関連記事

GPS(全地球測位システム)やGIS(地理情報システム)などのIT技術の向上によって効率的、効果的にポスティングが行えるようになったことで、大企業を筆頭に多くの企業が再注目してきています。 しかしながら、費用対効果の高いポスティングは[…]

価格競争の激化

ポスティング業界全体の需要増加と参入によるリスクが少ないことから、異業種からの事業進出や起業による新規参入が増えました。

ポスティングチラシを依頼する顧客にとっても、販促活動は反響が保証されていないことやコストを少しでも抑えたいことから、低価格で多くのターゲットに宣伝したいと考えています。

低価格のサービスに需要があることや事業者増加に伴って価格競争は激しくなり、業界の秩序を度外視した低価格なサービスを展開する業者も出てきました。

しかし、低価格だからといって低品質とは限らず、スタッフ教育がしっかり行われていたり、誠実なクレーム対応をしてくれる格安で優良なポスティング業者もいますので、次の記事にある業者の見分け方を参考にしてください。

関連記事

格安なポスティング業者は多く存在しますが、良いポスティング業者はいかにして見分けるのでしょう。 価格が安い業者を利用した結果、ポスティングによる反応が薄かったり、雑にポストへ投函されることでイメージダウンになり得ます。 格安ポス[…]

悪徳業者の出現

低価格のポスティングサービス実現のためには、設備やランニングコストにお金をかけないことが前提となってきます。

しかしコストを抑えることによって、配布スタッフの雇用環境悪化と配布作業の質の低下を招くような業務体制をつくる悪徳業者が出現しました。

具体的には、配布スタッフを抱えず格安の賃金で臨時スタッフに配布作業をしてもらう事例、配布作業効率化のため受注枚数よりも少ない枚数しか配布しない事例などが起こりました。

悪徳業者の出現によって、業界全体の品質低下やイメージダウンを招きました。

このような悪徳業者の見極め方として配布プランの説明がない、配布地域の情報に精通していないなど、評判が悪い業者が持っている5つのポイントがこちらにあります。

関連記事

広告目的の配布物を、住宅や会社のオフィスに投函する宣伝手法をポスティングと言います。 ダイレクトマーケティングと言う宣伝手法で、相手を絞って宣伝可能なことや、安価で宣伝可能なため費用対効果が高いのが大きなメリットです。 さまざま[…]

問題と課題解決の取り組み

業界全体が抱えてきた問題や課題と解決への具体的な取り組みについて説明します。

秩序の乱れによって問題が浮き彫りとなったポスティング業界が、社会的価値を生みながら活動を続けるためには、問題と課題解決が必至の状況となりました。

近年、徐々に問題解決への取り組みが進められており、業界を取り巻いていたネガティブなイメージが変わりつつあります。

具体的に何に対する目的で、どのような取り組みがなされてきたのかを説明します。

事業者団体の結成

問題と課題解決のためにポスティング団体が結成され、需要が拡大するポスティング業界の信頼とイメージを向上させ、業界全体で社会的責任を果たすための活動をしています。

活動の目的は、業界の情報やデータを集めて全容を社会へ示すことで認知度の拡大を図ることと、業者同士の横のつながりを強化することで業界全体の発展による社会的地位向上です。

団体活動は近年始まったものですので、ポスティングは通俗的な業界としてさらに発展していくポテンシャルを秘めています。

業界の認知を進めることで発展の余地はありますし、各々の業者の倫理観に委ねられきた業務ルールを統制することで持続的なサービスとなっていくことでしょう。

コンプライアンスの徹底とガイドラインの作成・遵守

問題と課題が山積したのは、ガイドラインが制定されていないことが要因の1つではないかと考えられました。

ポスティング事業におけるルールが明確でないことから、業者のサービスの質を利用者が判別しにくかったり、トラブルが多発したことにより悪質な事業形態が横行しているイメージが拡大したりすると、業界は衰退しかねません。

そこでポスティング団体によって業界全体のガイドラインを作成し、コンプライアンス(法令遵守)と共に、業界全体へ周知し守っていく取り組みを行なっています。

サービス利用者といった第三者にとっても安心できる指標として、業務体制に対する評価基準を設けて認定マークの付与を行なう活動も促進されています。

また、業務内容の健全さや社会からの信頼などを評価する、ポスティングの格付けアセスメント制度を実施している団体もあり、このような業者の評判を向上させる制度について次の記事で紹介しています。

関連記事

ポスティングは費用対効果の高い宣伝方法として注目を集めており、実際に業務を請け負っている業者の数も多いです。 しかし、中には不当な業務内容で依頼者からお金を貰おうとする悪徳業者も数多く存在するため、依頼者は厳しい目で業者を見定めます。[…]

業者間の連携

ポスティングは、特定エリアの情報に特化したマーケティング事業であることや、体を使って1件ずつまわる配布作業がある性質上、地域に密着した事業です。

エリアによって仕事量や価格の相場が異なるため、大量の配布案件や広範囲の案件は1社では受けかねる状況になることも想定されます。

そのような場合、依頼者は複数の事業者に依頼するため、何社も事業者選びをしなければならないのは負担で悪徳業者を選んでしまうリスクも増加します。

全国のポスティング業者とつながる団体が窓口となれば、業界全体で仕事量の調整やクライアントへの最適なサービス提供が可能となるため、事業環境とサービス環境の向上につながることを展望しています。

ポスティング業務に関わる問題や課題

近年ポスティング需要は高まる一方で、業務の効率化と成果を出すために課題は山積しており、トラブルを招いたり不正を働いたりする業者もいます。

しかし業界全体として、問題点と課題を分析し改善と対策をし続けているのも事実です。

具体的な問題や課題をお伝えし、どのような対策が行なわれているのかを説明します。

・業務に関わる問題や課題
・問題と課題の解決方法

業務に関わる問題や課題

ポスティング業界では管理体制の甘さや不満、現場レベルでのノウハウ不足により、業界イメージを下げるような問題が多数報告されてきました。

具体的にどのようなことが業務の問題につながるのかを説明します。

ポスティングのトラブルやクレーム

ポスティングは、配布作業時に住民とのクレームやトラブルが起こりやすいため、配布スタッフの作業の質はチラシの信頼性に影響します。

特に多いトラブルやクレームには以下のことが挙げられます。

  • チラシを投函してほしくない
  • チラシ投函禁止エリアなのにチラシが入っていた
  • 汚れたチラシが投函されていた
  • チラシが散らばっている

禁止エリアか否かを問わず、チラシを投函されて腹を立てた住民に配布スタッフが直接クレームを言われるケース、配布後に会社への問い合わせからクレームが入るケースがあります。

チラシを見た人は配布した業者の特定はできないため、配布後のクレームはポスティング業者ではなくチラシに掲載されている依頼会社に入ってしまい、販促どころかイメージダウンを手伝ってしまうことになりかねません。

クレーム・トラブル対処力のあるポスティング業者は、信頼して業務を依頼しやすく安心です。

満杯のポストに力ずくで投函するとチラシを汚損してしまいクレームの原因になるなど、クレームに繋がる投函事例を具体的に紹介した記事があります。

関連記事

ポスティングは配布エリア全域の不特定多数の人にチラシ類を投函するため、クレームに繋がりやすいマーケティング手法です。 チラシ投函お断りの貼り紙がポストに添付してあるのに投函してしまったり、雨天に投函しチラシの状態が悪くなりポスト内にあ[…]

チラシを配布しても反響率が上がらない

チラシの反響率が明らかに低かったり反響のあるエリアにあまりにも偏りがある場合、チラシが正しく配布されていない可能性が考えられます。

過去にいくつも報告されているトラブルの事例では、「配布スタッフが勝手にチラシを廃棄してしまった」「早く作業を終わらせるため一度に2枚ずつ投函を行なっていた」といったことが報告されています。

ポスティングの現場では配布スタッフ1人で作業を行なうシチェーションが多いため、不正を働きやすい状況であることが原因の1つです。

正しいポスティング配布の行える業者は、管理体制を整えて配布スタッフが正しく働きやすい環境を作っています。

管理体制に問題がないのに反響率が上がらない場合は、ターゲットに対する戦略やチラシの内容が合っていない可能性があります。

配布したからといって反響は確約されないため、有効なマーケティング手法を駆使しながら反響率向上のために工夫と改善を繰り返す必要があります。

反響率は、チラシにクーポンや特典をつけて広告を持参した人を数えたり、来店時のアンケートによって算出でき、ポスティングの効果を簡単に測定する方法がこちらにあります。

関連記事

皆様はポスティングの反応がどれくらいあるか気になりませんか。 チラシを見て商品の購入やサービスを利用した数を集計することで、業種ごとの反響を把握し、目標の反響率を定めましょう。 今回は「ポスティングにおける反響率」と「反響率を簡[…]

他社と似たチラシを作成・配布している

チラシに掲載する画像や文章などの情報は、故意でなかったとしても改変したり無断で使用したりすることは禁じられています。

特に文章、画像、写真などのすべての創作物には登録や申請といった条件なしに著作権が発生しているため、無断使用・改変使用は著作権違反となります。

他社のチラシを許可無くマネしていると思われてしまえば、イメージダウンに繋がりかねないだけでなく、訴訟トラブルに発展する恐れもあります。

著作権だけでなく知的財産権全般の侵害とならないように、オリジナルなチラシ制作を行なうことに留意し、他者のイラストや写真といった制作物を用いる場合は、許可を得た上で使用上のルールを守ることが大切です。

そこで、トラブルにならないために知っておくべき権利や情報として、著作権、肖像権、個人情報がありこれらの詳しい内容が次の記事にあります。

関連記事

ポスティングのチラシは記載する情報や写真、イラストによってイメージや反響率が大きく左右され、作成に十分な工夫をする必要があります。 ただしデザインがいいからと他社のチラシを真似すれば、著作権侵害によって訴訟問題となるケースがあるため、[…]

問題と課題の解決方法

ポスティング業界では全日本ポスティング協会を中心に、ポスティング業界で浮き彫りになっている問題解決に努めています。

悪質な業者の存在が不安視されていますが、積極的に問題解決や体制管理に取り組むポスティング業者も多く存在しており、解決方法は徐々に体系化されています。

ポスティング業界の問題と課題に対し、有効な解決方法について説明します。

クレーム対応とスタッフへの事前教育の徹底

ポスティング業者によっては配布スタッフの配布ルールや投函マナーの教育、配布ルートや投函禁止物件の管理などを徹底し、クレームやトラブル防止に取り組んでいます。

スタッフ教育によって、身勝手なチラシの廃棄や同時に2枚以上配布する行為を防いだり、不注意で落としたり郵便受けの中を汚したりすることなく、チラシを丁寧に扱えるようになります。

クレーム対応は現場の配布スタッフだけに任せず、現場にリーダーを同行させたり発生したクレーム情報を管理したりすることで、迅速な対応と再発防止が可能です。

良好な管理体制を敷いている業者は、研修制度や管理者の設置、雇用体系、給料面でスタッフが前向きに取り組みやすい環境を整えており、コストをかけてでも依頼する価値があります。

関連記事

ポスティングを依頼するときは料金が安いことよりも、どの業者に依頼するかが重要です。 たとえ安価で多くの部数を依頼できたとしても、チラシが正確に配布されていなければ、ターゲットに情報が届かなかったり信頼を損ねたりする可能性があるからです[…]

ターゲットの購買行動を分析

反響率を上げるためには、ターゲットを分析して訴求内容を決定すること、チラシにはターゲットが購入や来店などのレスポンスを決めるまでに必要な情報を書くことがポイントです。

ターゲットの分析では、顧客層が商品・サービスに対してどの程度意識しているのかを知るため、OATHの法則を用いるのが有効です。

顧客層の意識レベルを明確にしたならば、次はターゲットに必要な情報をチラシに入れていきます。

ターゲットから反響を得るための情報を記述するのに有効なのが、PASONAの法則を構成に用いたコピーライティングです。

PASONAの法則はセールスメッセージを書く上で、購買決定に必要な情報と流れを入れ込みコピーの力を引き出す構成として提唱されました。

この2つの法則は、いずれも実践を繰り返す中で生まれた法則のため再現性があり、活用するだけで効果的なオファーが可能になります。

こちらに「OATHの法則」「PASONAの法則」の詳しい内容があり、この法則を理解することでポスティングの効果が高められます。

関連記事

マーケティングにおいてターゲット設定をするときに、ターゲットの問題意識はどの程度なのかを理解し、適切な訴求方法を決定するために、「OATHの法則」は簡便かつ基本的な考え方として役立ちます。 広告媒体を問わず活用できる法則ですので、OA[…]

関連記事

どのようなチラシにすれば、チラシを手に取った見込み客を自社商品・サービスの購買に結びつけられるのでしょうか。 デザインだけでなく、キャッチコピーも重要な要素ですが、キャッチコピーを考える前に、マーケティングで有名な「PASONAの法則[…]

チラシの配布手法の改善

ポスティングによる効果がわかるまでにはタイムラグがあり、絶対法則は存在しません。

つまり、より効果的なポスティングを行うためには、業者と依頼者が結果の分析と改善を繰り返していくことで、反応のよい条件を見つけていく必要があります。

改善のために具体的な行動を決めるために、PDCAサイクルで計画的なブラッシュアップをして、OODAループを活用し臨機応変な改善を繰り返していくことが望ましいです。

PDCAサイクルとOODAループはどちらも改善のための手法で比較されがちですが、両者に優劣はなくそれぞれの特徴に合わせた使い方をすることが大切です。

これらの手法を用いることで、ポスティングを実施する意味を明確できるというメリットがあり、次に詳しく解説されていますので参考にしてください。

関連記事

初めてポスティングを実施し思ったより集客できなくとも、継続的に実施することでチラシに対する反応を向上させられる可能性があります。 しかし、チラシ配布の経験が少ない場合にはどのように継続すればよいのか見当がつかないと思いますが、実は他業[…]

関連記事

ポスティングは、何度も繰り返し行いながら効率的に反響を得られる戦略を探り、効果を高めていきます。 その行程を支えるメソッドがOODA(ウーダ)ループです。 OODAループの概念とポスティングにおけるOODAループのメリット・デメ[…]

ポスティングに関わる問題や課題について解説まとめ

・需要が増加し続けてきたポスティング業界は、価格競争がエスカレートしたことや悪質業者の出現によって、問題や課題が山積してしまいました。

・業界全体の問題と課題解決のために団体が設立され、業界におけるルールの制定と遵守の徹底と横のつながりを強化して業務連携を行なっています。

・ポスティング業務が抱える問題はチラシの反響率を悪化させてしまうため、解決のために業者が責任を持って社内の管理体制や雇用環境を整えていくことや、依頼者側もマーケティングのレベルを業者と共に向上していく姿勢が大切となります。