集客力を高める問題提起型ポスティングチラシについて解説

ポスティングは企業が製品やサービスを伝えるための広告を作成し、各家庭のポストに配布することです。

依頼主は効果の高い宣伝を行うためにさまざまな工夫を行いますが、その1つとして問題提起型のチラシを作成して集客力を高める方法があります。

この記事では、問題提起型ポスティングチラシについて解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

問題提起型ポスティングチラシとは

問題提起型ポスティングチラシは文字通り、問題を提起するキャッチコピーが入ったチラシです。

意味としては問題や課題をお客様に投げかけることを指しますが、それを広告に取り入れることで特定のターゲットに向けて高い宣伝効果が得られます。

問題提起文を広告に入れることで、どのような特徴や利点があるのか順番に解説していきます。

・チラシの特徴
・チラシの利点

チラシの特徴

特徴としては通常のチラシのように商品やサービス・料金などの記載に加え、ストーリーを想像させるような読者に問いかけるキャッチコピーが含まれています。

そのような表現になるのは、問題提起の訴えが響きやすくなるからです。

読者の記憶に残るよう表面はカラフルなデザインを使用しながら、裏面はあえて白黒の説明文を載せて読みやすくしたチラシも存在します。

サイズはA4が最も多く、297×210mmの縦長のチラシが多くなっています。

広告を作成するのが初めてで、サイズに迷った場合はA4サイズがおすすめです。

自分でポスティングを行えば人を雇う必要がありませんので配布にかかる費用を抑えることが可能です。

しかし配布のノウハウを心得ていないと思うような成果が出せませんし、クレームが発生する原因にもなります。

そのため、広告の配布は経験が豊富なポスティング業者に依頼するのが一般的です。

ポスティング業者に依頼をすると配布方法を選択できますが、特に期日が決まっていない場合は他社の広告と一緒に配布する「併配」を選択することが多いです。

併配での配布料金の相場は全国平均で1枚当たり3~4円前後と安価なので、コストを抑えながらも多くの枚数を配布できます。

このようにコスト面においてメリットのある併配の特徴や料金など詳しく載っていますので、自社の問題提起型広告に合った配布方法か確認してみてください。

関連記事

ポスティングを請け負っている業者へ広告配布をお願いする際には、自社の広告1枚だけなのか、他社分と数枚あわせて配ってもらうのか配り方を選ぶことができます。 依頼主としてはなるべく安価で効率よくチラシを配る方法でポスティングをしてもらいた[…]

チラシの利点

チラシに問題提起を入れると、他人事を自分事に変化させる効果があります。

なぜかというと、人はきっかけが生じることにより心のバランスが崩れ、それを修正するために行動を起こすからです。

そのような現象が起こるため、読者の関心を高められる利点が生じます。

この仕組みをマーケティングで説明すると問題提起になり、潜在顧客へのアプローチにつながります。

地域や年齢層など、特定のターゲットに的を絞った問題提起をする場合は、セグメント配布を行うことでアプローチがより伝わりやすくなります。

特定の地域への配布や若者が多いマンション、一戸建てなどに的を絞って配布することでその利点をより生かすことができますが、配布料金は1枚、5~10円と併配と比べて料金は高めです。

その分、依頼主が狙ったターゲットに向けピンポイントで宣伝が行えるので、問題提起を生かした強い宣伝効果が期待できるでしょう。

宣伝の効果が期待できるセグメント配布ですが、ほかにも要望に柔軟な対応をしてくれるオーダーメイド配布もあり、こちらに配布方法ごとの特性や料金など記載しています。

関連記事

ポスティングはイベントやキャンペーン、店舗の新規オープンの広告宣伝を目的としたチラシやビラなどの販売促進物を、地域のポストに投函するものです。 メールやアプリでの告知配信が主流になっている今、ポストに投函するスタイルは再注目されていま[…]

問題提起型ポスティングチラシを使った集客力の高め方

問題提起型ポスティングチラシは強い集客力を得られますが、ただ提起文を載せただけでは効果を高められません。

反響を高めるには、お客様に興味を持ってもらえるキャッチコピーが必要です。

広告作成の経験が少ない事業主にとっては簡単に思いつくものではありませんが、コツをつかめば心に伝わる表現が想像できます。

集客力を高めるキャッチコピーをどのように考えればいいのかポイントを紹介していきます。

・キャッチコピーで問題のあぶり出し
・解決案の提示で注目率アップ

キャッチコピーで問題のあぶり出し

キャッチコピーで集客力を高めるためには、まず顧客ターゲットをイメージしましょう。

年齢・性別や読者が求めるニーズを設定すると、読み手側が現在起きている問題があぶり出されるので、関心を引き付ける文章が思い浮かぶようになります。

例えば、体重増加に悩んでいる30代の女性をターゲットにしているスポーツジムで次のようなキャッチコピーにしたとします。

「あなたのおなか、最近ぽっこり膨らんでいませんか?」

いかがでしょうか、悩みを持っているお客様が興味を持ちそうだと思いませんか?

お客様の関心を見抜き、表現を疑問文にすることで読者が関心を持つようになります。

行動の起点は、企業側の訴えと読み手が共感することから始まります。

しかし、これだけでは迷いを生じさせるだけに留まり一時的な関心で終わってしまうかもしれません。

そこで、問題をあぶり出したあとは次のように問いかけることによって、より興味を引き出すことができます。

「このまま対策をしないと将来病気を引き起こす恐れがあります」

どうでしょう、文面を見て焦りを感じるようになりますよね。

危機感をあおるメッセージを送ることによって、起点から行動に移す効果が生まれます。

解決案の提示で注目率アップ

問題提起をしてお客様から興味を引き出したあとは、解決策となるキャッチコピーを提示して注目率を上げていきましょう。

「安心してください。当ジムにご入会すればあなたのお悩みが解決します」

このように解決策を提案することにより、お客様の注目を集める可能性が高くなります。

サービスを受けた効果を理解してもらったら、次は限定性を提示します。

「通常3万円の入会金が今なら無料で入会できます」のように今だけの特別感をアピールしましょう。

数字が入ることにより説得力も高まり、お客様へ強い危機感や緊急性を演出することにより、より高い注目を得ることができます。

最後は「今から入会すれば3カ月後には昔の体型を取り戻せます」のような好奇心を刺激する例えを提示し、行動につなげます。

これらのキャッチコピーのことをPASONA(パソナ)の法則といい、セールスレターだけではなくライティングの技術としても使えます。

そのためブログなどのパソコンを使った広告でも、この法則を応用して高い宣伝効果を得ることができます。

PASONAの法則では、ひと昔前のように扇動や不安を煽るのではなく、読み手の悩みに共感していることを強調して消費者を引き付けるという時代に相応しい改訂が行われています。

関連記事

どのようなチラシにすれば、チラシを手に取った見込み客を自社商品・サービスの購買に結びつけられるのでしょうか。 デザインだけでなく、キャッチコピーも重要な要素ですが、キャッチコピーを考える前に、マーケティングで有名な「PASONAの法則[…]

集客力を高める問題提起型ポスティングチラシ解説まとめ

・問題提起型ポスティングチラシはお客様に起こっている問題を投げかけて集客力を高めます。

・いいキャッチコピーを作らないと問題提起の効果を充分に得られません。

・お客様の購買意欲を高めるPASONAの法則を使うことで高い注目を集められます。