チラシ以外のポスティングは効果的?ノベルティを使ったポスティングについて解説

皆さんはノベルティをご存知でしょうか。

商品やサービスを宣伝するために、会社名や商品名を印字したグッズのことです。

ポケットティッシュやマグネットから、ボールペン、企業の展示会などであれば自撮り棒やモバイルバッテリーなどもあります。

今回はノベルティを使ったポスティングのメリットとデメリットに関して解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ノベルティを使ったポスティング

ただのチラシは、見られてすぐに捨てられてしまう場合があります。

しかし、チラシをマグネットやティッシュにすると何度も目にされるチャンスが生まれ、より広告効果が上がる可能性があります。

もちろん、ただの紙よりも原価が高くなってしまいますが、広告効果がそれ以上に高くなるのであれば、広告としては成功です。

次からノベルティについて詳しく紹介していきます。

・ノベルティとは
・ノベルティの種類

ノベルティとは

ノベルティとは、企業のサービスや商品などの認知向上を図るため、その企業や商品の名前などを記したグッズのことを言います。

ボールペンやメモ帳、ポケットティッシュなどがよく利用されます。

これらのものは、日常生活で頻繁に使用されるので、そのたびにその企業の社名や商品名を目にすることになります。

初めて見た時には宣伝されている商品やサービスが必要なかったものでも、何度も目に入ることで必要性を感じることがあります。

ノベルティとは、消費者にとっては便利なグッズを無料でもらえるというメリットがあり、企業にとっても広告効果が長く強くなるというメリットを持っています。

ノベルティの種類

ノベルティの種類は豊富で、主なものとして以下があげられます。

  • ボールペン
  • メモ帳
  • ポケットティッシュ
  • ステッカー
  • マグネット
  • 洗剤
  • 歯ブラシ・タオル・ハンカチ
  • キッチン用品
  • カイロ
  • エコバック

さらに、共通する点として次のことがあります。

日常で使えるものであること

顧客が日常で使う際に目につくものでないと意味がありません。

特にボールペンやポケットティッシュは普段から使えるものであり、手に持つ回数が多くなればなるほど、顧客に対してインパクトが強くなり企業に対しての印象がよくなります。

費用対効果が高いもの

広告効果がいくら高くても、それ以上のコストがかかるものは使用できません。

なるべくコストは低く、利用価値が高いものを使用しましょう。

逆にいくら高いコストがかかっても、それ以上の利益を生むものであれば検討の余地があります。

また、実用的なアイテムをチョイスすることも重要ですが、誰に渡したいのかターゲットをしっかりと定めることも大切です。

例えば若い女性をターゲットにした場合に、年配の女性が喜ぶノベルティを配布しても一部の女性にしか喜ばれません。

その結果、若い女性へのPRはできないため本来狙っているターゲットが企業に対して興味を持つことはありません。

ターゲットを意識してノベルティを選ぶことが企業をよりPRするためのポイントです。

ノベルティのひとつにあるマグネットは保存しやすいため長期に渡って反響が見込め、デザインやサイズなど自由に決められるなど、マグネットについて詳しく解説した記事もあります。

関連記事

ポスティングは通常、紙で制作したチラシなどを住居のポストに配って宣伝する方法です。 しかし、広告の中身を見てもらう前に捨てられることも少なくないので、思うような宣伝効果が得られないことがあります。 そんな欠点を解消させるためのア[…]

ポスティングにノベルティを使うメリット・デメリット

ノベルティを使うことにも、メリットとデメリットはあります。

次で、主な点を紹介していますので、実際に検討しているかたは是非参考にしてください。

・メリット
・デメリット

メリット

名前を覚えてもらうことができる

ノベルティを配布することにより、企業や商品の名前を覚えてもらえます。

日常的に目にすることによって親しみを感じたり、必要な時にすぐ思い浮かぶことで、購入やサービスの利用に繋がります。

品質がいいものだと企業の印象が良くなる

大量配布を前提としているノベルティは、基本的に低価格になります。

そのため、インクがすぐ出なくなるボールペンや、磁力の弱いマグネットなど、使えないモノも多く出回っています。

そんな中、書きやすいペンや、肌触りのいいティッシュなど、クオリティの高い商品を配る企業がいればとても印象に残り、商品クオリテイのプラスイメージが企業のイメージにも反映されるということがあります。

時間差で宣伝ができる

チラシだと、興味のないものならすぐに捨ててしまいますが、ポケットティッシュやボールペンなど生活に立つグッズだと、広告の中身には興味がなくても「とりあえず使えそうだし置いておこう」と思ってもらえます。

その時は広告内容が響かなくても、必要な時まで時間を飛び越えて宣伝してくれる可能性があります。

ティッシュやマグネットは、便利屋やリサイクル、水道など生活サービスの宣伝に向いているなど、配布物ごとに適している業種や、ポスティング料金についてまとめた記事も作っています。

関連記事

新規店舗のオープンイベントや、キャンペーンの宣伝広告に使われているポスティングは、日々多くの企業が思考錯誤を重ねて行っています。 ポスティングは配布方法や配布物によって料金が変わり、それぞれ業種によって適した配布物も異なります。 […]

デメリット

マイナスのイメージを持たれることがある

ノベルティのクオリティがあまりに低すぎると逆効果になります。

受け取り側の企業に対するイメージが下がるので、販促効果を充分に得るためには丁寧にノベルティを制作する必要があります。

製造コストが高い

紙のチラシとノベルティを作るのでは、圧倒的にノベルティの方がコストが高いです。

ボールぺンやティッシュなど、普通に商品として売っているような品質を目指す場合は、膨大なコストが発生するので、無計画に実施するのはやめましょう。

配布コストが高い

ポスティングするのにも、ノベルティはコストがかかります。

紙のチラシだと数百枚を一気に持ち運んで配布できますが、かさばるノベルティだと数十個しか持てない場合もあります。

その分、配布に時間と労力がかかり、ポスティング料金が割高になります。

チラシ以外のポスティングは効果的?ノベルティを使ったポスティングについて解説まとめ

・ノベルティとは、長期間において商品やサービスの宣伝を目的としたグッズのことです。

・ノベルティはうまく使えば高い宣伝効果を生み出します。

・通常のチラシと比べてコストがかかるため、計画的に実施する必要があります。