効果的なリフォームチラシのポスティングについて解説

リフォーム業者は集客のためにさまざまな方法で宣伝を行いますが、その中の1つにチラシを作成してポスティングをする方法があります。

ポスティングは各家庭のポストに投函して企業のサービスなどをアピールして、お客様に関心を持ってもらう有力な手段です。

この記事ではリフォームチラシの効果的なポスティングについて解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

リフォームチラシのポスティング効果を上げるためには?

リフォームチラシを配布することによるお客様からの反響率は決して高くありません。

その確率は0.01~0.03%と言われ、近年はインターネットの普及が影響していることからチラシでの集客が難しくなっております。

しかし適切なポスティング対策をとれば従来の10倍にあたる0.3%ほどの反響を獲得でき、依頼者にとって満足のいく集客を獲得することが可能です。

一体どのような対策をとればポスティング効果を上げることができるのか、具体的な対策をあげて解説していきます。

・適切なターゲット設定
・定期的なイベントや説明会の開催
・継続的なチラシ配布

適切なターゲット設定

リフォーム会社がチラシを配布する場合は、ターゲットを選ぶことが非常に重要です。

なぜなら関心を持つ顧客が一部に限られ、特にアパートなどの賃貸住宅ではリフォームを行うことは不可能なので、それらの住居にチラシを配布しても意味がありません。

そのため、広いエリアにチラシを配布すると費用の無駄になってしまいます。

よって、ポスティング業者に依頼する時は、安いからと言って広いエリアへ併配するより、築年数の古い一戸建て住宅などに絞ったセグメント配布の方が結果的にコストを抑えることができます。

ターゲットを絞るためにGIS(地理情報システム)を使いながら配布を行うので、効果的で効率のいい配布を行えます。

セグメント配布を選択した場合の配布にかかる1枚の単価は、人口が多い都市部でA4サイズで5円~10円ほどが相場で、配布期間は1週間からです。

そこで、GISを駆使した「GISポスティング」は抽出したデータを活用することで競合他社の情報も得られ、戦略を構築するのに役立つことなどがこちらの記事に載っています。

関連記事

ポスティング会社のホームページ内で掲載されている業務内容の中で、大きな強みとして紹介されているのが「GISポスティング」です。 GISポスティングとは、従来の広告物の配布方法に加えて、人口や男女比率といったチラシ配布に役立つさまざまな[…]

定期的なイベントや説明会の開催

リフォーム会社が顧客に説明を行うためには説明会の開催が不可欠です。

チラシで全ての説明を行うという考えもありますが、多くの情報を載せてしまうとチラシを見た瞬間にお客様が読む気力を失いかねません。

そのため、チラシを読んでもらうためにはシンプルな情報にとどめ、チラシと説明会をセットにした方が、お客様に説明が伝わりやすくなります。

さらに、定期的なイベントを行うことも会社のアピールにつながります。

地元野菜の朝市や縁日などを行うことで地元の住民からの知名度が得られるのはもちろん、好感度アップも期待できるでしょう。

お客様からの印象が良くなると、いざという時に「この会社に任せてみよう」という心理が働くようになります。

そこで、集客力を高めるため、キャッチコピーで関心を引き、解決案を提示して注目率をアップさせるなど、リフォームの広告でも使える問題提起型ポスティングについて次の記事に詳しくあります。

関連記事

ポスティングは企業が製品やサービスを伝えるための広告を作成し、各家庭のポストに配布することです。 依頼主は効果の高い宣伝を行うためにさまざまな工夫を行いますが、その1つとして問題提起型のチラシを作成して集客力を高める方法があります。 […]

継続的なチラシ配布

継続的にチラシを配布を行うのも、リフォーム会社が集客を得られるコツです。

お客様の心理としてはリフォームは決して安くないので、関心があってもなかなか実行に移せません。

そのため、一度チラシを見ただけでは、何となく興味を持つだけにとどまってしまいます。

しかし、二度三度と継続的に配布を続けていけば、お客様から会社のことを覚えてもらえるようになり、次第にリフォームを決意させるきっかけになります。

2回目以降は会社のスタッフがチラシを配布するのも望ましいです。

ポスティングにかかる人件費が0円になるだけでなく、住民にあいさつしながら配布を行えるのでアピールにもなります。

笑顔を見せながらの配布は住民から好感度が得られますし、集客にもつながるでしょう。

リフォームのポスティングチラシ作成上のポイント

リフォーム会社がポスティングチラシを作成するには、お客様の印象に残る広告を考えなければなりません。

せっかくチラシを作成したのに、記憶に残らない広告を作ってしまうと集客効果が得られなくなります。

そのようなことにならないため、作成上のポイントを押さえておきましょう。

・会社の強みをアピール
・会社の信頼性の高さをアピール
・リフォーム後をイメージしやすいデザイン

会社の強みをアピール

リフォーム会社は競合相手が多く、お客様の多くは知名度の高い大手の会社に依頼しがちです。

そのため中小規模の会社が「どんな作業でもお任せください」などのありきたりなアピールでは、大手との競争には勝てません。

競争に勝ち印象を残すためには、会社の強みをアピールをしましょう。

例えば「水回りの整備が特に得意なのでキッチンのリフォームはお任せください」と広告に載せるとします。

すると対象とした箇所に悩んでいるお客様から、「この会社に任せてみよう」という心理が働きやすくなります。

このように特化した熟練度をキャッチコピーとして入れることで、大手に負けない安心感を得ることができます。

さらに、消費者の購買決定に繋がる心理プロセスや、体験談など説得力のある内容を載せるなどのデザインポイントが次の記事にあります。

関連記事

消費者は興味のあるチラシ以外、多くても数秒程度しか見ずに捨ててしまうため、数秒で惹き付けられるチラシでなければ、どんなに良い商品だったとしても気付いてもらえないでしょう。 今回は、見てもらえる確率の高いチラシを作成するため、ポスティン[…]

会社の信頼性の高さをアピール

顧客が大手の会社を選ぶ理由は、中小企業に悪徳業者が含まれているのも理由に挙げられます。

そのような業者に当たってしまうとずさんな工事をされたり、工事費をだまし取られる恐れがあるので、被害を防ぐために知名度の高い大手を選ぶのは自然な流れです。

そのため、広告で会社の信頼性の高さをアピールする必要があります。

信頼性を獲得できる効果的な方法は、スタッフの顔写真を載せるのがポイントで、一人一人の従業員を見ていくと顧客から怖いイメージがなくなり、会社の透明性も印象付けられます。

さらに、会社の存在が分かる情報として所在地や連絡先が載ってないと顧客に不安を与えるので、それらの情報は必ず載せましょう。

リフォーム後をイメージしやすいデザイン

顧客からひと目でアピールできる手段としてリフォーム後の写真などの使用や、完成後のイメージが膨らむデザインをチラシに入れるのも有効でしょう。

しかし施工に関する情報は、意外なことに顧客からの優先順位は低いといわれています。

そのため関心を得るためには、お客様が思わず釘付けになるデザインを考えなければなりません。

例えば、チラシ全体が白黒しか使っていないと、リフォーム後の画像がどうしても暗くなってしまいます。

曇り空の下で外壁塗装を行ったばかりの写真なども同じような印象になるので、お客様へ魅力的に映りません。

そのため、デザインには鮮やかな色を使うか、明るい照明がともっている部屋の写真を使うようにしましょう。

ビフォーアフター後の姿がガラッと変化をして初めて、お客様から魅力的に映るようになります。

誠実さを与える色の組み合わせは、ベースを白やライトグレーにし、アクセントを紺や濃いグレーを用いるなど、好印象を持ってもらえる配色について詳しく紹介しています。

関連記事

チラシの色は、チラシを見やすいデザインにしたり、チラシを見た人の記憶に残るものになるため、チラシの評判に繋がる重要な要素です。 しかし、単にチラシやビラを作成するとハレーションのある見にくいものとなる可能性があり、評判を下げかねません[…]

効果的なリフォームチラシのポスティングについて解説まとめ

・リフォームを検討している顧客は限られているので、ターゲットを絞って配布をしないとチラシ製作費の無駄になります。

・リフォームチラシを一度だけ配布しても関心が得られにくいので、繰り返し配布するようにしましょう。

・リフォーム会社は競合が多く悪徳会社も多いので、会社の強みと安全性をアピールしてください。