ポスティングチラシ配布を行う季節と業種の例について解説

「まだ間に合う!!〇〇塾で学力を上げよう〜夏期講習のご案内〜」といったチラシや「春から社会人!スーツで決めよう新卒応援フェア!半額セール開催中」などのチラシを一度は見たことがありませんか。

このようなチラシは時期を選んで配っており、配布に最適な季節を選ぶことでポスティングチラシの効果を高められます。

今回はポスティングチラシを配布するのに最適な季節を業種別で紹介していきます。

ポスティングは業種ごとに配布に適した季節がある

ポスティングはチラシなどの広告さえあれば簡単に宣伝ができます。

しかし、戦略なしにポスティングを行うと思ったように反響が出ない可能性があります。

そのため戦略として、商品やサービスの宣伝に適した季節に配布することを意識しましょう。

例えば、「まだ間に合う!!〇〇塾で学力を上げよう〜夏期講習のご案内〜」というチラシが冬に配られたとすると、受け取った人は、数ヶ月先である夏期講習の案内に困惑してしまいます。

これは極端な例ですが、特に季節に合わせたイベントや催しはポスティングのタイミングがとても大切になります。

イベントや催しの内容によりますが、イベント開催のおよそ1ヶ月前にポスティングするのがベストです。

もし、ポスティングのタイミングが早い場合は、先のイベントだと忘れられてしまいますし、反対にタイミングが遅すぎると、参加してもらえない可能性が高くなってしまいます。

どれだけ興味のあるイベントや催しでもスケジュールが埋まっていれば諦めてしまいます。

このように、最適な季節に配布することが大切であると結論付けられます。

季節ごとに配布するポスティングチラシの業種の例

ポスティングチラシを配布する際、季節ごとに適している業種があります。

今回は季節に応じた「不動産系業種」「宅配サービス系業種」「教育系業種」「美容健康系業種」「電化製品小売業種」をメインに四季と通年に分けて紹介していきます。

・春
・夏
・秋
・冬
・通年

春の配布に適した業種は「不動産系業種」「教育系業種」「美容健康系業種」で、3月〜5月頃にポスティングチラシとして配布します。

「不動産系業種」は新生活などで引っ越しする人たちに向けた宣伝なので、基本的には幅広い年齢層の人をターゲットにするチラシを作成します。

地域の特性によっては学生向けの物件やファミリー向けの物件に特化することでより効果が発揮されます。

「教育系業種」は塾や英会話等のことで、新しいことにチャレンジする人たちに向けたチラシを作成します。

塾では春期講習の募集に適した季節になります。

「美容健康系業種」は美容室等のことで、引っ越してきたところで美容室を探している人たちに向けてポスティングチラシを配布します。

「電化製品等小売業種」は家電量販店や家具屋のことで、新生活のために必要な電化製品や家具を買う人たちに向けてチラシを作成します。

春のポスティングチラシは新生活を始める人や新しいことにチャレンジしようとする人に適した季節となります。

夏の配布に適した業種は「教育系業種」「美容健康系業種」で、6月〜8月頃にポスティングチラシとして配布します。

「教育系業種」は夏期講習を募集するのに適しており、長い夏休みを狙って学生やその親御さんが興味を持つチラシを作成します。

「美容健康系業種」では美容室以外にも脱毛サロンやエステに最適で、露出の多くなる夏に向けて気になっている人に合わせたチラシになります。

特に若い人をターゲットにすることでよりポスティングの効果が得られます。

また、少し視点は変わりますが「個人経営の小さな飲食店」も適しています。

個人経営の小さな飲食店は広告費を抑えたいものです。

そこで、夏休みなどの長期休暇をピンポイントで狙うことで家族連れの新規顧客が獲得できます。

そういう意味では夏に適していると言えます。

夏のポスティングチラシは夏休みの学生や親御さん、露出が気になる人に適した季節になります。

秋の配布に適した業種は「電化製品小売業種」「宅配サービス系」で、9月〜11月頃にポスティングチラシとして配布します。

「電化製品小売業種」は寒くなる冬に向けて暖房器具、乾燥対策として加湿器などの電化製品の紹介が適しています。

ファミリーだけでなく、新生活でまだ暖房器具を揃えてない人もターゲットにするとポスティングの効果を上げることができます。

「宅配サービス系」はピザの配達や出前などのことです。

行事やハロウィンで出前を取る機会が多くなるので、個人をターゲットにしつつ企業等も狙い目になります。

秋のポスティングチラシは冬に向けての準備や様々な行事をする人たちに適した季節になります。

冬の配布に適した業種は「宅配サービス系業種」「教育系業種」で、12月〜2月頃にポスティングチラシとして配布します。

「宅配サービス系業種」はクリスマスやお正月などのイベントを狙ってチラシを作成します。

寒い中、配達してくれる利便性もメリットになり、ファミリー層などをターゲットにできます。

「教育系業種」は冬季講習や受験直前対策の募集に適した季節になり、地域の学生や親御さんが興味を示す内容を把握することが必要となります。

冬のポスティングチラシは冬期のイベントや勉強対策に合わせたチラシが適した季節になります。

通年

季節に関係なく、毎日のように配布されているスーパーや衣料品店のチラシなどがあります。

そのようなチラシも季節に応じた変化を加えてあります。

例えば、野菜や魚の特売でも旬なもの、洋服も春物は春前に、冬物は冬前にピックアップすることで興味を持つようなります。

このように、1年を通して配られるチラシにも細かい工夫が見られます。

飲食店の場合、週末に集客が見込めることから金曜日や土曜日に配布、また食事を摂る時間を考慮した配布時間など、季節だけなく最適な曜日と時間帯について、業種ごとに詳しく紹介した記事も作成しています。

関連記事

ポスティングは最適な曜日や時期を狙うことで反響率が高まります。 反響率とは配布枚数に対して、購入、お問い合わせ、来店・来場、クーポン利用、資料請求など目的の成果をどれだけ得られたかを示す数値です。 成果を上げるためには、チラシに[…]

ポスティングチラシ配布を行う季節と業種の例について解説まとめ

・季節に応じたポスティングチラシを配ることで正確な効果が得られます。

・長期休暇や大型連休は個人経営の小さな飲食店でも、ファミリー層を獲得できるチャンスです。

・業種ごとに適した季節を把握することでポスティングチラシの効果を上げられます。