ポスティングチラシ作成に役立つ心理学的効果について解説

ポスティングのためのチラシを作成する際、どのようなデザインやコピーにすれば見込み客にアピールできるか、頭を悩ませることがあるかと思います。

その悩みを解決するのに役立つ、心理学に基づいたテクニックがマーケティングの世界では多数知られています。

代表的なものをいくつか紹介いたしますので、ポスティングチラシを作成する際に、ぜひお役立ていただければと思います。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

ポスティングチラシ作成に活かせる心理学的効果

チラシを作成する際に心理学的効果を利用することで、読み手の深層心理に働きかけ広告効果を高めることができます。

次からどのような心理学的効果があるのかひとつずつ解説していきます。

・ハロー効果
・権威への服従原理
・シャルパンティエ効果

ハロー効果

ハロー効果のハローとは英語の「Hello(こんにちは)」ではなく、「Halo(後光・月の暈)」などを意味する言葉で、エドワード・ソーンダイクというアメリカの心理学・教育学者によって名付けられました。

語源から「後光効果」として説明している場合もありますが、これは商品やサービスに何か際立った素晴らしい点があれば、それに伴い全体が良いイメージをもって受け止められる心理上の偏りのことをいいます。

良い特徴にひきずられる場合はポジティブな方のバイアス(ポジティブ・ハロー効果)ですが、逆に極めてネガティブな特徴があった場合は、全体的に悪い印象を与えてしまったりもします(ネガティブ・ハロー効果)。

ひと昔前は、欧米からの輸入品は品質がどうであれ、「舶来品」として珍重されていた時期がありました。

例えば、ビジネスマンが仕事の後、自宅でちょっと贅沢な気分を味わいたい時に、味覚に差がなかったとしても安価な国産ウィスキーより高価な輸入ウィスキーを味わい、自身のステータスを満喫していたものです。

テレビコマーシャルも同様で、販売対象の商品やサービスの新しさや革新性を強調したい場合は、その時期に旬なタレントやアスリートを、またブランド性に重きを置く場合はベテランの役者さんを配置します。

その人たちが出演しているのだから良いものだろうと、受け取る側にハロー効果を醸しだすようにするのです。

コマーシャルに出ているタレントのスキャンダルがご法度なのは、ユーザに対しネガティブ・ハロー効果が働いてしまう恐れがあるためです。

ポスティングのチラシでハロー効果を使う場合、まず自社の商品・サービスについて、同業他社と比し、どのような強みがあるのか、またどのように差別化できるのかじっくり考えましょう。

宅配デリバリーを例にしてみます。

昨今のテレワークの推進により、従来は職場の近くで外食していた人が自宅で昼食をとることもあるでしょう。

そのような層に向け、「平日、おひとり様でも配達いたします」と目立つようにアピールすることで、新たな顧客を開拓できる可能性があります。

リピーターになってもらえば、今度は週末に家族で過ごす際にも注文しようか、となるかもしれません。

さらに、保存してもらいやすい紙質にして季節限定のメニューにより特別感を演出するなど、ポスティングとデリバリー業界との相性がこちらにあります。

関連記事

宅配ピザのチラシはポストに入っているのをよく見る、定番のポスティングチラシです。 昔から変わらずポスティングが行われているのは、宅配ピザをはじめとしたデリバリー業界の販促が、これまでもポスティングで一定の効果をあげてきたからです。 […]

権威への服従原理

1963年にアメリカの心理学者、スタンリー・ミルグラムが社会心理学誌に発表した論文に由来しています。

権威がいかに人間の心理に影響を与えるかを分析したもので、ミルグラム実験として知られています。

実験内容は極めてシリアスなもので、現代では非人間的なものとして実施することは困難かもしれません。

実験に参加する被験者は、事前に45ボルトの電圧を受ける訓練を受けます。

訓練後に本実験にうつりますが、この時、先生役と生徒役に分かれます。

当然、すべての被験者は訓練中に受けた45ボルトの電圧がどれほどの苦痛か覚えています。

しかし、実験に参加している白衣の人物から、生徒役の被験者が回答を間違った場合に罰として生徒役に電圧ショックを与えるよう促されると、65%もの先生役被験者がテスト時の最大である450ボルトまで電圧を上げ続けたというのです。

これは「白衣」という権威を象徴する衣服により、権威が人の心にある倫理感を服従させる効果がある、というひとつの証明とされました。

この権威への服従原理は、形を変えてポスティングでも応用することができます。

たとえば、自社の商品・サービスが何かの賞を受賞した場合、それを前面に打ち出すことです。

国や県など、公的な組織や機関に認定されれば非常に説得力があるでしょう。

国産のコメやお酒などで、農林水産大臣賞の受賞をアピールしている広告はよくみかけるのではないでしょうか。

また、ハロー効果と重複する部分はありますが、健康食品などでは学者やお医者さんが使用を推奨していることがあります。

これらのアピールは、専門性が権威となって働き消費者にあたえる信頼性を高めます。

提供するサービスが、国家資格など高度な専門性を有することが前提となっている場合はそれを重点に置き、そのサービスでの経験年数を記載することで、さらに権威性を増すことができるでしょう。

シャルパンティエ効果

シャルパンティエ効果は1891年、オーグスチン・シャルパンティエというフランス人医師が、大きさと重さの錯覚について行った実験に由来しています。

実験では同じ重さ、かつ大きさが異なる4cmと10cmの2つのボールを用意しました。

被験者に交互に2つのボールを持ち上げさせ、どちらが重いかを質問したところ被験者からは「4cmのボールが重い」という答えが返ってきたのです。

人間は経験上、「サイズの大きさに重さは比例する」と認識していますが、実際の重さは同一でも、視覚によって重さを錯覚してしまうのです。

この実験では形状の同じボールが使われましたが、形状が異なる綿と鉄を比べて見た場合はどうでしょうか。

同じ重量だとしても、綿のほうが軽いイメージがあるため、同一重量でもつい綿のほうが軽いと錯覚してしまうのが、おわかりいただけると思います。

広告宣伝でこのシャルパンティエ効果を使う場合、同じ事象を言い換えることがよくあります。

例えば栄養ドリンクに含有している成分をグラム単位でなくミリグラムで表現するのです。

1グラムは1000ミリグラムですので、ミリグラムに換算することで成分が多く含有されているイメージを与えることができます。

また換算数量単位でなく、それと同等の広さや大きさの一般になじみのあるものへの言い換えもよく使われおり、敷地を「東京ドーム何個分」とするものなどです。

また、年会費を月額で表現する方法も、消費者の負担感を軽減するため頻繁に使われます。

ポスティングでは、このようなテクニックを自社の商品やサービスに適用できないか、十分検討し紙面に反映させるようにしましょう。

さらに、商品やサービスを手に入れるまでの心理プロセス「AIDMAの法則」を効果的に使ったポスティングをすれば、高い反響率が期待できるなどがこちらの記事に載っています。

関連記事

現在、チラシやビラをポストに配布するポスティングの効果に期待されるようになっています。 日本では1960年代から郵便ポストが普及し始め、サービスなど宣伝する手段としてポスティングが広まっていきました。 しかし、2000年代にイン[…]

ポスティングチラシに心理学的効果を活かす際の注意点

ポスティングに適用可能な心理学的効果について述べてきましたが、ポスティングも広告である以上、消費者を保護するための法律やガイドラインに従う必要があります。

通常の商品・サービスでは、景表法(不当景品類及び不当表示防止法)に従う必要があり、特に医療分野に関わる広告については、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)および、医療広告ガイドラインに準拠しなければなりません。

具体的には、次の点に注意が必要です。

  • 虚偽広告(実際に提供する商品・サービスと異なる説明)
  • 比較広告(同業他社と比べて優位性を強調する)
  • 誇大広告(自社に有利な点を過度に強調する)

もし不安がある場合、事前に経験と知識をもったポスティング業者に相談してみるのが得策です。

法律に触れた場合、排除命令や、課徴金をはらうことになり、自社の大幅なイメージダウンや、最悪の場合には廃業につながることもあります。

そのようなビジネスリスクを避けるため、ポスティング業者を有効に活用してみましょう。

さらにこちらに、クーポン券は法規制の対象となるなど知っておきたいポスティングチラシの法規制上の注意点が業種別に載っています。

関連記事

新たに事業を始める方や現在事業をしていてもっと集客したい方にとって、ポスティングは近隣住民に宣伝ができる有効な宣伝方法です。 しかし、自由にチラシを作成していいというわけではありません。 今回はポスティング用のチラシを作成するに[…]

ポスティングチラシ作成に役立つ心理学的効果について解説まとめ

・マーケティングで実証されているさまざまな心理学的効果を使うことで、反響率をあげることができます。

・心理学的効果を十分に活用するために、自社の強みを分析することが重要です。

・心理学的効果の過剰な乱用は、法規制に触れるおそれがあるため、ポスティングの前に慎重にチェックする必要があります。