ポスティングで必ず気にしたい「質」と「価格」の関係について

ポスティングを検討する際に考えることはなんでしょうか?

昨今ポスティング業界の市場規模はどんどん大きくなり、新規参入業者もたくさんあります。

そんな中で考えないといけないのは地域や配布期間などの「質」と、最低限守らないとポスティングの戦略から崩壊してしまう「質」の2種類があります。

同じ「質」という言葉を使いましたが、この2つは同じではありません。

前者の「質」はポスティング期間や地域、セグメントなど、上げれば上げるほどポスティングの効果も上がり、その分価格も上がるという相関関係があります。

後者の「質」は配達員がチラシを捨ててしまったり、チラシを雑に扱ったりするなど、最低限守られなければポスティング自体が成立しないもので、価格と直接の相関関係はありません。

この記事ではポスティングの「質」とそれに関係する価格について解説します。

ポスティング価格が極端に安い業者の「質」について

「ポスティングの価格はできるだけ抑えたい」誰もがそう思いますよね。

そんな中で極端に安い業者を見つけるとついつい目を奪われていまいます。

ただ結論を先に言うと、極端に安い業者は上記の「最低限守らないといけない質」を守れていない可能性があります。

指定されたセグメントに則っていなかったり、チラシを雑にあつかったり、酷い場合はチラシを配らずに捨てるという業者も中にはあるようです。

配達者に対してチラシを捨ててもいいとか、雑に扱ってもいいなどと伝える業者はありません。

では何故そんなことが起こるのか、それはポスティング業者がかける管理コストに大きく関係があります。

ポスティングの価格と質には相関関係があり、質を上げる場合は価格も上がりますし、価格を下げたい場合は質を妥協しなければなりません。

しかし、それとは別ベクトルで、価格と直接相関関係のない質も存在するので、それぞれ解説していきます。

・ポスティング価格と直接相関のある質
・ポスティング価格と直接相関のない質

ポスティング価格と直接相関のある質

これは通常のポスティング価格を構成する質です。

「納期」であったり「どのくらいのセグメントをかけるか」など、チラシがきちんと届くことを前提にした要素です。

例えばセグメントを強くかける場合は配る先を制限され、時間と手間がかかる分だけ価格が高くなります。

一方、セグメントをかけない場合は全てのポストに入れることができ、効率よく配布枚数を稼ぐことができるので、価格は安くなります。

このように安ければ安い真っ当な理由、高ければ高い真っ当な理由があるのが直接相関のある質です。

そこで、セグメントの有無によるポスティング料金の違い、他社の広告と合わせて配った場合の料金などの詳細が次の記事にありますので参考にしてください。

関連記事

ポスティングはイベントやキャンペーン、店舗の新規オープンの広告宣伝を目的としたチラシやビラなどの販売促進物を、地域のポストに投函するものです。 メールやアプリでの告知配信が主流になっている今、ポストに投函するスタイルは再注目されていま[…]

ポスティング価格と直接相関のない質

こちらは上記で出たように、チラシの扱いが雑・配らずに捨てるなどの最低限守るべき質の部分です。

配達人が適正な配達をしているか確認する管理コストをかけないことで、直接的にではなく間接的に価格に質が関与しています。

ほかにも、複数枚を同じポストに投函するなど質の低いポスティングも起こりうるので、質を見極めるため、妥当な理由もなく値段が安い業者の特徴ついても解説しています。

関連記事

ポスティングとは、広告を目的としたビラやチラシを集合住宅や戸建て住宅などのポストに投函する宣伝方法です。 地域を限定できることや、低単価にもかかわらず高い宣伝効果が期待できるといったメリットがあります。 企業はポスティング業者に[…]

ポスティングの質について気をつけたいこと

ポスティングを依頼する上で気にしないといけないことは配達質の管理ができているかという部分です。

配達方法によって管理のレベルが変わるので、ポスティングの実施方法について知っておくことが重要です。

ポスティングの実施方法は次の通り大きく分けて3つあります。

コストのかかり具合や不正のしやすさなど大きく変わってくるので、質について気になる方はそれぞれの性質を理解しておきましょう。

・在宅ポスティング
・移動ポスティング
・キャラバンポスティング
・ここだけは押さえたいポイント

在宅ポスティング

在宅ポスティングはポスティング業者の大半が採用している方法で、事務所などで受け取った配布物を配達者が持ち帰り、単独でポスティングしていく方式です。

コストが安く済むというメリットがあるものの、基本的に不正防止は人間の性善説の上に成り立つものであり、不正の抑止力が弱いのがデメリットです。

移動ポスティング

移動ポスティングとは事務所に行き、チラシを受け取った上で指定の場所へ移動してからポスティングを行う配達方法です。

管理がしやすいメリットがある一方で管理コストが発生したり、遠い場所へは移動時間がかかってしまうというデメリットもあります。

キャラバンポスティング

キャラバンポスティングは複数の配達者が集まり、車などで配達地域に向かいリーダーの指示の下で配達を行う方法です。

メリットは徹底した管理体制によって不正がとてもしにくいというところです。

その分管理コストがかかるので金額が高くなってしまう、車や運転する人員を確保する必要があるなどがデメリットです。

ここだけは押さえたいポイント

質の面で言うとキャラバンポスティングが高いです。

その分価格も高くなるのでキャラバンポスティングだけを選べばいいと言うことではありません。

しかし、こうした3つの実施方法があるということ、それぞれのデメリットなどを知っておくことはとても重要なことです。

知っていることによって使い分けがうまくでき、重要な場面で外さないポスティングができるようになります。

ポスティングを依頼する際は必ず業者の配達実施方法を確認するようにしましょう。

質の良いポスティングをしてくれる業者かどうかは、信頼でき安全だと認められた業者に付与される「GPマーク」を持っているかで判断でき、業者の評判を客観的に把握できる他の制度についても詳しく紹介しています。

関連記事

ポスティングは費用対効果の高い宣伝方法として注目を集めており、実際に業務を請け負っている業者の数も多いです。 しかし、中には不当な業務内容で依頼者からお金を貰おうとする悪徳業者も数多く存在するため、依頼者は厳しい目で業者を見定めます。[…]

ポスティングで気にすべき「質」と「価格」の関係まとめ

・「質」には価格への直接相関があるもの、直接相関がないものの2種類あります。

・価格と直接相関がない質に強く関わってくるのは配達方法で、在宅ポスティングと移動ポスティングとキャラバンポスティングの3種類存在します。

・全ての場合でキャラバンポスティングを選べばいいと言うわけではないが、どんな方法があるかを知っておくことが重要です。