郵便局がポスティング?日本郵政のタウンプラスのメリットや値段を解説

ポスティングはダイレクトマーケティングと呼ばれる手法で、費用対効果が高いことや、宣伝先を指定できることがメリットです。

広告代理店や配送業者など、ポスティングを請け負っている業者は数多くあり、郵便局もその一つです。

今回は、郵便局からのポスティングサービスについて、その特徴や料金について解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

タウンプラスとは?

タウンプラスとは、指定されたエリア内の配達可能な箇所すべてにチラシやDMを配布するサービスです。

エリアは町丁目単位で指定可能であり、宛先は指定せずエリアの全世帯へ郵便局員が配達を行います。

住所や宛名の記載が不要なため、個人情報を取り扱うことがなく、企業の新規顧客獲得などを目的に利用されます。

タウンプラスの概要を以下にまとめました。

配送者 郵便局
配送可能エリア 日本全国
配送日数 普通郵便の送達日数+7日以内
配送料金 26円~81円/通
配送可能サイズ(定型サイズ) 大きさ 9cm×14cm~12cm×23.5cm
厚さ  1cm以内
重量  100g以内
配送可能サイズ(定型外サイズ) 大きさ 9cm×14cm~25cm×34cm
厚さ  1cm以内
重量  500g以内
配送料の支払い方法 料金後納か別納
最低配送数 500通

日本全国どこへでも誰にでも配送しており、配送料金も地域によって変動することはありません。

配送料金はサイズによって変動し、最低配送数が500通であるため、値段は最安値で26円×500通の13,000円となります。

タウンプラスのメリット・デメリット

タウンプラスにはメリットもデメリットもあり、他のポスティング業者と比較して優れた点、劣っている点もあります。

ポスティングの目的を考えて、タウンプラスか通常のポスティング業者のどちらを利用するのかを選択することが大切です。

メリット

タウンプラスのメリットについて以下にまとめました。

日本全国どこにでも配送可能

一般的なポスティング業者は、トラブルのリスクのある場所や配送の手間がかかる地域への配送を請け負っていないことがあります。

タウンプラスは、そのような一般的なポスティング業者では配送できないような離島や山間部への配送も可能です。

また、ポスティングお断りのマンションや住宅も少なからずありますが、そのような住宅にも配送可能です。

エリアの指定を細かくできる

タウンプラスは配送エリアを町丁目単位で指定できるため、ターゲットにしたい層が住む地域へピンポイントでの配布が可能です。

例えば、「対象エリアのゴミの出し方の変更の周知」や「富裕層に向けて宣伝したい時」など、相手を絞って宣伝できます。

顧客リストがない場合に有効

タウンプラスは地域を指定して一斉配布する形式のため、顧客リストがなくても配送可能です。

不特定多数に配布できるため、新たに顧客を獲得したいときや新規事業を立ち上げる際などに有効です。

また、ポスティングに対するマイナスイメージやクレームが心配な場合でも、タウンプラスであれば郵便局員によって配送されるため手を出しやすい面もあります。

デメリット

タウンプラスのデメリットについて以下にまとめました。

一般的なポスティングよりコストがかかる

タウンプラスの値段は、サイズや重量によって変動しますが、一般的なポスティングと比較して高額になります。

タウンプラスは一通あたり26円から81円なのに対し、一般的なポスティングは一通あたり数円でおさまるため、数倍から十数倍の差があります。

都市部など、一般的なポスティング業者でもその地域の大半を網羅している場合だと、タウンプラスは割高です。

配達されるまでの時間がかかる

タウンプラスでは、配布物を郵便局へ渡す14日前までに差出計画書を郵便局に提出する必要があります。

そこから普通郵便の送達日数プラス7日以内に配送されるため、最低でも21日間の期間を見ておかなくてはなりません。

また、配達日の指定は不可で、配送される期間のどこかで届くため、ピンポイントで日付を指定したい場合には向いていません。

手続きが面倒

タウンプラスの利用のためには、以下のような流れとなっており、手続きの負担が大きく面倒です。

・配送地域の郵便局へ相談し、配布数や地域の指定を行う

・「タウンプラス差出票」、「タウンプラス差出計画書」、「差出内訳票」の提出

配布物を地域ごとに分け、配布数と担当郵便局を記した用紙を添付して提出

配布する地域が複数の場合や、配布数が多い場合は手続きの負担が大きくなることが考えられます。

タウンプラスの値段

次に、実際にタウンプラスを利用した場合の値段はいくらになるのかまとめてみます。

 

値段 27円から50円程度
最低発注量 500通以上

タウンプラスは、配布したいチラシなどの重さ、サイズ、発注量によって値段が大きく変動します。

また、値段は料金改定などによって変更される可能性があるため、実際に利用したい場合は、郵便局にて見積もりをとってください。

他業者との比較

タウンプラスは、郵便局員によるポスティングですが、一般のポスティング業者と比較して異なる面がいくつかあります。

タウンプラスと一般のポスティング業者との比較を表にまとめました。

配布コスト 配布可能範囲 配達員
タウンプラス 26〜81円/通 指定エリア全戸・離島や山村も対応 郵便局員
ポスティング業者 2〜8円/通 エリア内の全世帯の70〜90% 業者スタッフ

タウンプラスは高額ではありますが、一般的なポスティング業者より配布可能範囲が広く、配送のプロである郵便局員に配送されることの安心感などの利点があります。

一般のポスティング業者の配布物を拒否している物件であっても、郵便局員による配送であれば配布可能です。

ポスティングを請け負うことの利益が見込めない地域などは、一般のポスティング業者は対応していない場合が多いです。

まとめ

・地域を指定して配布する形式で、その地域の全戸に配送されます。
・実際に送達されるされるまで最低21日は見ておく必要があります。
・500通以上の配布物のみ受け付けています。