ポスティングチラシの運搬と配布を行う手段の例について解説

ポスティングチラシの運搬や配布手段には大きく分けて、徒歩・自転車・バイク・車の4つの方法があります。

それぞれ長所と短所があり、適している場所や状況に応じて手段を選ぶ必要があります。

例えば、「この辺りは住宅密集地だから徒歩で配ろう」「このエリアは家と家の距離があるし、道も広くないから自転車で配ろう」という感じで、最適な手段を選ぶことで効率よく運搬や配布ができます。

今回は、ポスティングチラシの運搬と配布を行う手段の例について、メリット・デメリットを踏まえ紹介していきます。

ポスティングチラシの運搬と配布を行う手段の例

ポスティングは広告物を配布エリアまで運んだうえで、各ポストに投函します。

チラシを例にして、運搬と配布を行う手段の例を詳しく解説していきます。

・徒歩
・自転車
・バイク
・車

徒歩

徒歩でポスティングを行う時は、住宅密集地やマンションエリアなど家と家の間隔の近いところが適しています。

チラシの運搬はカバンなどに入れて運ぶ上に、投函をしながら歩くので普通に歩くよりかなりの時間がかかります。

また、徒歩のポスティングで注意することはチラシの重さになります。

チラシは1000枚で約6kgの重さになり、2Lペットボトルを3本持つのと同じでかなりの重さになります。

配布するうちにチラシが減っていけば少しずつ軽くなりますが、それでも肩や腰に負担がかかります。

そのため、身体に負担のかからない量を持って配布することが大切になります。

自転車

自転車は坂道などの傾斜が少なく、徒歩圏内より配布先の距離が少し遠いエリアに適しています。

具体的には、徒歩で配るには一軒一軒の間隔が広く、バイクや車ではいけないエリア内などの配布になります。

自転車の特徴は小回りが利くことなので、車やバイクではUターンしなくてはいけない狭い場所でも自転車なら簡単に移動できます。

また、住宅地や私有地では車やバイクの駐車スペースを確保することはとても大変ですが、自転車なら駐車スペースを確保しやすいです。

自転車もルールやモラルを守って駐車することは必要になりますが、車やバイクよりも停めやすいでしょう。

さらに、徒歩だとチラシを持ち運ぶのに苦労しますが自転車にはカゴが付いているので重い荷物を運ぶのに適しています。

徒歩よりも一度に持ち運べる量も増え、配布スピードも速くなります。

ただし、車の多い時間帯や小中学生の登下校時などは事故に注意が必要で、自転車同士の事故も増えているため死角や曲がり角での出会い頭の事故は特に危険です。

そのほか、配布スタッフは隙間時間を活用して働け、体力や根気がある人に向いている仕事であるなど、配布スタッフに向いている人物像や配布スタッフになるために必要なことをまとめた記事も作っています。

関連記事

2018年、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表し、副業を解禁する企業が多く出てきました。 働く時間が制限されにくいポスティングは、副業としての人気を集めています。 ただ、一般的な仕事と異なり、基本的に1人[…]

バイク

バイクでポスティングを行う時は、一軒一軒の間隔が広いエリアが適しています。

また、道幅が狭く車では配布しにくい場所でもバイクが役に立ちます。

徒歩や自転車とは違い、バイクにはエンジンがあるため体力的にも楽に配ることができ、慣れてくれば自転車の倍以上のスピードで配ることも可能です。

ただし、普通自動車免許証でも可能ですが、バイクを運転できる免許証が必要になり、ポスティング会社との契約内容によっては自分のバイクを使うことになります。

ガソリン代などの必要経費もポスティング会社によって負担してくれる額も違うので、事前に確認することが大切です。

自転車の時と同じように、車の多い時間帯や小中学生の登下校時などは事故に注意が必要です。

また、一時停止や一方通行がある箇所を事前に確認しておくことも重要です。

雨の日のポスティングにも注意が必要で、住宅エリアではマンホールや水溜り等滑りやすい場所も把握しておきましょう。

車でポスティングを行う時は、一軒一軒の距離が遠い住宅エリアもしくはポスティング会社から遠いエリアが適しています。

また、チームでポスティングを行う時も車で近くまで移動して配布することができます。

車の中は温度調節ができるため、徒歩や自転車のように体力を減らすことなく暑い夏や寒い冬でも移動が楽です。

配る時には暑さや寒さを感じますが、他の手段よりは快適です。

さらに、車はバイクよりも安定して大量のチラシを運搬することもできます。

一方で、車にもデメリットがあり、狭い道では車のすれ違いが多く、運転や移動にストレスを感じてしまいます。

また、住宅街・マンションエリアでは駐車スペースが確保しにくく、駐車違反になる場所も多いため、駐車禁止違反として罰則を受ける可能性があります。

そうなると罰金や講習に参加せざるを得なくなり、せっかくポスティングで稼いだお金が無駄になってしまいます。

また、維持費も他の手段より多くのコストがかかります。

それでも、バイクとは違い「チームで一緒に移動できる」ことが最大のメリットになります。

ほかにも、ポスティングと運転業務の両方を担う事で、運転手当が支給される会社もあるなど、収入面やドライバーになるための方法を詳しく紹介した記事も作成しています。

関連記事

ポスティングの求人では、配布スタッフだけでなくドライバーを募集している会社があります。 チラシ配布と運転の両方を担うポスティングのドライバーに向いているのはどのような人でしょうか。 この記事では、ドライバーとして働くメリットと共[…]

ポスティングチラシの運搬と配布を行う手段のメリット・デメリット

運搬と配布を行う手段には、それぞれ適している住宅の立地条件や道路状況などがあります。

そこで、各手段のメリット・デメリットを一目で分かりやすく紹介していきます。

・徒歩
・自転車
・バイク
・車

徒歩

メリット デメリット
・家と家の間隔が近いところでは配布しやすい。
・初期費用がかからない。
・身体を動かすため良い運動になる。
・家と家の間隔が離れているところでは大変。
・時間効率は良くない。
・肩や腰を痛めることがある。

徒歩での配布は「住宅密集地」「マンションエリア」など住宅同士、ポスト同士の近いところが適しています。

車やバイクのように初期費用もかからず、身体を動かすため良い運動になります。

ただ、家と家の間隔が離れていると移動時間がかかるわりに配布数をさばけないため、お金を稼ぎたい人にとってはあまり時間効率もよくありません。

また、重い荷物を運んだり長時間の作業になるため肩や腰を痛めないように注意することが大切です。

自転車

メリット デメリット
・徒歩より少し遠い距離に適している。
・バイクや車より小回りしやすい。
・カゴがあって持ち運びがしやすい。
・坂道などは向いていない。
・道路状況が悪いとパンクのリスクがある。

自転車は徒歩では時間がかかってしまうような少し遠い距離の配布に適しています。

バイクや車より小回りがしやすく、カゴの中にチラシを入れて配れるため持ち運びもしやすいです。

ただ、坂道が多いところは運転に苦労したり、砂利道など舗装されていない道路ではパンクの可能性もあるので注意が必要です。

バイク

メリット デメリット
・一軒一軒の間隔が遠くても疲れない。
・徒歩や自転車より移動が楽にできる。
・作業効率が良い。
・初期費用(バイク代)などがかかる。
・雨の日などは細心の注意が必要である。
・交通ルールを把握しておかないといけない。

バイクは一軒一軒の距離が遠くても楽に移動し配布できるため、作業効率がいいです。

ただ、免許証取得やバイク代などの初期費用がかかります。

また、雨の日にはマンホールや水溜りなどで滑らないように注意し、地域の交通ルールも把握しておかないと罰金や講習を受けることになります。

メリット デメリット
・一度に持ち運べる量が多い。
・外の気温に左右されにくい。
・遠くのエリアをチームで配布できる。
・狭い道はすれ違いが大変。
・維持費が一番かかる。
・駐車スペースを探すのが手間。

車は他の手段の中で一番持ち運べる量が多く、遠くのエリアで配布するのに便利ですが、維持費が一番かかります。

外の気温に左右されないため、暑い夏や寒い冬も車の中は一定の温度を保て快適に移動できます。

ただ、狭い道では車同士に限らず、すれ違いが大変で注意が必要です。

住宅エリアでは駐車スペースを探しておかないと駐車違反で罰金を取られることもあります。

ポスティングチラシの運搬と配布を行う手段の例について解説まとめ

・ポスティングする場所によって徒歩、自転車、バイク、車を使い分けることが大切です。

・バイクや車は便利ですが、経費面ではポスティング会社との契約内容を確認する必要があります。

・それぞれのメリット、デメリットを把握することで効率よくポスティングが行えます。