ポスティング価格が割高にならないために気をつけること

あなたのポスティングの目的はなんですか?

お店の情報やセールなどのお得な情報をお知らせして、お店の収益を上げるためにポスティングをしたのに、実は不要なコストがかかっていた!なんて事では避けたいですよね。

お得で効果的なポスティングができるように、割高にならないポスティング方法についてご紹介していきます。

ポスティング価格はピンキリ

日本全国にはTVCMを行っている大手から個人事業主などの小規模なポスティング業者が存在しており、価格設定もさまざまです。


A4サイズを配布先を選ばずにポスティングした場合、一番単価の低い業者さんでは1枚2円、一番高い業者さんでは1枚5円と倍以上の価格差があります。

それぞれの業者さんでポスティング価格には差がある事がお分かりいただけたと思いますが、それ以外にどういったことに左右されてポスティング価格が決定するのか調べてみました。

ポスティング価格を左右する要素

用紙1枚当たりの「サイズ」「厚さ・重さ」「配布先」、「配布方法」、「配布する枚数」などで価格が決定します。

・サイズ
・厚さ・重さ
・配布先
・配布方法
・枚数

サイズ

手に取りやすい・見やすい・ポストに投函しやすい等の理由から最近はB5、A4が主流です。

23区では「A4以下」「B4~A3」「B3」と3つのサイズに分けた価格帯を提示している業者さんがほとんどです。

チラシを折りたたんだ状態で直接納品し、そのままのサイズでのポスティングを依頼しても、配布の際には大量に持ち歩くことになりますので、ポスティングの価格は「仕上がりサイズ」ではなく「広げた時のサイズ」で決定する場合が多いです。

厚さ・重さ

ポスティングのチラシは、一度に大量の枚数を人力で効率よく配っていくため、用紙の重さも価格に影響を与えます。

ポスティングのチラシの場合は光沢紙へのカラー印刷が多く、90㎏厚口よりもやや薄めの用紙を使用する事が一般的です。

しっかりしたポスターやパンフレットのように厚い紙を使用すると追加料金が必要になる事もあるので、チラシを作製する場合には用紙の選択には注意が必要ですね。

配布先

ポスティングは配布先で価格が変わります。

一番安いポスティング方法は「軒並み配布」と言われる、戸建て・マンション・企業・商店などのポスティング先を選ばない配布方法です。

価格の区分としてターゲットをマンション・アパートとした「集合住宅」に配布するのか、一戸建てとした「戸建て住宅」に配布するのかで大きく価格は異なりますし、それ以外に企業や商店などをターゲットにすると、依頼に合わせて配布先を選んで個別に対応することになるため、さらに価格は高くなる傾向にあります。

配布方法

例えば複数商材ののチラシを一緒に投函(併配)する場合は、同じ手間でも何倍ものチラシを配ることができるので、単価が安くなります。

枚数

特に指定していない業者さんも多かったのですが、10万枚以上依頼すると10%程度割引になる業者さんもありました。

依頼枚数で価格に違いがあるのか、一度確認してみる事で価格が抑えられる可能性があるかもしれませんね。

ポスティングの価格が割高になる理由

先述したとおり、様々な要因で価格が決定されるというのはおわかりいただけたと思います。


サイズ、重さ、配布先、配布方法、枚数以外にも価格を割高にしてしまう原因がないか調べてみました。

・急ぎで配ってくれる業者に依頼している
・単価が高い地域に配っている
・無駄に大きいチラシを準備している

急ぎで配ってくれる業者に依頼している

「急いで」何かをしたいときに追加料金がかかるのはポスティングの世界でも同じです。

基本料金での配布期間を1週間程度を目安としている所が多い様です。

一番長い配布期間で1か月以内という業者さんがありましたが、配布期間が1週間以内の場合と比較すると、10~20%程度安くなっていました。

曜日や日付・時間帯指定になると、その分手配する人員が増え料金が加算されていきますので、ある程度配布期間は長めに取っておき、曜日・日付・時間帯を指定しないほうがよいでしょう。

単価が高い地域に配っている

実は23区でもポスティング単価に差があるってご存じでしたか?

業者さんによっては千代田区・中央区・港区のみ特別料金として、25%程度高くしている場合があります。

逆に単価が安くなる地域はないのか?そう思いますよね。

練馬区・杉並区は若干安く設定している業者さんもありました。

千代田区・中央区・港区をターゲットに配布するのであれば単価が高くなってしまうのは仕方ありませんが、ランダムに配布する場合は特に理由がないのであれば、単価が高くなるエリアを避けた方が、価格を抑えることができます。

無駄に大きいチラシを準備している

ポスティングのチラシはA0~A6、B0~B6とどのサイズでも可能ですが、どのサイズでもポストに入るわけではありません。

最近はA4・B5サイズが主流でそれよりも大きいとポストに入らない事が多いようです。

そのため、B4サイズ以上で折が入っていない場合は、ポストに入るサイズまで2つ折り、4つ折りと折り代金1折につき0.5~1.5円前後が加算され、結果として価格が高くなっていきます。

大きいチラシであればあるほど、紙1枚あたりの重さも重くなってしまうので、先述した「重さ」の部分での価格が割高になっていきます。

立派なチラシを作ることもいい事なのですが、ポスティング価格が割高にならないためには注意した方がよい重要なポイントになりますね。

ポスティング が割高にならないためにまとめ

・ポスティングの金額の仕組みを理解しましょう。

・今一度自分の商材の特徴を整理しましょう。

・サイズや期間、配り方が自分に合っているかよく検討しましょう。