ポスティングチラシの効果を高めるレビューの集め方について解説

  • 2021年6月25日
  • 2021年6月29日
  • その他

レビューは昔から宣伝効果を高めるために利用されており、ポスティングチラシにおいてもその効果の高さは実証済みです。

チラシを作成する上で顧客のレビューを多く掲載するためには、レビューを集めるための施策や工夫が欠かせません

この記事では、ポスティングチラシの効果を高めるレビューの集め方について解説していきます。

またポスティングに関する情報を網羅した記事がこちらにありますので、他にも知りたいことがあれば確認してみてください。

関連記事

ポスティング(Posting)とは、広告を目的としたビラやチラシを、集合住宅(アパート、マンション)や戸建て住宅、企業のオフィスなどの郵便受け(ポスト)に投函するダイレクトマーケティングと呼ばれる宣伝広告の方法のひとつです。 配布エリアを[…]

ポスティングのすべて

レビューはポスティングチラシの効果を高める

「どの店を選べばいいか迷ってしまった」という人が、レビューを参考にして店を決めたというケースも少なくありません。

レビューとは批評や意見のことをいい、インターネットのレビューサイトが何かの商品やサービスを利用する際の参考に使われることは多々あります。

レビューはアナログな方法で、パソコンが誕生する前から新聞やテレビなどで使われることが多く、ポスティングチラシのような広告でも使用されていました。

インターネットが普及した現代でもチラシに載せる業者は多く、それだけレビューには宣伝効果を高める力があります。

なぜ、それほどの効果が得られるかというと、顧客が実際にサービスを利用した確かな情報を不特定多数の人に伝えることにより、その評判が広がるからです。

お店側でもチラシやホームページを作って、詳しい内容を伝えることができますが、店側のアピールは消費者から見れば疑心暗鬼になりがちです。

その点、顧客からのレビューは感想をありのままに伝えているので、その内容は信頼度が高いです。

また、「こういうサービスを利用したい」などの希望を持っている人と、レビューの内容と考えが一致していれば共感を得ることにより、新規顧客を獲得できるきっかけになります。

ポスティングチラシに載っているレビューは、インターネット上の感想とは一味違う顧客の声を伝えられます。

レビューサイトなどで見られる情報は、どのような客が記載したのか見えないこともある上に、事実とは違う話を載せてしまうユーザーもいます

その点、チラシに載せるレビューは、実際に利用した顧客に手書きで感想を書いてもらったものなどを載せれば、信頼度が高くなります。

また、インターネットが普及したとはいえ、高齢者を中心とした世代にはパソコンやスマートフォンを使えないことが多いので、ウェブサイトを見れない人は少なくありません。

しかし、昔から使われているポスティングチラシなら、インターネットを見れない世代にもレビューを伝えられます。

チラシで効果的な宣伝効果を獲得を目指すのであれば、ポスティング業者に依頼をしましょう。

希望の配布期間を指定できますし、地域を指定する配布方法を選択すれば、自社のターゲットが住むエリアを中心にチラシ配布が行えます

単価はA4サイズ1枚で5円が相場ですが、狙っている世帯に効率よくレビューを伝えるのに適しています。

ポスティングチラシに載せるレビューの集め方

ポスティングチラシに載せるレビューは顧客から感想を書いてもらうだけなので、費用をかけずに宣伝効果を高められます

しかし、いざお願いをしても、書くのが面倒だと考える顧客も少なくありません。

そこで、書いてもらうための対策として挙げられるのが、お礼としてクーポンやポイントを付けることです。

例えば、「感想を書いてくれたお客様には次回来店時に10%オフ」などの見返りを付けると、「お店からのプレゼントを獲得したい」という心理が働くことから、レビューを書いてもらえる可能性が高まります

しかも、クーポンを付けることで、再び来店してもらえる効果も期待できるので、常連客を作るチャンスも広がります。

またお客様にとって印象に残りやすい店ほど、自分の体験を他人に伝えたくなるので、そう思わせる仕掛けを作るのもレビュー集めのコツです。

例えば、誕生日にプレゼントのサプライズを受ければ感動して周りに話したくなったり、情報をシェアしたくなるものです。

「1:5の法則」というマーケティング用語があり、新規顧客を得るためには5倍の努力が必要で、レビューを集めるためにはさまざまな工夫が欠かせません。

1:5の法則とは、新規顧客を獲得するには、既存の顧客の5倍コストがかかるという法則です。逆に考えれば、既存顧客を大事にする方が良いということでもあり、店に来てもらった顧客に喜んでレビューを書いてもらえるような店づくりが大切です。

手書きでレビューを書いてもらう

手書きで書いた感想をチラシに載せると、サクラ投稿などで集めた他店の情報と比べて差別化を図れるので、信頼度が高くなります。

ただし、レビュー形式として書くのをお願いすると、顧客から身構えられてしまうこともあるので、アンケート形式にして書きやすくするのが望ましいです。

しかし、アンケート用紙を渡したとしても、どのように書けばいいか分かりにくいと書くのをやめてしまう人もいます。

そのようなことを防ぐために、アンケートの書き方を載せた用紙も一緒に渡すことで、しっかり記入をしてくれるでしょう。

アンケートはその場で書いてもらえば、確実にレビューを集められますが、無理にお願いをするとお客からの評判を落としかねないため、自発的に書いてくれるようにテーブルなどにあらかじめ置いておくとよいでしょう。

インターネットでレビューを投稿してもらう

お店のサービス内容によっては、その場でレビューを書いてもらうのが難しいこともあるので、そういった場合にはインターネットで投稿してもらいます。

ただし、店員がその場でお願いしても、顧客が自宅に戻った時には忘れられることもあるので、回収率を上げるために、後日サンキューメールを送りながら、投稿の依頼を一緒に行いましょう

メールの中に投稿フォームや、レビュー・口コミ投稿専用ページへ誘導するアドレスも一緒に載せることで、スムーズにレビューを書いてもらえます。

注意しなければならないのは、店を利用してすぐにサンキューメールを送るとせわしない印象を与えてしまいます。

このため、メールを送るときは、ある程度一定の期間を開けるのが望ましいです。

また、常連客に向けてダイレクトメールを送りながら、投稿サイトなどにレビューの依頼をするのもいいでしょう。

長く利用している客は、お店のことをよく知ったうえでレビューを書いてくれるので、信頼度が高くなります。

ポスティングの効果を高めるレビューの集め方まとめ

・ポスティングチラシのレビューはお客様からの確かな情報を伝えるので、高い集客効果が見込めます。

・クーポンやポイントなどの見返りを付けることが、レビューの回収率を上げるための効果的な方法です。

・そのままレビュー投稿を依頼しても身構えされるので、アンケート形式でお願いした方が書いてもらえます。

その他の最新記事8件